親愛なる ホールマーク御中

b0141773_19473096.jpg
b0141773_19472036.jpg

ある人が、文房具店で「おもしろいもの見つけた」

といって、小型の横書き用便箋を持ってきてくれた。

「手書き文例たっぷりの便箋」と謳う商品である。

表紙にも文例が載っており、

表紙裏には便箋を使うときのレイアウトの「基本」、

次の1ページの表裏には手書きの文例が示してある。

ところが、

それぞれの文例とも、

すべて、相手の名が行末にきている。

b0141773_19481754.jpg

小さな会社の商品だろうと思って制作元を見たら、

グリーティングカードなどで知られるホールマークである。

しかも、監修者の名も経歴も表示してある。

自信を持って商品開発をしたのだろうが、

旧来の書式を踏襲していて、

新商品としての自負も輝きもない。

b0141773_19495894.jpg

念のためにメーカーに問い合わせたら、

何回かのやりとりののち、

こんな回答があった。

b0141773_19494142.jpg

「宛名を文末に置く形式は、

 監修者の過去の著作物においても、

 また過去に出版されたその他の著者による

 手紙の指導書・文例集の中でも、

 横書き手紙の書式として紹介されてきたもので、

 監修者・メーカーともに

 以前から存在する形式と認識しております。」

「よって、本商品は

 公文書の書式指導として意図されたものではなく、

 明確な形式の存在しない横書きの手紙において、

 敬意、感謝、親愛などがこもった誠意を

 どのような言葉に託すか、

 という点を重視して開発いたしました。」

b0141773_19505305.jpg

b0141773_19492475.jpg

この回答の注目点は、

人はピンチに立つと論点をすり変えるという傾向。

国会での大臣の答弁と同じである。

こちらは、文例の適否を指摘したのではなく、

横書きの私信の形式(レイアウト)について

問い合わせたのである。

それに対して、

b0141773_19515993.jpg

「公文書の書式指導として意図されたものではなく」

とポイントをずらし始める。

「敬意、感謝、親愛などがこもった誠意を

どのような言葉に託すか」の文例を示したものだから、

言外にレイアウトにポイントを置いていないという。

さらに「公文書の書式指導」のつもりはない、

といもいう。

「文例」をいくつもあげておいて

指導の意図はないとは、どういうこと?

b0141773_19524614.jpg

マニュアルに指導の意味がないのだとすれば、

なんのためにそんなものをつけるのか。

「指導」「参考」「文例」「デザイン例」

いろいろの言い訳はできるが、

それに惹かれて購入した利用者の99%は、

その文例に従うだろう。

実際、それを「売り」にした商品ではないか。

相手の名を行末に持ってくる形式は

確かに「以前から」存在する。

そのルーツは、

日本古来の縦書きの手紙の書式を

そのまま横にした、という点にある。

b0141773_19521351.jpg

かつての手紙マナーの専門家には、

書道家や伝統作法家の割合が多く、

したがって、横書きの手紙形式については

疎い人が少なくなかった。

b0141773_19540213.jpg

今日では、

Eメールなどでも、公私にかかわらず、

「宛名」や「件名」は上にくる形式。

それでもなお、

本文の行頭に相手の氏名を書く若い人も少なくない。

b0141773_19541335.jpg

また、欧米在住の日本人、外国人と

横書きの手紙のやりとりするときには、

欧米の書式に従って、

行頭に「dear ICHIRO」

「ディア 三郎」なんて書くのが普通。

ここで日本式を踏襲する人はまずいないだろう。

b0141773_19542228.jpg

横書きの手紙では相手の名は行頭に置く。

そのほうが敬意が示せるだろう。

便箋が何枚にもなるとき、

相手の名が最後に来るのはいかにも敬意不足。

ここが日本の縦書き手紙と、

欧米式の横書き手紙との大きな違い。

b0141773_20012774.jpg

こんなことは、

横書き手紙を何回か書けばすぐにわかること。

ホールマークは、いつごろの本をチェックしたのか。

ホールマークが

「明確な形式の存在しない横書きの手紙」

というのは正確ではなく、

だれの説というのではなく、

時代の流れとして、

形式は存在しつつある。

b0141773_20015109.jpg

「監修者の過去の著作物においても、

また過去に出版されたその他の著者による

手紙の指導書・文例集の中でも、

横書き手紙の書式として紹介されてきたもの」

という認識は残念。

過去にタイムスリップしないで、

パソコン、欧米在住の人との文章コミュニケーションの

現状をなぜ見ないのかね?

b0141773_19471129.jpg

商品開発をするときには、

将来性を考えるのが普通だが、

グリーティングカードという、

日本人には身近ではなかった

新しいコミュニケーション文化を

一般化してくれた先進的な会社でも、

こと日本のコミュニケーション文化となると

手こずるところがあるらしい。

b0141773_20024290.jpg

その原因には

会社や監修者の将来展望の狭さもあるが、

それ以上に、

日本の文章表現形式の伝統の重さ、

日本人の改革への消極性の反映がある

と見るのが妥当だろう。

b0141773_20011501.jpg

しばしば指摘することだが、

パソコンという

最新のコミュニケーション機器の普及によって、

年賀状や冠婚葬祭のあいさつ状から

句読点を省くという書式が定着してしまった。

こういうチグハグもある。

言語現象は理屈どおりにはいかないものである。

機会があれば、

ホールマークのあいさつ状の形式はどうなっているか、

見てみたいものである。

b0141773_20034977.jpg

理想的には、

文部科学省や国立国語研究所などのリーダーシップで

一般人が使ういろいろの書式を

正書法として普及することである。

それをインターネット関係者、

メディア関係者、自治体、

教育機関などに伝えられればすばらしい。

b0141773_20045216.jpg

が、そんな日を待つことなく、

またしても、1メーカーによって、

旧式の横書き書式が「指導」のつもりがないまま、

ミスリードされることになった。

b0141773_20042584.jpg

こういう商品のサイクルは知らないが、

3年や5年は、

「相手の名は行末に」という

困った横書き手紙が行き交うことを

覚悟しなければならないのだろう。

b0141773_20043522.jpg

手紙活用者は、

こうした無責任なメーカーの商品に惑わされることなく、

インターネットの中から

「これは」と思える書式を見つけるか、

版元のしっかりした、

そして発行年月が新しい「手紙の書き方」本を見つけ

それを求めて座右の書の1冊にすることである。


by rocky-road | 2018-05-30 20:06  

<< 80代のモチベーション。 ホモ・サピエンスのモチベーション。 >>