ホモ・サピエンスのモチベーション。

b0141773_23144912.jpg

NHKスペシャル「人類誕生」の第2集

「最強のライバルとの出会い そして別れ」を

興味深く見た(5月13日)。

20万年前に誕生したわれわれの祖先、

ホモ・サピエンスが

アフリカから中東に進出していったとき、

別種の人類ネアンデルタール人は

ユーラシア大陸へと進出していて、

そこで両者が出会った、という。

b0141773_23153091.jpg

番組のタイトルでは

ネアンデルタールを「最強のライバル」としているが、

両人種が戦った結果、

ホモ・サピエンスが勝者になって、

今日まで生存し続けている、という話ではなく、

けっきょくは一部は融合し、

今日に至っている、という話である。

b0141773_23184859.jpg

近年のゲノム研究によると、

われわれホモ・サピエンスの中にも、

10%程度、ネアンデルタールの遺伝子が入っているという。

鉄砲はもちろん、弓さえもない時代に、

一方の種が片方の種を、

地球上から絶滅させてしまう、などということはありえない。

b0141773_23161827.jpg

しかし、ネアンデルタールという種は

アフリカからユーラシア大陸へと移っていったが、

その後の展開や進化はなく、

約4万年前(つい最近)に絶滅したという。

その大きな原因は、

気候変動に見舞われて生存しにくくなった

というのが主因のようである。

「最強のライバル」というのは、

ウケを狙ったネーミングであろう。

b0141773_23173631.jpg

とはいえ、

ホモ・サピエンスとネアンデルタールの

ライフスタイルの違いが

生存条件に影響しているという説には

一理ありそうにも思えた。

番組によると、

ネアンデルタールはレスラーのような強靭な肉体に加えて

言語や信仰、装飾品などの文化を持っていたが、

比較的小単位のグループで生活していたらしく、

社会的発展に限度があった。

b0141773_23195813.jpg

それに対してホモ・サピエンスは、

ネアンデルタールに比べると華奢で

大型動物を捕食する体力がなかった。

そこで小型動物を狙うほか、

やや大きい動物に対しては

狩猟道具(弓以前。ヤリをひもで遠くへ飛ばす)を

使って遠くから狙ったという。

b0141773_23201508.jpg

くわしいことは番組に譲るとして(再放送は6月9日)、

ホモ・サピエンとネアンデルタールとの

興廃の理由の1つが

集団の大小、言い換えれば社会規模の大小にある、

という点には興味をもった。

b0141773_23215068.jpg

この6月10日(日)に横浜で

「健康論としてのモチベーション」という演題で

講話をするために、

目下、テキスト作りの真っ最中という

タイミングであることと関係があるのだろう。

b0141773_23213652.jpg

番組では、

バッファローやマンモス級の

大型動物に、10人以下のネアンデルタールが囲み、

全員同時ではなく、1人ずつヤリを打ち込むシーンを

何度か繰り返し、映した。

その勇猛果敢さがために、

逆襲されて、致命傷を負うなど、

かなりダメージを受けたとのこと。

遺跡にもその痕跡が残っているという。

b0141773_23211772.jpg

「数は力」といわれるが、

ホモ・サピエンスの大きな集団は、

コミュニケーションの発達を促し、

行動を促すモチベーションを強化する、

という効果をもたらしたと想像できる。

b0141773_23194434.jpg

みんなと協調するモチベーション、

みんなに迷惑をかけまいとするモチベーション、

人から感謝されたいと思うモチベーションなどなど、

のちにアブラハム・マズローが提起する

5段階の欲求」(生理的、安全、連帯、自尊、自己実現)

などの欲求は、20万年前には、

すでに、わが祖先たちは持ち合わせていた。

b0141773_23225880.jpg

考古学では証明しきれないだろうが、

ホモ・サピエンスとネアンデルタールとの

生存への可能性を分けたのは、

群れ行動から生まれる社会的、文化的モチベーションの

強さが大きく関係していると想像するのは楽しい。

b0141773_23231287.jpg

そういう視点で一部の「断捨離」感染を見ると、

それは、モチベーションを刺激する要素を減らして、

いわば冬ごもりをするような境地なのだろう。

しかし、それは一次的な文化現象だから、

「断捨離サピエンス」は地球から消えてなくなる、

ということにはならない。

b0141773_23232168.jpg

夢や希望、将来へのアクションプランを持たない心理状態は、

津波の前の引き潮のようなもので、

どんどん水が引いていき、

さらにさらに引いていき、

見たこともない海底の起伏までが見えるようになって、

それが終わったところから

大きな波が押し寄せてくる。

b0141773_23244703.jpg

モチベーションは生物現象だから、

引いたモチベーションを埋めるべく、

次の衝動が起こってくるはずである。

それが本人にとって、

あるいは日本国にとってプラスになるのか、

マイナスになるのかはわからないが、

自らがネアンデルタールの道を選ぶとは思えない。

b0141773_23234480.jpg

しかし、今後の20万年を予想すると、

いや200年で充分だろうが、

人口の多い国の人々が地球のあちこそに拡散していき、

それぞれの地域で融合するに違いない。

b0141773_23250747.jpg

「人口圧」も「浸透圧」もけっきょくは物理現象で、

中国人もインド人もブラジル人も1つの固まりになる。

ホモサピエンとネアンデルタールがそうであったように、

戦ってどちらかがどちらかを絶滅させる可能性は小さく、

生物現象としては

数パーセントずつ、DNAを分け合って

地球上に生存し続けることだろう。

b0141773_23260396.jpg

b0141773_23272101.jpg
b0141773_23273230.jpg
b0141773_23254535.jpg
b0141773_23264461.jpg


by rocky-road | 2018-05-22 23:27  

<< 親愛なる ホールマーク御中 ゴールでんがな。2018 >>