「用字用語」に用事があります。

「用字用語」に用事があります。_b0141773_2252816.jpg

100円ショップで、
求めている商品をフロアの店員に尋ねたら、
別のフロアに電話をして、
その商品が
別のフロアにあることを確認してくれた。
電話を切るとき、「お疲れさまです」と
相手の同僚に言って電話を切った。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2253744.jpg

「お疲れさま」の、
こうした用法の現場に居合わせたことは、
職場から離れて久しい者にとっては、
有意義な言語体験である。

「お疲れさま」は、
かつては、職場から退出する同僚に対して、
「ご苦労さま」の意味で使っていた。
「ご苦労さま」は、
目上の者が目下の者に限って使うものだ、
などという説もあって、
使いづらいところがあったのかもしれない。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2261572.jpg

インドから日本に来た人が、
「『お疲れさま』は、とてもいいコトバだから
国に帰ったらはやらせたい」と言うのを
見ていたテレビで聞いたことがある。
それがいまでは、
Eメールの件名で、
「こんにちは」に代わるあいさつ表現として
「お疲れさま」と印字するらしい。
日本人、いや「職場人間」には、
使い勝手のよいコトバなのだろう。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2263045.jpg

「ヤバイ」を
きれいな虹を見たとき、
山頂でご来光を見たときに使う人がいるとは、
人から聞いた話だが、
先日、花火大会で、
隣にいた夫婦らしき2人連れのうち、
女性のほうが、
見事な花火が上がるたびに、
「これ、ヤバ~イ」と
何回も叫ぶのを間近で聞くことができた。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22303433.jpg

この夏は、
スノーケリングによる事故が数件あった。
このニュースを伝えるニュースでは、
「シュノーケリンク」を使っていた。
1度だけ、「スノーケリング」というのを聞いて、
妙に満足した。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_227022.jpg
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2274094.jpg
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2271367.jpg

もう40年くらい前になるだろうか、
ダイビング雑誌の編集を手伝っていたころ、
誌上で用語の統一を図った。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2275936.jpg

「スキューバーダイビング」を
「スクーバーダイビング」に、
「ボンベ」を「エアタンク」に、
「シュノーケル」を「スノーケル」に、
「足ひれ」「フィン」に……などと。
しょせんは英語のカタカナ表記だから、
どれだけ原語に近いか、ということよりも、
最後は好みの問題。
が、この「好み」が厄介なのである。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2281273.jpg

私自身についていえば、
「生態観察」とか「素潜り」とかと
呼んでいたダイビング用語を、
「フィッシュウォッチング」とか
「スノーケリング」とかに言い換え、
それを専門誌で提案したり、
連載中の雑誌で書いたりもした。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2282865.jpg

のちに、海洋学者が、
「フィッシュウォッチング」というコトバを
日本で最初に使ったのは私(学者自身)だろう、
と雑誌に書いていたので、
それよりはるか前に私が提案したことを
記事を送って訂正したこともある。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2284458.jpg

その記事を、いままた
昔のスクラップブックに当たってみると、
『海の世界』(海事広報協会発行)の
1973年(昭和48年)10月号であった。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_221096.jpg
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2301189.jpg
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2305613.jpg

そのころを振り返ると、
「用字用語」は、私の昔からの関心事で、
ダイビング雑誌(『マリンダイビング』)にも
「海の動詞」(1977年5月号から)とか
「ダイビング用語笑辞典」
(1980年1月号から)とかという連載をしているし、
『栄養と料理』にも、
用語解説の記事はしばしば載せてきた。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22102488.jpg

コトバは、まず音声コトバから発達し、
だいぶ遅れて文字が生まれた。
中国から漢字が輸入されるまでは、
日本には文字はなかった。
(文字まがいのものはあっただろうが)
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2210473.jpg

漢字のおかげで、
日本人はようやく
本格的に文字を持つようになった。
中国の「殷」(いん)の国で漢字が生まれてから
およそ1500年以上もたってからのことである。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22112651.jpg

それをきっかけに、
ひらがなを考案し、
カタカナを作り出した。
そのおかげで、
世界のどんな言語でも、
カタカナで書くことができるようになったが
(原語とは大違いの発音ながら)、
書き分けのバリエーションもふえた。

日本人が文字や文章を書くとき、
その書き方(「用字」)で迷うようになったのは
3つの文字を持つことになったからであり、
それにアルファベットも採用し始めたから、
ますます頭を使うようになった。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22165067.jpg

ちなみに、本家の中国は、
表音文字を開発しなかったから、
「アメリカ」を「亜米利加」と
「マクドナルド」を「麦古唐納」と
「コカ・コーラ」を「可口可楽」と
「キャノン」を「佳能」と書くことになった。

それが不便か、そうでないかは、
表音文字を持たない中国人自身にも
わからないことだろう。
アルファベットになじんでいる中国人は、
ローマ字表記をしている、と聞いたことがある。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22162942.jpg

一方、「用語」のほうは、
国籍に関係なく、
話しコトバでも書きコトバでも
意識する必要がある。
「用語」とは、「コトバを用いること」
つまり、コトバの使い方のこと。

「きょうは、いい天気だね」というか、
「本日は、お日柄もよろしく」というかは、
その場、その雰囲気、その相手によって異なる。
「用語」つまり、使うコトバは、
100人100様(オーソドックスには百人百様)。
1人として使うコトバが同じ人はいない。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2216135.jpg

だから、
人が使っても自分は使いたくないコトバがあり、
階級意識のある地域や時代には、
自分の階級では、
使ってはならないコトバというものがあった。
たいした生まれでもないわが家でも、
親の前では「ヤバイ」や「バカ」、
「オレ」や「ベロ(舌)」「ケツ(尻)」は
使えなかった。
江戸の流れをくむ母親の影響だろう。

ローカルなコトバには、
それ相当の歴史があり、
それについて
他者に四の五のいわれる筋合いはないが、
コミュニケーション環境が広がると、
コトバもローカルからメジャーへと
バージョンアップさせざるを得なくなる。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_2216148.jpg

デジタル機器の普及が、
コトバにいっそうの共通性を
求めるようになった。
メディア関係者は、
スタート時点から共通言語を用いることを
求められるが、
デジタル機器は、
プロ、アマに関係なく、
メジャーな言語表現が求められつつある。

「食の欧米化」や「食育」、
「安心・安全」「手作りだからおいしい」
「旬の食材」「絶妙な味」などは、
「予防医学や食生活村」での
方言のようなものである。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22174122.jpg

用字用語は、
人とのコミュニケーションをスムーズにする、
ということ以前に、
自分の思考力を高め、
人格をカタチづくる。

頭をよくするのは、
微量成分であるEPAやDHAであるよりも、
個々人が持っているコトバであり、
接しているコトバであり、
使っているコトバである。
その因果関係は、はっきりしている。
「用字用語」に用事があります。_b0141773_22175340.jpg

by rocky-road | 2015-08-29 22:12  

<< 「ゼニのとれる」情報とは……。 踊らない会議。 >>