「用字用語」磨きに、ご用事ありませんか。

b0141773_16444136.jpg

新春セミナーでの演題、
「『用字用語』から考える
健康・食情報の鮮度と信頼性」を
受講していただいた方からは、
刺激を受けたというお声をいただいた。
健康支援者にとって、
かならずしも退屈な話ではなかったとすれば、
少しは安堵できる。
b0141773_16532945.jpg

いくつかの感想をうかがって、
少し補足をしておく必要があることを感じた。
「用字用語」という熟語は
一般的には、
原稿執筆やビジネス文書作成にかかわるもので、
書きコトバに伴う問題と思われている。
b0141773_16451599.jpg

確かに、「用字」については、
ほとんど書きコトバの世界のものである。
が、それでも、
「カイセキ料理の料理人です」などというとき、
「『ふところ石』(懐石料理)ではなくて、
『会う席』(会席料理)のほうですが……」
などと会話をすることがある。
b0141773_16453858.jpg

あるいは、
「ヒロミさんは、どんな字を書くのですか」と
聞いておくと、名を忘れにくくなる。
「博士が美しい(博美)ね」と。
(スマホ時代のこと、
こういう言い方が通じにくくはなってはいるが)
b0141773_18162964.jpg

スピーチや講義、講演のときなども、
使うコトバの用字を口で示すか、
板書するほうが、わかりやすくなるし、
誤解を防ぐことにもなる。
b0141773_16461773.jpg

「きょう、お話するのは用字用語についてですが、
デジタル機器で入力すると『幼児用語』と
変換される場合がありますので、
気をつけてください」などと。
b0141773_1647993.jpg

ついでにいえば、
わがロッコム文章・編集塾の宿題の課題で、
全部カタカナ表記されている
「用字用語」に関する文章を
「漢字まじりのひらがな文(通常の文章)に
リライト(書き直す)しなさい」
という問題を出したら、
手書きであるにもかかわらず、
「用事用語」と誤記する人がおり、
なかには、タイトルを含め、
何回か出てくる「用字用語」を
すべて「用事用語」とした人がいたのには驚いた。

発話表現に戻るが、
電話で聞き取りにくいコトバを伝えるときなど、
「エジプトの『エ』、キューバの『キ』
ユダヤの『ユ』の小文字、
次は音引き、そしてトルコの『ト』、
『エキュート』、わかった?」
b0141773_16473311.jpg

かくのごとしで、
用字は、発話表現のときにも、
まったく無縁のものとまではいえない。
というより、用字に言及したほうが、
言語センスがいい、聞き手にやさしい、
という評価を受けることにもなる。

「用語」のほうは、
もっと、人と一体化している。
知的生物にとっての用語は
からだの一部といってもよいくらいである。
コトバを持たなければ
社会参加はできないし、
参加した場合でも、
使うコトバ、つまり用語の仕方で、
その人の社会的ポジションが決まったりする。
b0141773_16475021.jpg

健康や病気、幸福や理念、
ライフスタイルや人生、
「おいしい(「美味しい」ではない)や
「かわいい」というコトバを知らない人とは
人間的なつき合いはしにくい。

新春セミナーでは、
「用語は自己認識にかかわる」
と話したが、
食べ物や料理がおいしいのは、
「おいしい」というコトバを知っているからである。
おいしい料理が先にあるのではなく、
「おいしい」というコトバが先、
味は、そのコトバのあとについてくる。
b0141773_1648798.jpg

外食は好ましくない、と思っている栄養士は、
100人中、99人が「おいしい」という
外食料理にも首をかしげる。
「おいしい」という用語法を知らないから、
おいしさを感じられないのである。
おいしさは、生理的には舌で感知するが、
心理的には、コトバによって感じる。
用語は自己認識にかかわるとは、
このことである。

政治家の発言を聞いていると、
「しっかり」というコトバが連発される。
これは、いわばタコの墨、煙幕である。
具体策がまとまっていない状態のとき、
「しっかりやる」といって、
その場を繕うのである。
これが、自己認識のあいまいな状態である。
b0141773_16482476.jpg

そのコトバの頻度が
野党側に圧倒的に高いのは、
政権を持っていないがゆえに、
具体策を発案し、政策化し、
提示することができないから、
「しっかり」を連発して、
やる気だけをアピールするのである。

