80代のモチベーション。


b0141773_22423503.jpg

6月4日の「読売新聞」人生案内に、

80歳代の男性からの

「気がつけば80代 死が不安」と題する

相談が載っていた。

b0141773_22362525.jpg

家族は妻と20代の娘。

週に3日ほどは仕事をし、

休日にはスマホやブログを楽しんでいる。

しかし、

「亡くなったことが報じられる人の年齢は、

80歳前後が多いようです。いつ死と向き合うのか、

すごく不安を感じます。

どういう心構えで過ごせばいいのでしょう」

これに対して、回答者の樋口恵子さんは

86歳女性の私は、お便りを拝見して、

うらやましさを感じ、あなたの気力、努力に

圧倒されて、声も出ません」と応じる。

樋口さんは、お父上が50歳のときの子だそうで、

年寄っぽい父に「少し引け目を感じて」いたとか。

しかし、「77歳で死ぬまで社会の中で生き、

働くことに全身で喜びを感じていた姿は、

今もって私が老いを生きる指標です。

あなたの生き方はきっと娘さんの

大きな精神的遺産になるでしよう」と結ぶ。

b0141773_22365171.jpg

6月5日に82歳の誕生日を迎えた私の

この人生案内についての感想は、

「今日の80歳代は、ずいぶん若くなった」である。

b0141773_22392097.jpg

少年時代ならともかく、

80歳代にもなって

死ぬことが不安だという人がいるとは、

信じられないくらいだが、

そういう幼さが残っている高齢者が現存することを知って、

なんだかムーミン村の住人のように感じた。

他人事ながら心温まる話である。

(人の不安で心温まっていけないが……)

b0141773_22373680.jpg

私より7つ年下の友人は現役時代、

勤め先のオーナーにずいぶんいじめられ、

結局はガマンできずに退職したのだが、

オーナーが82歳で亡くなったあと、

「オレは絶対にあの人の年齢以上は生きてやる」

と、恨みを込めて語っていた。

b0141773_22385602.jpg

人生案内に投書した人のモチベーションは「不安」、

いま75歳の友人のモチベーションは「恨み」、

私はこれらを「マイナスのモチベーション」と呼ぶ。

極上の孤独をすすめたり、

「健康という病」などという本を書いたりする作家は

そうしたマイナスのモチベーションを持つ人の

ニーズに応えつつ、

本の売れ行きだの、評判など、

ブラスのモチベーションを高揚させていることだろう。

b0141773_22445700.jpg

では、「お前のモチベーションは?」

と聞かれたらどうするか。

それを聞くわけ?

6月10日に

「『健康論として』 モチベーションを考える」

というセミナー講義を控えていて、

ようやく10ページのテキストを仕上げたところ。

b0141773_23085642.jpg

b0141773_22453397.jpg

その関係で、

栄養、運動、休養以外の健康の要素を

さらにさらに考え続ける日々である。

ますます、

心の栄養素としてのモチベーションというものに

興味を感じている。

「生きがい」という抽象的なコトバを

「モチベーション」の概念を使って

分解してみた。

上記のセミナーでのメインテーマになるはずである。

b0141773_22382420.jpg

死の不安はまったくない。

戦争を経験し、

すぐ近くに爆弾を落とされたりしたし、

空襲直後の遺体の山も見てきたし、

親や3人の兄たちも

70歳以前に亡くなっているしで、

わが一族の中では充分に生きた。

ここで終わっても、まったく悔いは残らない。

b0141773_22380422.jpg
b0141773_22523804.jpg
b0141773_22535783.jpg

などといっている人間が、

夜景のきれいなホテルのホールで

若い女性たちに祝っていただいて、

ますますモチベーションは高まるばかり。

b0141773_22474842.jpg

b0141773_22390983.jpg
b0141773_22501703.jpg

b0141773_22470661.jpg
b0141773_23090520.jpg
これをマイナスのモチベーションに変えて、
樋口恵子さんに
「こんなにハッピーでいいんでしょうか、
とても不安になってしまうんです」と
人生相談をお願いしようかしら?
b0141773_22384234.jpg




by rocky-road | 2018-06-07 22:54  

<< モチベーションのプラスとマイナス。 親愛なる ホールマーク御中 >>