極上の京都。

b0141773_23410582.jpg

ご招待を受けて、

京都の旅を満喫してきた。

サクラも四条河原あたりの人出も、

陽気も、和装のきれいどころも

食事のあれこれも満開だった。

b0141773_23415148.jpg

京都への旅の歴史は60数年前に始まるが、

和装の美女についてゆく旅は初めてである。

「インスタ映え」という点では

最初で最後の京都の旅となるだろう。

b0141773_23424345.jpg

それにしても、

外国人旅行者が多い。

混雑度という点では

このシーズンらしいおなじみ体験だが、

いつになく歩き疲れたのは、

かれらの歩き方が

日本人のリズムに合っていないためだろう。

b0141773_23422078.jpg

日本人の場合、

特段の交通整理がなくても、

人の流れは自然にできてくる。

が、かれらは、右左の別なく歩くし、

もちろん逆走や横断も、

そして輪になっての相談も自由。

その無秩序に合わせるのに

やや神経が疲れた。

b0141773_23431985.jpg

彼らが無秩序というよりも、

初体験の旅行先で、

状況が読みきれていない、ということなのだろう。

韓国にしろ中国にしろ、

その他のアジア諸国にしろ、

人が集まる季節の行事やデモは

経験済みのはずだから、

いずれ、「日本通」の人がアドバイスするだろう。

こうした熱気から離れて

東京に帰ってくると、

またまた孤独をすすめる本が出た様子。

「極上の孤独」だと、のたまう。

いつの間にか、

孤独にも「松・竹・梅」ができたらしい。

b0141773_23433065.jpg

新聞広告にピックアップされているフレーズには、

  *なぜ誰もが「孤独」を嫌うのか

  *素敵な人はみな孤独

  *他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ

  *万人を魅了した大物歌手はみな孤独

などがある。

b0141773_00055066.jpg

よくいうよ。

前にもここで取りあげたことのある

孤独好きの作家の場合と同様、

これらの提言には大きなウソがある。

「孤独」をどう定義するかが問題だが、

著書を通じて数万、数十万人の読者に

「極上の」(?)の情報を届けようとしている人間が

「極上の孤独」だなんて、白々しい。

b0141773_23444625.jpg

そういう本を書く前に、

すでに社会的活動を人一倍してきて、

そこそこ稼ぎ、

全国的に知名度もあげた人間が

孤独であるはずがない。

本が出たあとには、それなりの反響もある。

質問や反論もある。

著作というのは、

孤独を保つにはもっとも避けたい行為である。

b0141773_23450993.jpg

この問題を生理的、心理的テーマとして考えてみると、

ある程度の社会活動をしてきた人間が

第一線からほんの少し距離ができたとき、

一時的な孤独感が襲ってくるのかもしれない。

しかし、本当の孤独など知る由もないから、

ささやかな孤独を「極上」などと

のん気に形容をしてしまう。

b0141773_00011808.jpg

いい歳をして、

自他の区別ができない。

人生を生き切ったという自負のある(?)人間と、

本は書けず、背中を掻くのがやっと、

という人との「孤独差」がわかっていないから、

ボーダーラインにいる人を

孤独側にそそのかす可能性がある。

b0141773_00014337.jpg

高齢期の心理的視野狭窄とでもいうのか。

ブレーキとアクセルを踏み間違えたり、

横断歩道以外のところを

悠然と歩いたりするのと同じである。

b0141773_00021170.jpg
b0141773_00015688.jpg

たまたま2日後の新聞の人生案内に、

50歳代の女性が、

「私の50年 一体何だった」として

不運な自分の人生を問うている。

b0141773_23461043.jpg

両親に精神障害があり、

母親は自分が生まれてすぐに自殺、

父親はなにがしかの発作があり、

祖父も自殺。

10代には、いじめを受けて不登校に。

就職先では既婚男性からセクハラを受けて退職。

いまはうつ病で、生活保護を受けながら

治療を続けているという。

b0141773_23471552.jpg

こういうのは「極下の孤独」とでもいうのか。

この人の場合、

まだ新聞に投書をするだけのモチベーションが

あるから、それでもまだ「極下」ではないかもしれない。

b0141773_23474224.jpg

2年前から近所を徘徊している

40代と見える男性ホームレスの、

人生を捨てきった孤独ぶりを見ると、

「極下」の底は、まだまだ深いと思える。

いやいや、この男性の場合は

福祉の拘束から逃れて、

車が往来する路上で横になっているだから、

これぞ「極上の孤独」、

そして次には「極上の死に方」なのかもしれない。

b0141773_23480729.jpg

このところの断捨離ブームは

中学生にまで及んでいるが(新聞の投書による)、

この現象を俯瞰すると、

国が縮むというのは、こういうことかと思う。

隣国や隣々国は、恨み、つらみという

マイナスモチベーションで盛り上がっている一方で

わが日本は、

「捨てちゃえ、捨てちゃえ、

どうせ拾った恋だもの♪」と

島々の切り捨てさえ受け入れそうな気配。

b0141773_23491362.jpg

そのくせ、

70年以上もたって、

だいぶ劣化している憲法は捨てるな、

更新するな、とモチベーションを高めている。

しかしこれも、

「戦争をしない国」として、

相手の攻撃モチベーションを高めさせ、

隷属さえも受け入れる、

というアピールになるから、

結果としては日本国の断捨離につながる。

b0141773_23494731.jpg

そんな状況になっても、

かの「極上の孤独」を満喫する有名人は、

「来るものは拒まず、去るものは追わず」とか、

「咳をしても1人」とかといって、

「孤独を知る人」として美しがっていることだろう。

b0141773_23502796.jpg

こういう人には、

自分をここまで支えてくれた人たちへの感謝がない。

一種の食い逃げである。

「極上の甘ったれ」というべきか。

b0141773_23504670.jpg

バングラデシュのムハマド・コヌスという

経済学者でノーベル平和賞受賞の人が

来日したそうで、

テレビのインタビューに答え、

「高齢者というコトバはなくすべきだ」

「高齢期は時間が少ないなどというな」

などと語っていた。

b0141773_23513527.jpg

子どもたちが巣立って、

身軽になったいまこそ、

社会貢献をする時間も労力もいっぱいある、

ともいっていた。

b0141773_23520593.jpg

中学生程度の生物学の知識があれば、

人間やゾウやイワシやイナゴや、

あれこれの動植物の多くは、

群れないと生存できない。

b0141773_23521526.jpg

人が作った街や村に住み、

人が作った家に住み、

人が作った食料を食いながら、

「孤独ほど、贅沢で愉快なものはない。」

なんて、子どもみたいに甘ったれたことを

いうたらあかんわ。

b0141773_23530269.jpg

b0141773_23533745.jpg
京都の、あの雑踏の中に連れて行って、

生きるとは、どういうことか、

人の中でもんでやりたい。

b0141773_23540784.jpg
b0141773_23535099.jpg


[PR]

by rocky-road | 2018-04-03 00:06  

<< あなたが健康である理由を5つあ... 求む「百寿者コーチ」 >>