切手文化は輝き続ける。

b0141773_20585228.jpg

切手については、
郵政省時代には、いろいろともの申してきた。
デザインが悪い、絵が下手、
お子さま向きの絵が多い、
「なになに記念日」の切手ではなく、
花とか風景とか、
常時使える切手も出してほしい、とか。
こういう利用者からの回答は、
判で押したように「今後の参考にしていただきます」だった。
b0141773_20592355.jpg
b0141773_21152696.jpg

しかし、郵便会社になって以来、
なかなかいい切手が多くなった。
「和の食文化」などは、郵便史に残るヒットではないかと思う。
しかも、「第1集 一汁三菜」と銘打っているから、
第2集も考えているのだろう。
こういう企画は、思いつきや一朝一夕にはできない。
そうとうのプランナーがいると見た。
b0141773_2115418.jpg

さらに、「これでも文句があるか」といわんばかりに、
「GREETING SUMMER」というのを出しおった。
世界の切手で、プルメリアやハイビスカスの花を
デザインした切手はきっとあるだろうが、
波紋が揺れる砂地、雲、
清涼飲料水の入ったコップをデザインした切手は
たぶんないはず。
b0141773_21262313.jpg
b0141773_21264351.jpg
b0141773_219157.jpg

かつて、沖縄海洋博のとき、
世界初の水中写真の切手が出た。
撮影者は、故・舘石 昭氏。
この切手はご本人からいただいたうえに、
その原画写真を額装していただいたことがある。
大型写真と切手とを玄関に飾っておいたが、
写真は劣化して、いまはない。
b0141773_23163925.jpg
b0141773_2172522.jpg
b0141773_2127883.jpg

かねがね欧米の切手文化のレベルの高さに感服し、
「それに比べてわが国は……」と嘆いてきたが、
ここへきて、一気に間を詰めてきた感じ。
ひょっとしたら、郵便の利用者が減っていることと
関係があるかもしれない。
「だれにも向くような」路線から、
真に手紙、ハガキ文化を愛好する人向けに、
まじめに考えるようになったのかもしれない。

いままで、文句ばかりをいってきたが、
「GREETING SUMMER」の企画については、
利用者の選ぶ切手コンテストには推薦したい。
そういうコンテストがあれば、の話。
b0141773_2193868.jpg

その一方で、
フリーマーケットには、
昔の名作切手が額面どおりか、
ほんのわずかのプレミアムがついた程度の値段で
売りに出されている。
事情を聞いてみると、
昔は日本橋三越デパートあたりでも、
「切手市」なるものが催され、プレミアムがついて
販売されていたという。
そういえば、見かけた記憶がある。

いまは、切手に骨董的価値が失われ、
往年のコレクターたちは、
フリーマーケットあたりで、それを処分しつつある。
切手や記念コインを買い集めて、
いまに高く売れる、などと言っていた時代を
「セコイ時代のセコイ趣味だった」
といえる自分を、少しは大人になったと思う。
b0141773_21131632.jpg

フリーマーケットで見つけた、
雨傘を差す、浮世絵の美人画も、
梅雨時にこそ使おうと、せっせと使っているうちに、
あっという間に残りが数枚になった。
惜しい気もするが、
切手もコミュニケーションメディアだから、
自分の切手ファイルの中にあるよりも、
ずっと生きがいを見つけたことになる。
b0141773_21321477.jpg

by rocky-road | 2016-06-29 21:15  

<< 六から禄への贈り物。 「健康ってなんだ」街道を行く。 >>