波静かなビーチサイドで。

b0141773_21242864.jpg

過日、出版社の人から、
食用魚の水中写真の持ち合わせはないか、
あるいは、ストックしている人を知らないか、
という問い合わせを受けた。
b0141773_21254811.jpg

こういうニーズは、
食生活雑誌の編集者時代から
私自身にも何度かあって、
そのたびに残念な思いをした。
水中写真を趣味としている者が、
さかな関係の協会に
ニシンやサンマの写真を借りに行くのは
なんとも不甲斐ないものであった。
b0141773_2126954.jpg

レクリエーションダイビングは、
暖かく、透明度のよい海、
海洋生物の濃密な海をフィールドにするので、
北の海や湖は、あまりうれしくない。
それではいけないと、
北海道やカナダ、カリフォルニアなどの海に
入ってみたが、
水が冷たいのと、魚が少ないので、
何回も潜りたいとは思わなかった。
b0141773_21262490.jpg

ある魚類学者は、
日本の場合、北の海の魚介類の量と
南の海の魚介類の量とを
トン数で比較すれば、
そうは違わないだろう、と言っていた。
b0141773_2126534.jpg

北の海は、1種の魚の量をトン数で稼ぐ、
南の海は、多種多様の質で稼ぐ、と。
サンマやシシャモ、ニシンなどは、
ものすごい大群で泳ぐ。
種類は少ないが、数が多い。
そういう大群は岸近くの
狭いエリアには入って来られない。
だから、レクリエーションダイバーの
被写体にはなりにくい。
b0141773_2127256.jpg

一方、南の海の魚は、種類がいかにも多い。
それが海を輝かせる。
かつて、沖縄の海事情を
「魚類図鑑のページをばらしたような海」
と表現したことがある。
b0141773_21272942.jpg
b0141773_21274494.jpg
b0141773_2128752.jpg

太平洋と日本海との違いも、
ややこれに似たところがある。
太平洋の魚は、動きがいかにもアクティブ。
そもそも海自体が動いている。
ベタなぎの状態でも、黒潮が近くを流れている。
b0141773_21282935.jpg
b0141773_21291653.jpg

日本海は、少なくとも冬以外は、
穏やかで、ダイビングに適している。
が、その穏やかさに不満を感じるダイバーもいる。
日本海で見られるタイやメバルは、
いかにもじっとしていておとなしい。
伊豆あたりにもメバルはいるが、
目の張りに勢いがあり、
日本海のものより動きがある。
b0141773_21293672.jpg

どんな世界にも動と静、陰と陽の対比がある。
それはつり合いだから、
どちらがよくて、どちらがよくない、
という問題ではない。
太平洋がロックなら、
日本海はバラードという感じか。

浦島太郎に出てくる竜宮城は、
もし、この昔話が純日本製であるならば、
日本海の海底にあったことだろう。
「タイやヒラメの舞い踊り」というフレーズからは
太平洋は想定しにくい。
b0141773_21535614.jpg

とはいっても、
タイやヒラメは、舞い踊りなどしない。
海藻の中にじっとしていたり、
砂地に這いつくばっていたりする。
はしたなく、舞い踊るのは、
アジやイワシ、タカベなどの回遊魚や
サンゴに群がるスズメダイなどだろう。
b0141773_21304373.jpg

インサートカットもなく(わかる人にはわかる)
とつぜん、陸の話になるが、
能登と広島で定期的に文章・編集塾を
開講するようになって、
いままで見てこなかった海と
向き合うことが多くなった。
b0141773_21533072.jpg

能登は内海、広島も内海。
ベタなぎのような海が眼前に広がる。
そんな海にも潜ってみたいと思うが、
南の海で感じる、せかされるような躍動感はない。
ゆっくりと人生について考えてみたい、
心身を癒されたい、
そんな境地になる海である。

こういう海の魅力を伝える水中写真の表現力は
まだ多くの水中カメラマンにはない。
穏やかな、哲学するのに向く海を
コトバで伝える表現力も、
まだ多くのダイバーにはない。

ダイビング雑誌などは、
そういう文化を育てていく責務がある。
私は、「海を語る語り口」の開発に長年携わってきたが、
ダイビング雑誌のほうの意識はいまいちで、
まだ、水中を魅力的に語る話術や文章力が
ダイバーの共有スキルにはなっていない。

ともあれ、
穏やかな海を見ている人は、
穏やかなメッセージを受け続けているうちに、
少なくとも動きの大きい海辺の人よりも
穏やか度は違うかもしれない。
静かな海を見ている人の気性に
タイやメバルを感じる(顔のことではない!!)。
b0141773_21343076.jpg

「それをいうなら、
湖の湖畔に住んでいる人は穏やかかね?」
と突っ込まれるかもしれない。
そうしたら、こう反論する。
「湖が穏やかだなんて、だれが言った?
浜名湖にしろ琵琶湖にしろ、
けっこう波立っているぜ」
b0141773_21335917.jpg

自然環境と人間の感性や知性との関係を
検証するエビデンスは少ないから、
現時点では仮説以前の話である。
b0141773_21324145.jpg

が、文章力、編集力との関係は、
ひょっとすると、
ある種の傾向は出るかもしれない。
あと10年くらい
私が現役であるならば、の話だが。
b0141773_21321951.jpg

by rocky-road | 2015-03-15 22:12  

<< NHKに「食ジム」 栄養士の「やさしさ」とは……。  >>