どんなによいコトバでも、
1つを飽きずに使っていると
バカに見えてくるのは、
実はほんとうにバカだからである。
b0141773_16483896.jpg

ここでいうバカとは、
それを口にすることによって
自分を偉そうに見せたり、
世の中の動きに
ピタリとついているるかのように
装っていることが
相手に見透かされている、
そのことに気がつかないほどに
鈍感だからである。

「しっかり」を連発する政治家、
「安心・安全」を口にする食関係者や組織人、
「アンチエージング」や「遺伝子」を
健康法として口にする医師は、
ほぼバカと思っていいだろう。
b0141773_1649542.jpg

リアリティのないコトバを使う者は、
一種のウソつきで、
そのウソに自分自身がひっかかって、
モノの見方、考え方にウソが多くなる。

NHKがよく使う「注目を集める」や
「警察は慎重に捜査を進めている」
「ウクライナ情勢はますます不透明感を
深めている」などの文学的用語も、
ニュースなどで頻発すると
ウソっぽくなってくる。

海外のどこかの海岸では
ペンギンが道路や街の中を横切る。
これをニュースにするとき、
「注目を集めている」といったら
ウソである。
b0141773_18195015.jpg

「集める」は他動詞、文法的には
「ペンギンが人の視線を集めている」のように使うが、
ペンギンには、人の視線を集める意図はない。
正確には「集まっている」のように
自動詞で表現すべきである。
「集めている」は誤表現か、
虚報である。

それに、
「注目」は視線を注ぐことだから、
「注目される」で充分。
「注目を集める」は二重表現で、
軽薄さにおバカが加わる。
b0141773_18201171.jpg

放送局は誇張表現をして
注意を引こうとするから、
「注目を集め」たくなるのである。

ニュースなどでは、
警察は、いつも「慎重に」捜査を進めているが、
「慎重」に進めないこともあるのか。
サツ回りの記者が警察関係者に取材するとき、
警察側は、そのつど「慎重に進めています」
などというはずはない。

だれも発言していないのに、
「慎重に捜査を進めている」というのは
推測または創作を含む虚報ということになる。
b0141773_198547.jpg

「慎重に」は、
いつのまにか、
「捜査」や「検討」にかかる枕詞となった。
枕詞は、文学作品としては認められているが、
ニュース報道で使うと創作的になり、
小さな(?)ウソになる。

「ニュースも一種の商品だから、
誇張や装飾もある」
という大人の対応もあるかもしれないが、
公共放送でよく使うコトバは、
いつの間にか国語としての権利を得て、
それが一般化してしまう。

くれぐれも、
こういう用語に感染しないように
注意したい。
b0141773_18212792.jpg

「ウクライナ情勢の不透明」も、
見通せない状態の比喩表現である。
先行きを見通せない、
またはその状態を表現できない
プロフェッショナルの怠慢、
またはボキャ貧、
さらにはニュースの文学表現化である。

注意すべきことのもう1つは、
新春セミナーの副作用として、
「これからは用語に気をつけて話したり
書いたりしたい」という発言者がふえたこと。
心がけとしてはよいが、
うっかりすると「しっかり型」になる。
b0141773_18242017.jpg

それはそうだ。
人との話し合いのとき、
連続して発話される
コトバの1つ1つに
留意するなんていうことは
実際には、できるわけはない。

できるはずのないことを心に誓うのは、
用字用語論が身についていない可能性があり、
思考がおバカ化している証拠である。
ではどうすればよいのか。
b0141773_18244360.jpg

楽屋裏でトレーニングをすることである。
楽屋とは、
この場合、日記である。
気になるコトバ、気に入ったコトバ、
新しく覚えたコトバを
使ってみることである。

数回使っているうちに、
次第に身についてくる。
つまり、日記は、
言語生活のトレーニンググラウンドである。
b0141773_18245987.jpg

ロッコム文章・編集塾の塾生は、
もう1つ、
「宿題」というトレーニンググラウンドがある。
この場合には、
用語の適・不適の評価を
そのつど受けることができる。

by rocky-road | 2015-01-28 16:50  

<< ライフスタイルを納めるバッグ。 「くだもの」と書く人、「果物」... >>