「あと押し型リーダー」という用字用語。

「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16271669.jpg

10月から11月にかけて、
セミナーや旅行・出張が続いたので、
脳にやや負荷がかかった。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16275252.jpg

10月3日の千葉県教育委員会のご依頼による
人を惹きつける『給食だより』8つのポイント」から始まり、
中旬の沖縄・座間味島へのスノーケリングツアー、
戻ってすぐに11月15日の能登教室、
栄養士という職業のリーダーシップのカタチ
能登から京都に入ってパルマローザ組と
雨の京都散策、1人で京都市動物園見物。
そして、
11月22日の遠距離クラス
「ステップアップの行動学」
23日、食生活プログラムスのシリーズセミナー
食を楽しく語るための用字用語
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16284350.jpg

セミナーの数や日数としては
さほど騒ぐほどのことでもないが、
短期間に「中身の濃い」(?!)
テキストをつくるのに
軋みの出ている脳が悲鳴をあげた。
血圧計の出番を待つまでもなく、
顔がほてって、血圧の上昇を感じた。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16292189.jpg

編集者時代、
スタッフのミスでページに不足が出たとき、
その修復に1時間ほど没頭したあと、
急に耳鳴りが始まった。
その耳鳴りは、
以来30余年、いまも続いている。
そのときの気分に似ていた。
今度はどこに来るのか、
脳か耳か眼か、
が、セルフコントロールで、
なんとか発症を抑えた。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16294322.jpg

それはともかく、
リーダーシップ論にしろ、
用字用語にしろ、
従来の栄養士向け、健康支援者セミナーには
なかったテーマなので、
対象者のニーズに沿ってテキストを作るのに
少なからず頭を使う。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_1630378.jpg

リーダーシップといえば、
世の中は
「オレについて来い型」(率先垂範型)が中心で、
健康支援者のような
「あと押し型」(カウンセラー型)の
研究やデータは見つけられない。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_1630441.jpg
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_1631650.jpg

「あと押し型リーダー」とは、
視力障害アスリートのサポーター
(伴走や合図役)、
ベビーカーを押す親などのイメージ。
ベビーカーを押す親は、
子どもが関心を示すような対象物に、
それとなく近づいて、気づかせる。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16311956.jpg

クライアントの好ましい行動を見つけたら、
そのことを適切なコトバで指摘し、
それが評価に値することを気づかせ、
その行動を定着させ、
さらに発展への動機づけとする、
これはベビーカーを押す親の
ポジションに似ている。

うしろにいても、子に動機づけはできる。
(クライアントを
子どもにたとえているのではない。
ポジションの話である)
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16321858.jpg

「用字用語」もまた、
出版、新聞、放送関係で使われる、
専門用語といってよいが、
これを健康支援者に解説する意義と興味は
大いにある。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16324548.jpg
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_23423569.jpg

食関係者であれば、
「用字用語とは、料理の食材に当たる」といえば、
ほぼわかってもらえる。
にんじんや肉を渡せば、
だれもが料理を作れる、というわけではないが、
料理になじんでいる人なら、
素材の大事さはわかる。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_1633645.jpg

発話および文章は料理に当たる。
単語を一定の順序で並べるのが言語表現である。
「ヤバイ」「バカ者」「ウチら」「自分的には」
などという素材(コトバ)を使う人の
言語表現(料理)と、
「人間」「愛」「幸せ」「利他行動」などの素材を
使う人の言語表現とは、
盛りつけの風景は異なる。
(うまいかまずいかは、食べる人にもよる)
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16332135.jpg

個人および社会の健康度をあげることを使命とし、
人々をあと押しする健康支援者が、
自分の使う言語表現素材を
見直すことに意味がある。
「胃にやさしい」「ヘルシーな食材」
「行動変容を促す」など、
素材の吟味ができていないコトバを使うことの
危うさ、弱さを認識することは、
プロのセンスをどれくらい高めることか。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16345811.jpg

能登での「リーダーシップのカタチ」の
講義の途中で、
受講者から指摘があった。

「テキスト中に『後押し型リーダー』
という表記と、
『あと押し型リーダー』
という表記法との2つのがありますが、
なにか意味がありますか」
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16352349.jpg

テキストづくりのミスである。
「あと押し型」で統一するつもりが、
1か所、「後」となっていた。
この場合、どちらでもよいが、
不統一は好ましくない。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16354977.jpg
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_1636874.jpg

横浜での「用字用語セミナー」の
1週間前に当たる、
能登での「リーダーシップのカタチセミナー」で
講師の「用字用語」の誤りを指摘する受講者の
言語センス、
あと押し型リーダーとしてのセンスのよさを感じて、うれしかった。
「あと押し型リーダー」という用字用語。_b0141773_16375157.jpg

by rocky-road | 2015-11-24 16:37  

<< 貧しき町を 通りけり ♪ 青い渚にたたずみ、いま想う ♪ >>