「健康ってなんだ」街道を行く。

「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17335022.jpg

6月4日、
第45回食ジム「栄養士・健康支援者は、
食器とどうかかわるか
」(アドバイザー参加)

5日、パルマローザ、ブラッシュアップセミナー
「『ヘルスコミュニケーション力』を
どう強化するか」

(横浜)
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17545428.jpg

6月11日、
コミュニケーション研究会 ひろしま主催
「『対話力』をつける。――専門性と日常性への対応」
(講師/影山なお子氏)受講
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17532975.jpg

12日、
「『栄養士』『健康支援者』という職業の
リーダーのカタチ。――『引っぱり型』と『あと押し型』の活用法」


6月13日、
ロッコム文章・編集塾、
月曜クラスの授業。

6月5日の80歳誕生日をはさんで、
いろいろの角度から思考を深める機会を得た。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17405084.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17424211.jpg

食ジム「食器とどうかかわるか」では、
食器の記号性について、
改めて考えることができた。
丸皿、楕円皿、角皿の意味、
銘々茶わん、銘々箸の意味。
日本食文化の重要な着眼点だが、
「和食」世界文化遺産ニュースの中では、
軽視されているように思う。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17371930.jpg

日本においては、
食器は、料理の安定性保持、引き立て役などにとどまらず、
家族の位置づけ、季節感、持ち物のとしての存在意義、
思い出を内包する記号としての意味が大きいことを
さらに掘り下げて話し合うことができた。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_173739100.jpg

「ヘルスコミュニケーション力」では、
あえて「自分とのコミュニケーション」における健康性について、
みなさんに提示した。
昔、同僚に「でも」という「逆接の接続詞」で発話する男がいた。
ほかの同僚との調和も悪く、
ほかのセクションに行っては、同僚の悪口を言っていた。
あげくの果て、小さな部屋に自ら引きこもって
普及し始めたパソコンとにらめっこの仕事を好んだ。
同僚と結婚すると報告されたので、
喜んでこの吉報を課員に伝えようとしたら、
「やめてください。ヤツラ、なにをいうからわからないから」
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17381492.jpg

話しぶりに病的傾向が出ることは周知されているが、
使う用語から病性を感じたのはこのときだった。
調べてみると「分裂気質」とやらであった。
この傾向は時代を経ても継承されている。
「……っていうか」「……逆に」で始まる発話傾向である。
肯定より、なんとなくの否定。
内的ストレスの気配を感ずる。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17392444.jpg

ともあれ、大橋型「ヘルスコミュニケーション論」では、
「健康」は心身や社会性の「快調度」を示す概念から
自分、人々、社会の方向性を探る心的バロメーターであり、
自分を支え、目標を設定するうえでのモチベーションであり、
つまるところ思想である、と位置づける。
パルマローザのセミナーでは、
思考や理論を半歩か3分の1歩か、
自分の思想史の中では前進できた。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1739388.jpg

広島のセミナー、影山なお子さんの講義から、
対話は、対人ヘルスコミュニケーションにおける
最小単位であることを再認識した。
好ましい食事相談は、好ましい対話から生まれる。
対話の不得手な者が、好ましい食事相談、
好ましい健康相談を行なうことは不可能、という論点には
深く同意するところがあった。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1743985.jpg

私が担当した「リーダーシップ論」では、
辞書の定義には、「率先垂範型」(オレについて来い型)の説明しかないが、
「あと押し型」のリーダーという概念を説明した。
栄養士とは、人々の健康を支援するリーダー、
つまりあと押し型のリーダーであることを説いた。
「栄養士はこの職業を選んだ時点で、
好むと好まざるとにかかわらず、
リーダーの道を選んだのである」と。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17434626.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17435962.jpg

ベビーカーを押すとき、
子どもに何を見せたいか、どこへ連れて行きたいか、
それを最終決定するのは押す者である。
公園を希望する子に、途中でチューリップ園を見せて、
別の興味を引き出すのも、あと押し型リーダーのワザである、と。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17464580.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_2121075.jpg

おもしろい偶然は、
13日のロッコム文章・編集塾の授業で、
論理性の話が出たとき、
栄養学あるいは栄養士は論理的職業である、
という話になったことである。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1747945.jpg

もともと「理系的」タイプだから栄養士の道を選んだのか、
栄養士という職業が理系性を強化したのか、
一律にはいえないが、
栄養学がなんとなく「理系」に分類されるのは当然で、
「20歳代の事務系仕事をする女性の1日の摂取エネルギー量はこれくらい」
という目安は、まさしく論理的説明だからである。
そういう意味では、
「ポリフェノールは目にいいのよ」
「かぼちゃはお芋よ」(食品を糖質量でのみ分類する専門バカ)
といった「栄養素士」は、その限りにおいて論理的である。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17475575.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_2134830.jpg

しかし、人間には感性があり、ライフスタイルがあり、
時と場合がある。
それらを見ることなく、一律にポリフェノールを話題にしたり、
栄養バランスを説いたりするのは、
時と場合をわきまえない、という点で、非論理的となる。
論理にもTPOがあり、「人を見て法を説け」という原則がある。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17511776.jpg

横浜、広島、東京と移動しつつ、いろいろの思考的刺激を受けた。
「人間に自主性はあるのか」と問うた脳科学者がいたが、
確かに、地球上の生物は、この天体からの無数の刺激を受けて、
それに反応しているとしか思えない。
旅は、脳および全身を活性化する好ましいシステムであると、
改めて実感した。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17514278.jpg

こうして79歳から80歳へとまたぎ渡った。
80歳代をどう生きるか、
身近なところには充分なモデルがあるとはいえない。
おもしろいもので、
反面教師はなんとも多い。
90歳、100歳で「戦争は絶対にいけない」
「あの悲惨な災害を語り継ぎたい」と繰り返している高齢者である。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1756566.jpg

対策を考えることなく、
「いけない、いけない」を念仏として唱えて思考を停止させてしまう、
あの能天気人生だけはモデルにしたくない。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17562199.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1756336.jpg

以下は、広島でのスナップ。

尾道城
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17482328.jpg

到着直後に出会った尾道商店街の火事。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17483673.jpg
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_17484861.jpg

しまなみ海道から耕三寺へ。
「健康ってなんだ」街道を行く。_b0141773_1749722.jpg

by rocky-road | 2016-06-14 17:56  

<< 切手文化は輝き続ける。 栄養士の話と国語辞典の関係。 >>