しばらくは「句盗点」の時代。

しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22144416.jpg

ことしも、20通ほどの「喪中につき」ハガキを
いただいた。
その中に1通だけ、
句読点入りの印刷があった。
これには「快挙」というほどの感動があった。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_2215462.jpg

ある人は、印刷ずみの文面に
手書きで句読点を書き加えていた。
この姿勢もよし、である。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_2216532.jpg

大の大人が、
句読点の有無で一喜一憂するのは
滑稽に見えるだろうが、
いま起こっていることは、
日本の国語史の中では
特筆すべき現象なのである。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22163282.jpg

ある人は、自分が出す喪中ハガキを
業者に依頼しようとしたところ、
「句読点は入りません」といって
固辞されたとか。
ハガキのデザインにはバリエーションがあるのに、
句読点は入れられないという。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22164928.jpg

言論の自由どころか、
それ以前の、正規の国語表現が、
ずぶの素人によって阻害されているのである。
これを事件といわずして、なんといおう。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22171669.jpg

前回、100匹のサルに
タイプライターを配っても、
文学的名作は生まれない、
という欧米の格言(?)について触れたが、
コンピューターを配布した場合には、
また別で、
とんでもない「迷作」を生み出す可能性が
ないとはいえなくなってきた。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_2218667.jpg

昔から、算数やお絵描きをする動物はいる。
犬、猿、ボノボ、鳥、象、猫など。
これらは、人間の調教技術の進歩によるもので、
別に天才的な動物が出現したわけではない。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22182152.jpg

ところが、
まともな人間にパソコンを配ると、
一部の「普通程度の頭脳」を
さらに劣化させるということが起こる。
「まとも」とはいっても、
成人してから読み書き習慣を失ったような者は、
電車や公共施設の中で
スマホに集中すると、
バカ丸出し、というか、
アホの表情になる。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22184123.jpg

読書する人の姿は美しく、
名画にもそういう描写が残っている。
電車内で雑誌や本を読むような人間は、
それなりのポーズ、
それなりの表情を身につける。
読書のカタチにも
数百年の文化的蓄積があるからである。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22233264.jpg
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22192153.jpg

これに対して、
公衆の面前で化粧をしたり、
大口をあけて熟睡したり、
スマホに心を奪われたりする人間は、
車中や公園、図書館などで
読書をする経験が少ないはずである。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22193839.jpg

いずれ、公共の場でのスマホの扱い方にも
美学やルールが生まれる可能性があるが、
それまでは、「集中」への準備性のない者たちは、
隙だらけの表情を人々にさらし、
社会を汚染する公害となり続ける。
なぜ公害かといえば、
あのアホ面は、感染するからである。
それらは、動物行動学や文化人類学の
立派な研究対象になりうる。

さて、句読点の話に戻ろう。
パソコンのソフト会社とか
素人相手の印刷請負業者とかが
日本語の正書法を
平然と壊すときにいう屁理屈は、
「毛筆の手紙では、
句読点を入れないのが本来だから」
である。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_2224776.jpg

自分で字も書かず、
デジタル変換で文書を綴っておいて、
なにが「本来」か、
「なにが毛筆の手紙では」だ。
思慮の浅い者たち、
無知な者たちの屁理屈は恐ろしい。

グレシャムの法則ではないが、
「悪貨は良貨を駆逐する」現象を
いま、われわれは目の当たりに
見ているのである。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_2225456.jpg

これを「句盗点現象」
または「句投点現象」と
ネーミングしたいと思う。

しかしその一方、
広告業界では、
むしろ句点(「。」)を入れる方向にあるからおもしろい。
それは、人が使った、人が発したコトバ、
というニュアンスを示すためだろう。
さらには、
半欠けの句点を使う広告をよく見るようになった。
これは文章心理学的にも、
補助符号の歴史的にも
注目すべき現象である。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_222696.jpg

わざと半欠けにして、
余韻を残す、実に微妙な表現法である。
このセンスは救いである。
月は、満月よりも雲のかかった月がよい、
とする日本文化に通じるのか。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22301639.jpg
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22304131.jpg

喪中の案内や年賀状の印刷を
業者に依頼する場合、
自分で打った原稿どおりのものに
仕上げにらないようなところへは
発注しないことである。
この問題は、
けっきょくは発注者の見識、
意欲、頭脳の問題だろう。

蛇足ながら、
私の周囲は、喪中のハガキが来たら、
すぐにお悔やみの返信ハガキを
書くことが常識になっているが、
そのルールを書いておこう。

 *できれば和紙のハガキを使う。
 *青墨の筆ペンで薄字に書く。
 *最近は長寿者が多いので、
  それを称える場合が多い。
 *切手は弔事の52円を使う。

≪文例≫
拝復 お婆さまのご逝去のお知らせ、
謹んで承りました。
九十七歳とは、
世界の長寿国日本の平均寿命を
はるかに超えるご長寿、
お見事な人生であられたことでしょう。
それだけに喪失感も大きいことかと存じますが、
明くる年のご一家のご健勝と
ご多幸を心からご祈念申しあげます。 合掌

しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_222834.jpg

なお、「平均寿命」云々は、
比較的若いご逝去の場合には使わない。
「平均寿命よりもお若いご他界、
さぞやご無念のことでしょう」
などとはやらないことである。

気をつけたいのは、
こういう返信しておきながら、
それを忘れて年賀状を出してしまうという
大ミス。
それをやっちゃぁ~おしまいよ。
しばらくは「句盗点」の時代。_b0141773_22283574.jpg

by rocky-road | 2015-12-20 22:50  

<< 健康支援者の芸風とは? 「ウサギ栄養学」の「専門性」。 >>