栄養士の「やさしさ」とは……。 

栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22432456.jpg

ロッコム文章・編集塾/能登教室の第5回が終わった。
(2015年3月1日、石川県七尾市、千寿苑研修室)
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22434922.jpg

プログラムは、以下のとおり。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_2244618.jpg

1.宿題発表
  読売新聞人生案内にあった
  「妻にやせてほしい」という夫からの
  相談と回答記事について考える出題。
  「あなたならどう答えるか」

2.スピーチのスキルアップ。(前回の続き)

3.「戦場」としての会議。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22443545.jpg

宿題発表は全員にしていただいた。
50歳代後半の夫が、
妻の肥満と、高めの血圧を気づかって
すでに20年間、減量を促してきたが、
効果があがらなかった、
どうすればよいのか、という相談である。

予想どおり、回答の大半は
「いっしょにウォーキングをしては?」
「よく話し合って」「食事や間食を見直してみては?」
という、今後も夫主導で大同小異のサポートを
してゆくようにすすめる回答だった。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22464249.jpg

多くの回答の基調は、
「話し合って」であり、
夫の協力を前提にした提案になっていることであり、
「妻にやせてほしい」という夫の願望や心理を
洞察することなく、
常識的なウエートコントロール手法を
示すというものである。

ただ1人、「別れましょう」と
「過激」な提案から始まる人の回答には、
ユニークな視点があった。
たまたま最初の回答者だったために、
いきなりの「別れましょう」にはどよめいた。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_2247777.jpg

この人の着眼は、
「妻にとってあなた(夫)は
ストレスの対象かもしれません」
「あなたは自分の価値観を妻に押しつけて
いるのではありませんか」
「あなたは方法を間違えたのです。
『妻に運動させるために健康器具を買った』
『妻に運動をさせるために(食事の)後片づけを
自分がした』と、あなたの行動は
『妻に運動させるために』が根底にあります」
という点で、本質をついている。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22494526.jpg

まさに、妻の上に君臨するために、
「やせさせる」をカードに使っている気配がある。
さらに、その不満を新聞に投稿して訴える……、
妻の肥満を大衆に売り渡すとは、
とんでもない裏切りであり、
その愛情も疑われるイヤな奴である。

人間論的に見れば、
まさしく過干渉であり、偏執的である。
妻を責めることを趣味にしているのではないか、
とさえ思える事例である。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_2250995.jpg

そこまで悪人視しないまでも、
「妻は食後はテレビを見ている」そうだから、
もともとつまらない夫で、
妻としては、テレビでも見ていなければ、
間か持たない、という面もあるのだろう。

しかし、栄養士さんの回答は温かい。
「一緒に歩くようにしては?」
「本人の習慣や意識を変えていくことが必要」
「明るい朝のあいさつから始めては?」
などなど。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22504051.jpg

性善説ならぬ「夫婦円満説」に立つせいか、
どこまでも楽天的。
それがプロ意識なのだろうか。
「とても奥さん思いのご主人ですね」
「女性として奥様をうらやましく思います」
「奥様思いのご主人と、
やせたい気持ちがおありの奥さまなら
(医師などの相談を受ければ)、
減量は可能であると思います」
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_2251018.jpg

質問者の夫を「妻思い」「やさしい」と見ようとする、
栄養士自身の「やさしさ」または「甘さ」は、
職業的良心ともいえる。
「やさしい夫」を前提にするために、
20年間も減量支援を続けたにもかかわらず、
期待する効果が得られなかった、
という事実と意味には目を向けようとしない。
この傾向を、
私は「リアリティ不足」と指摘した。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22511918.jpg

やさしさは、
かならずしも「よい」結果を生むとは限らない。
やさしさを装うと、さらに結果は悪くなる。
やさしさを自己アピール術として使ってはいけない。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22515235.jpg

「別れましょう」と、
高らかに提案した人でさえ、
「妻に運動してもらいたいのであれば、
自分が進んで運動し、運動することを楽しんでください」と
妻へのウエートコントロール支援に
肯定的な結論に落着する。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22521332.jpg

妻をやせさせるために、
夫が自ら運動を始める、
という献身を、過去20年間、
一度も試みなかった意味をどう理解すればよいのか。
そういうアイディが浮かばなかったのだろうか。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_2256289.jpg

行動療法であれば、
やせる動機の弱い妻に対しては、
「準備性」を高めることから始めるだろう。
その前提として、
夫婦へのカウンセリングから始めることだろう。
いずれにしろ、この場合、
サポーター役は夫がもっとも不適任だろう。

妻の肥満で訴えられる夫はないだろうが、
妻に減量を迫って虐待扱いされる夫は
どこかにありそうだし、
いずれ、あるかもしれない。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22562667.jpg

栄養士に性悪説を勧める気はないが、
人間考察に
もう少しリアリティがほしいと思う。
ウエートコントロールは
メルヘンチックにはいかないものである。

さて、
講義の1つは、「戦場としての会議。」
ここには充分に時間をかけられた。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_23251755.jpg
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22564777.jpg

日本では、
多くの場合、会議は男性主導、
上長主導で進められる。
男女参画社会を希求するのであれば、
女性、および会議に消極的な人は、
平和的、合法的戦いの場である会議を
あえて「戦場」と位置づけ、
真正面から取り組むことをすすめる講義であった。

この程度の戦いに積極的に参加できないようでは、
人生という長期戦に耐えるための
最低限の気力も体力も
養うことができないだろう。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22572133.jpg

ところで、
能登教室も5回目を数え、
質疑の多い双方向性のある授業が
進められるようになった。
講義中にも手があがり、
問いかけがある。

受講者が参加してくれるので、
立体感のある講義ができるようになった。
聞くところによると、
アメリカの学生は、
そんな受講姿勢をとるという。
栄養士の「やさしさ」とは……。 _b0141773_22574148.jpg

1つには、「食ジム」参加者が
学びをおもしろくする進行法を
採り入れてくれているからだろう。
今後は、タイムスケジュールとして、
質疑や討論を想定したものにしていきたい。

by rocky-road | 2015-03-03 22:57  

<< 波静かなビーチサイドで。 粋な出会い。 >>