カタカナ語は日本語である。

カタカナ語は日本語である。_b0141773_2344173.jpg

戦後70年の国語の歴史を振り返ると、
各界の専門家が
諸外国の用語を積極的に使用しようとするのに対して、
そういう動きを阻止したいとする
世論との対立があった。
それが60年くらいは続いた。
こういう経緯があったことは
記憶しておいてよいだろう。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23444513.jpg

「コミュニケーション」や「パトカー」(和製)、
スポーツや音楽(ジャズなど)用語などは
すんなりと受け入れたのに、
「アストリゼントローション」とか
「プレタ・ポルタ」とか「デミグラスソース」とかの
化粧、ファッション、料理用語などについては、
抵抗が多く、新聞の投書欄には、
しばしば「わざわざ外国語を使う必要はない」
などの声が、ぼぼ定期的に掲載された。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23454474.jpg

それも今は昔の物語で、
いまや「アーカイブ」や「セクシャルハラスメント」
「タクスフォース」「ノーマライゼーション」などに
目くじらを立てる人は少なくなった。
カタカナ語に過剰反応していたら、
「インターネット」も「データベース」も、
「パソコン」(パーソナルコンピューター)も
「アプリ」も使えなくなってしまう。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23462314.jpg

言語センスを持ち合わせている人は、
先人たちが「カタカナ」という表音文字を
考案しておいてくれたことに
深く感謝することである。
もちろん、その前に漢字にも感謝すべきだが。
ともあれ、
カタカナで書いたコトバは、
その瞬間、
日本語として登録されたことになる。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_2346418.jpg

「バイオリン」か「ヴァイオリン」か、
「パーテー」か「パーティー」か、
そんなことはどうでもよろしい。
原語の意味は大事にしたいが、
日本語の発音が、英語に近いか、近くないか、
そんなことは大きな問題ではない。
日本語は日本語であって、
どこかの国におうかがいを立てる筋合いはないし、
遠慮する必要もない。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23471057.jpg

ところで、
健康支援者のあいだで長らく使われきた
「ヘルスプロモーション」というコトバ、
WHOが提言してから30年近くたっているのに、
いまひとつ定着度が悪い。
日本ヘルスプロモーション学会は、
WHOの定義として次の文章を掲げている。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23473038.jpg
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23474511.jpg
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23475713.jpg

「ヘルスプロモーションとは、
WHO(世界保健機関)が1986年の
オタワ憲章において提唱した
新しい健康観に基づく21世紀の健康戦略で、
『人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、
改善することができるようにするプロセス』と定義されています。
「すべての人びとがあらゆる生活舞台-労働・学習・
余暇そして愛の場-で健康を享受することのできる
公正な社会の創造」を健康づくり戦略の目標としています。」
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23481550.jpg
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23484550.jpg

意味はなんとなくわかるが、歯切れが悪い。
さらに、「プロモーション」(促進)といっても、
だれが、何をすればよいのかが、いまひとつわからない。
文字どおりに解釈すれば、
要は「健康は自己管理」である。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23485948.jpg

これでは「プロモーション」の主体がない。
スケールが大きいから、
国が主役にならざるを得ないのだろうが、
それとても、最終的には個々の自覚が必要。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23492235.jpg

主役が不確かなコトバは、動かない。
「ヘルスプロモーション」を日本語として動かすには、
意訳をして、日本語として定着させる必要がある。
その案の1つは、
すでにこのページでも書いたが、
「健康の社会教育」である。
「ヘルスプロモーション」とは、
「健康の社会教育」であり、
その推進は、国、行政、
そして健康支援者がその推進役。
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23494222.jpg

このへんの考え方については、
5月9日(土)に女子栄養大学で行なわれるセミナー、
6月6日(土)に、横浜で行なわれる
パルマローザ・ブラッシュアップセミナーで
ご披露したいと思っている。
(詳細は以下のアドレスを参照)
http://www.palmarosa.jp/circle/event/index.html
カタカナ語は日本語である。_b0141773_23495473.jpg

健康支援者が、
なぜ「メディア力」をつけなければならないのか、
その理由の説明ができると思う。
「メディア力」とは、
言い換えれば、非対面コミュニケーション力、
1対複数コミュニケーション力のことである。
もっとはっきりいえば、
文章力、パソコン力、講話力などなどである。

by rocky-road | 2015-04-15 23:50  

<< 「日常」を「情報化」するとは。 こんにちは……? こんばんは……? >>