旅のテーマ。

b0141773_21062241.jpg

「動機」というもののおもしろさを実感した。

以前、講師を務めていたスクールの教え子から、

初めてメールをいただいた。

突然の近況として、

沖縄に行って、こんな写真を撮った、

と伝えてくれた。

b0141773_21080073.jpg

なぜ、そういう話になったのか。

それは、20年以上前に、

彼女たちと沖縄の座間味島へ行ったことがあるから。

今回は家族と、その古座間味(ふるざまみ)ビーチで

スノーケリングをした由。

そのあと、沖縄本島を旅して、

今帰仁(なきじん)にある乗馬ツアーに参加して

海に入る馬に乗ったとのこと。

写真は息子さんとのツーショットであった。

ツアーのスタッフが撮ってくれたとか。

b0141773_21091068.jpg

こちらとしては、

秋の海行きをどこにしようかと

決めかねている段階だった。

海に立つ馬の写真を見て、

これを半水面で撮ってみたいと思った。

b0141773_21065071.jpg

「半水面」という写真が撮られるようになったのは、

一眼レフを水中ケース(ハウジングという)に入れて

撮ることが普及した1980年後半あたりだろうか。

さらに、超ワイドのレンズを使って、

水面上と水中を同時に撮れるシステム、

「半水面写真」の機材と技術が開発された。

b0141773_21070227.jpg

年に1015回のペースで

スノーケリング中心の旅をしていたころには、

まだこのシステムは未発達だったので、

これを採用したのは、その時期よりもたいぶあとのこと。

タイミングとしてはかなり出遅れた。

この分野の先達は少なくないが、

それでもまだ、新しい映像を発見する余地はある。

b0141773_21102454.jpg
b0141773_21113738.jpg
b0141773_21071469.jpg

b0141773_21072826.jpg

遅ればせながら、

半水面作品をフォトコンに応募してみると、

意外なほど短期間に受賞した。

いまもいろいろとアイでテアはある。

(写真は読売写真大賞 第一席「わんマンショー」

富士フイルム フォトコンテスト

ネイチャー部門優秀賞「フエダイ夏模様

b0141773_21130348.jpg
b0141773_21133339.jpg

テレビでは、海を泳ぐゾウ、カモメ、

沼地のカバなどをキャッチした映像を見たことがある。

日本では、ウマが海に入るのは、

壇ノ浦の源平の合戦の絵などでもおなじみだが、

なぜか撮りたい欲求を刺激された。

これがキリンならばなおさら絵になるが。

b0141773_21121610.jpg

もう1つ、

久々の沖縄本島行きを考えた理由は、

やはり8月に沖縄を旅した塾生の1人から

「娘が魚に手をかまれた」という体験を

聞いたからである。

b0141773_21171261.jpg

すぐに思いついたのは餌づけの可能性である。

本島周辺の海は、

すでに人間から、かなりインパクトを受けていて、

魚などは少なくなっているのだが、

そこで手をかまれるということは、

餌づけが日常的になっていることを物語っている。

b0141773_21173091.jpg

直感したとおりで、

ガイドがソーセージを持って行って

与えていたという。

沖縄に限らず、餌づけは野生生物の生態を変えるので

エコツーリズムにおいては大禁止事項である。

b0141773_21180556.jpg

そうではあるが、

海の自然が失われた地域では

餌づけも観光資源の1つにはなる。

人間が自然環境の中に入っていく現状では、

共存する方法の1つとして、

餌を介して共存する方法もある。

教条的に餌づけを禁ずるのではなく、

好ましい餌づけの方法を指導し、

管理していくほうが、

禁止を唱える裏で、

こっそり不適切な餌づけをするよりは現実的ではないか。

見落としてはならないのは、

田畑も、動物たちにすれば餌場(えさば)なのである。

b0141773_21184598.jpg

ともあれ、

手をかまれるほど魚たちが近いということは、

被写体としての魅力もある。

海の中に立つ馬と、

至近距離の魚たち、

今年の沖縄のテーマはこれだと決めた。

動機が強すぎたのか、

写真の出来栄えは自己採点で60点前後。

「急いては事を仕損じる!!」

53年のキャリアが

そういうことを言っていていいのか。

b0141773_21211672.jpg

しかし、旅としては快適だった。

スノーケリングの初歩さえ講習していない人が、

ジンベイザメと向き合っている様子は、

涙なくしては見られない。

ダイビングビジネスの発達のおかげである。

アマチュアには、

ここまでのサポートはできない。

b0141773_21260618.jpg
b0141773_21074418.jpg

ほとんどのツアーには年齢制限があり、

それが60歳までというのは気に入らないが、

キャリア50年という80歳のゲストは

そう多くないはずだから、

やむをえない。

b0141773_21243602.jpg
b0141773_21250762.jpg

であるならば、

好みのビーチを見つけ、

1人ででも「地の果てから始まる旅」を続けたい。

それはスノーケリングを始めたころのスタイルである。

「旅をだれかに管理されたくない」

その原則があったから、

あえてスノーケリング中心の旅を続けてきたのである。

b0141773_21233900.jpg
b0141773_21273032.jpg

多くの発見のある沖縄本島、

久々の旅であった。

なんだかんだいっても、

海は地球上で

もっとも自然と未知に出会えるエリアである。

なお、この旅行は、

201765日の

誕生日に

パルマローザのみなさんからの

プレゼントを充当したもの。

みなさまに深謝します。


b0141773_21590764.jpg


b0141773_21275895.jpg

b0141773_21292596.jpg

b0141773_21241826.jpg


by rocky-road | 2017-10-20 21:29  

<< 栄養バランス、とれていますか。 編集力で健康寿命を延ばす。 >>