健康支援者の芸風とは?

健康支援者の芸風とは?_b0141773_2211287.jpg

1年ぶりで、落語、柳家系の独演会に
行ってきた。場所は板橋文化会館、
ほぼ満席の1000人余りの入り。
ところが、前座から真打まで
なんとも退屈な内容。

「枕の小○治」といわれるほど、
「枕」がうまいとの評判のある演者。
(枕=本題に入る前のジャブ的な小さな笑い)
が、その枕がつまらない。
トイレに財布を忘れた話など、
たいしておもしろくない話を延々と続ける。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22125126.jpg

演目に入って郭噺(くるわばなし)が始まったが、
勢いもメリハリもなく、
人物描写もすっきりせぬままダラダラと続く。
1つが終わり、休憩時間を待って、
会場から抜け出した。

落語がこんなにも苦痛だったのは久々である。
かつては、立川談志の噺がいやで、
あくびをかみ殺して聞いたことがある。
彼が登壇するやいなや、
退出する人が少なからずいたが、
当時の私にはそこまでの決断力はなかった。

現代日本を代表する名人(?)落語家の噺が
こうもつまらないのはなぜか、
それを真剣に考え続けた。
まず考えたのは、
笑いの基準が変わったのか、という点。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22172040.jpg

桂文楽、三遊亭円生、三遊亭可楽、
古今亭志ん生、柳家小さん(五代目)といった、
昭和の名人と比べるからいけないのか。

しかし、私の好む落語は古典に属する噺で、
昭和になって生まれたものではない。
今回聞いた柳家小○治にしても、
演目のほとんどが古典である。
つまり噺の内容は、昔も今も変わらない。

なのに、その日の古典落語はおもしろくない。
本人は「あざとい形では笑わせない芸」
を目指しているそうだが、
そんなことは、基本中の基本で、
あえていうまでもないことである。

おかしくない理由の1つは、
こちら側の加齢にあるのか。
人間は高齢になるほどに
笑わなくなる傾向がある。
それなのか。
感性が鈍る、表情筋が弛緩する、
おかしさのハードルが上がって
ちょっとやそっとのことでは
おかしさを感じなくなる……。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22174054.jpg

だが、現在の私は、
「パンクブーブー」や
「サンドイッチマン」の漫才には笑える。
うろ覚えだが、こんな感じ。

  寿司屋に1人の男が入ってくる。
  *「へい、いらっしゃい。お1人ですか」
  客「ああ、1人だよ」
  *「先にどなたか来ていらっしやるんですか」
  客「いや、だれも来ねえよ、オレ1人だよ」
  *「あとからどなたかがおいでになるんですか」
  客「だれもこねえよ。1人じゃいけないのかよ」
  *「寂しいでしょ? 私が隣に行きましょうか」
  客「だから、1人でいいって、言ってるだろぉ」
  *「それとも、こちらに来ますか」

これで笑えるのに、
今回の落語は笑えない。
演者にも、多少の責任はあるだろう。
主観的だが、去年聞いたときよりも
謙虚さが減少しているように思える。
自分の体験を枕に使うのが
近年の落語の傾向のようだが、
それは観客に対して不遜である。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22204942.jpg

落語は古典にしろ新作にしろ、
作品を演ずるのが商売である。
自分の日常茶飯事を語るほど、
偉くはないはずである。

頭に入れておかなければならないのは、
落語家は、けっして「地」がおもしろい人ではない。
昔から名人といわれるような人は、
家では寡黙だったり、酒をくらっていたり、
妾の家に通っていたりする。

だれかが自分をネタにすれば、
おもしろくなるかもしれないが、
本人は本気でマジメであり、
落語とは無縁な私生活を送っていた。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22185321.jpg

つまり、落語家とは、
できあがっている「作品」を
おもしろく、またはしんみり、
人間のリアリティをいきいきと演ずる人である。
笑わせればいいっていうものではなく、
そこには味わいが求められた。

そういう観点からすると、
私生活でトイレに財布を忘れた程度の話は
観客のほうがいっぱい持っているくらいであり、
「作者」ではない「演者」が話しても、
そう簡単には「作品」にはならない。
だから、
昔気質の落語家は、
私生活をペラペラしゃべるほど
芸を軽んじてはいなかったし、
うぬぼれてもいなかった。

どんなに他愛なく、
どんなにマンネリ化していても、
枕の話は、
それなりにおもしろく、
ジャブとしての意味があった。

「きのうの嵐で、家の囲いが壊れちゃった」
「へ~」(塀)
健康支援者の芸風とは?_b0141773_222285.jpg

この程度のダジャレでも、
笑いのウォームアップとしての意味はあった。
定番の「枕」のほうが、
演者と観客とに一体感が生まれて都合がよい。
それに、なんといっても短いからいい。

社会心理学者は、
落語における現代日本人の笑いについて、
どう考察してゆくだろうか。
少し研究すれば、
そこそこのエビデンスが得られるはずである。

演芸評論家でもない私としては、
現代落語がどうなろうと、知ったことではないが、
その反面、もう1人の話芸者、
健康支援者のユーモア感覚のあり方について、
連想が飛ぶのを押さえることができなかった。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22224636.jpg

「健康支援者」、
つまり医師、看護師、保健師、栄養士の
ユーモア感覚のことである。
もともと、この種の職業は、
ユーモアとは遠い存在であるが、
プロの芸人がここまでダレているからには、
健康支援者ともなれば、
ますますにコチンコチンになっているのではないか、
そんなことが心配になった。

「笑顔や笑い声は健康のシンボル」
というほど能天気ではないが、
気の利いた会話や講話、相談が、
健康を阻害するとも思えない。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22285674.jpg

ユーモアとは、
つきつめれば人生を楽観する着眼である。
病気であれ死であれ、
悲観だけの世界ではない。
厳しい現実にも、どこかに逃げ道がある。
その1つがユーモアである。

「あざとい笑いを求めることはない」
大いに結構。
人は健康になるために生きているのではない。
健康ばかりを求めると、
砂糖を入れ過ぎたお汁粉のように
味覚にも胃にも負担をかける。
うまいお汁粉は、
小豆の香りと、少々の塩、
つまりはバランスである。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22193620.jpg

「健康になるためには死んでもいい」
などという人であっても、
喜んで支援するのが健康支援者の仕事。

こういうクライアントであれば、
さらに死ぬほどの健康オタクにして、
そこは話芸で、真の健康、真の人生を理解させ、
健康からは201メートルくらい
距離を置くように誘導する
……というようなことができれば、
きわめてユーモラスな業績として、
記録されることだろう。

健康支援者の落語家、コメディアン、
芸人などが、日本にもいるかもしれない。
真正面から食や健康を笑いにするのもいいし、
余技として、俳句や川柳をたしなむのもよい。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_2224591.jpg

寄席に行って
おもしろい芸人、おもしろくない芸人など、
いろいろのタイプに出会うことも
プラスにはなるだろう。

明治維新後、
文章日本語が生まれようとする
試行錯誤の時代には、
のちに有名になる小説家は
落語や講談、浪花節などを聞いて、
自分の文体を模索したという。

健康支援者にとって
いまいちばん求められるのは、
人間をよ~く知ること。
だって、人間を支援するのだから。
健康支援者の芸風とは?_b0141773_22115081.jpg

by rocky-road | 2015-12-26 22:28  

<< 『二人の海』の江ノ島、ぶら歩き。 しばらくは「句盗点」の時代。 >>