ブログの文体論、なるか。

b0141773_2353429.jpg

最近、政治家や芸能人など、
著名な人のブログの一部が
ニュースの中に登場することがある。
それを読むと、
その日食べた食事の感想、
ある出来事に感じたことなど、
要するに「日記」の文体で書いてある。
b0141773_23541315.jpg

広辞苑に当たっても、
「ブログ」という熟語は
第5版以前には収載されておらず、
第6版に、こうある。
b0141773_14545584.jpg

 「(ウエブ・ログの略)ウエブサイトの一種
 個人や数人のグループで運営される日記形式のもので、
 情報提供や意見交換などの
 コミュニケーション機能が付加されている。」
b0141773_2354386.jpg

昔、ダイバー仲間のホームページに
ブログを書いてほしいと依頼され、
何回か書いたが、写真がほしい、と
そのつど言われて、ポジフィルムを
スキャンすることの面倒さもあって中断した。
決定的な理由は、別の仲間から、
「書き方が雑誌の連載的だ」と
指摘されたためだった。
b0141773_23551574.jpg

そこで初めて人のブログをのぞいたが、
文字どおり日常茶飯事の「日記」で、
そういうものを公開する人の勇気に顔が赤らんだ。
b0141773_23553050.jpg

「ブログ」の成立事情は知らないが、
超私的な日記を公開するのは、
自分の未熟さ、自分のアホさ加減、
自分の世界の小ささを一般公開することになるわけだから、
そうとうの勇気か、厚顔かが必要になる。

どこで、なにを食べた、
こんな店に行った、
○○国はケシカラン……、
なんていう内輪の話題を
社会に向けて言い放つなどは、
裸で街を歩くより恥ずかしい。
b0141773_2356087.jpg

出版にかかわった者の感覚からすると、
世間に発表する文章というものは、
その大半は「商品」であるから、
当然のこと、商品価値を問われることになる。
b0141773_1453334.jpg

この場合の商品価値とは、
水が流れるように落差がついていること、
読んだ人が「なるほど」「へぇ~」と感じる程度の
お得感を感じることを指す。
どんな店で何々を食った、うまかった、
と言う程度の話ではゼニはとれない。
b0141773_14531518.jpg

しかし、デジタル通信機器の普及は、
クシャミやゲップ、独り言などまでも
全世界にばらまくことを促すことになった。
そういうものを「言論の自由」などと
言ってもらっては困る。
ゴミは、指定の日に、指定の場所に、
きちんとまとめて捨てるのが公徳心というものである。
b0141773_23584425.jpg

もっとも、デジタル情報は焼却しなくても、
ハエがたかったりカラスに荒らされたりすることはなく、
人にはほとんど迷惑はかからないから、
いくら垂れ流しても「公害」にはならない。
人はそれらを読まなければいいだけで、
実害はない。

もしあるとすれば、
有能な才能を
中途半端なブログ書きに費やしてしまう場合だろうか。
b0141773_2359556.jpg

そこは社会的バランスシートの問題で、
一生、文章を発表する機会がありえない人が、
日記を書いて精神的安定を得ることのメリットと、
ブログなどに時間を浪費せず、
自分の得意を延ばすことのメリットと、
どちらが社会にとっての儲けになるか、である。

それは、前者、
つまり文章を書く機会のなかったはずの人に
書く喜びを与えるほうが、
メリットは大きい。
ブログ書きで自分の才能をすり減らしてしまう程度の者なら、
それで終わってしまったとしても、
社会にとっては大した損失にはならないだろう。
b0141773_23592524.jpg

それにしても、
社会の知的財産という観点からすれば、
ブログにも文体があり、
テーマがあり、起承転結があることは、
教える必要はあるだろう。

「人をワクワクさせるブログ文章論」
というようなテーマをアピールするには、
やはりインターネットではダメで、
出版の力を借りたくなる。
b0141773_23595182.jpg

なんて思うのは、
インターネット世界にとっては
よそ者の言なのかもしれない。
このブログにたどり着く人間の数と、
雑誌や書物の記事に興味を示す人の数と
どちらが多いのか。
b0141773_14542337.jpg

いや、数ではなく、
どちらが影響力を持つのか、
しばらく様子を見てみたい。
b0141773_01248.jpg

by rocky-road | 2016-02-17 00:01  

<< ネッシーは、いると思いますか。 壊れていませんか、壊していませんか。 >>