デジカメによる花火撮影法。

b0141773_23525748.jpg

久々に花火を
かぶりつきのような場所から撮った。
早い者順のスペースとは別に、
有料席が設けられていて、
庶民の娯楽とばかりはいえない花火見物。
文字どおり「高値の花」のポジションもある。
b0141773_23532444.jpg

これまでは、フィルム撮影だったので、
カメラを三脚に固定する必要があり、
その場所を確保するために、
夕方7時の打ち上げのために
午前7時に場所取りをする人も珍しくなかった。
b0141773_23541428.jpg

普通に見物する場合は、
前日からブルーシートなどを敷いて
場所取りをしたりするが、
芝生を傷めるとか、
境界線を巡って領土紛争が起こるとか、
主催者を悩ませているらしい。
b0141773_23543730.jpg

デジタルのコンパクトカメラで
しっかり撮ったのは2回目くらいだが、
フィルムに比べてだいぶ楽に撮影ができる。
まず、三脚がいらない。
手持ちで充分。
ただし、多重露光ができないので
1画面に何輪もの花火を写し込むことはできない。
(やればできる機種もある)
b0141773_23563617.jpg

「多重露光」とは、
2~3秒のスローシャッターにして、
その間に画面に入る花火を露光する。
構図は花火任せなのだが、
事前に絵を予想して待機する楽しみがある。

以下、デジタルコンパクトカメラでの
撮影の基本をあげておこう。
b0141773_2357751.jpg

①ホワイトバランスはオートに。
②シャッタースピードは「400分の1」に。
③フォーカスはマニュアルとし、
 無限大(∞ 最遠距離)に設定する。
 いわば「置きピン」である。
 こうしておけば、
 花火がどこにあがっても
 だいたいピントは合う。
④ズームは、撮影地の条件に合わせて、
 好ましい構図を決める。
b0141773_23574172.jpg

花火そのものをアップでだけ撮っても
さほどおもしろくない。
花の撮影でもよく言うことだが、
旅行先で花を撮る場合、
その地の状況をも表現したい。
アップの向こうに風景が広がる、
というような絵づくりをする。

花火の場合、水辺が多いので、
水面の反射などを入れると風情が出る。
b0141773_2358396.jpg

昔は、きれいな花火があがると
「たまや~」などと叫んだが、
撮影中は、感動は心で受け止めて、
無言でひたすらにシャッターチャンスを狙う。
同行者は、
そのへんのことがわかってくれる人でありたい。
少なくとも本気で花火を撮るなら、
打ちあげ最中にビールを飲んだり、
唐揚げを食べたりしているわけにはいかない。

以前、カリフォルニアのモントレーで
花火大会を見たとき、
ほとんどの人が立ち見で、
BGMにグレンミラーの曲が
流れていたのを思い出した。
花火そのものよりも、
おしゃべりをしたり、
曲を聴いたりしながら、花火「も」見る、
そういう感じである。
b0141773_001288.jpg

それに比べると、
日本ではますます花火が
ショーとして、高いポジションを得るように
なっているのがわかる。
もっとも、
BGMにポップ調の曲が流れるのを耳にしたのは、
特等席のせいかもしれない。
b0141773_005328.jpg

スポンサーとなってくれた組織の
紹介アナウンスがあり、
そのあと、花火、音楽、
そしてまた協賛スポンサーの紹介。
適度に間ができる、
休みなく、尺玉が連打される、
豪華絢爛な花火大会の時代ではなくなったのか。
これも、「身の丈に合った」
花火ショーということなのかもしれない。

最後に「置きピン」の補足をしておこう。
カメラフレームに飛び込んでくるモノを撮る場合、
いちいちピントを合わせているヒマはない。
ランナー、乗り物、動物など。
画角を先に決め、一定の場所にピントをセットし、
その距離、その位置に被写体が入ってきたら
シャッターを切る。
b0141773_23594765.jpg

液晶表示画面は「クイック」にしておかないと、
次々にシャッターを切れない。
確認画面がいつまでも出ていたのでは
仕事にならない。
b0141773_011793.jpg
b0141773_023291.jpg
b0141773_025775.jpg

花火の場合、距離は最長(無限大)。
この条件は、ずいぶん楽だ。
ただ、瞬時に消える花火のこと、
シャッターを切ったときには
最初の明るさ、大きさが失われつつあることも。
そこで、前の花火の明るいところに露出を合わせ、
シャッターを半押ししたまま、
次の花火を待つ。
開いた瞬間、というより、
開く直前にシャッターを切ると、
全開の花火が撮れる。
b0141773_033574.jpg
b0141773_034697.jpg

この夏、いつか、どこかで出会う
花火のために、心の準備をしておいては?
b0141773_04188.jpg

by rocky-road | 2015-08-06 00:04  

<< 「和食」としての市民権。 からだによくないコトバ。 >>