「くだもの」と書く人、「果物」と書く人。

b0141773_22241919.jpg

1月11日(日)は、
恒例のパルマローザの新春セミナーで
「『用字用語』から考える
健康・食情報の鮮度と信頼性」という演題で
丸1日かけて講義を行なった。
b0141773_0284196.jpg
b0141773_22244417.jpg

けっして柔らかいテーマではないが、
健康支援者に対して、
こういうタイトルの講演が成立することに
日本人として誇りと喜びを感じた。
b0141773_22254282.jpg

と同時に、
こういうタイトルにもかかわらず、
各地から、栄養士や健康支援者が
集まってくださったことに
感謝しつつも、
日本の健康事情に深い安堵を感じた。
b0141773_22272984.jpg
b0141773_22314528.jpg

「用字用語」という熟語は
まだ一般的なものとはいえない。
おもに編集用語であり、   
ときにビジネスレターマニュアルで
使われるコトバである。
b0141773_0451726.jpg
b0141773_2228668.jpg

意外に思われるだろうが、
国語学や文章論、
あるいはコミュニケーション力研修でも
真正面から取り上げられることの少ないテーマである。
b0141773_22284010.jpg

「文章をすらすら書けるようになりたい」
「うまく書けるようになりたい」
という人は多いが、
「これから書く文章に
最適な用語を使えるようになりたい。
最適な用字をしたい」という人はまずいない。
「語彙をふやしたい」
「ボキャ貧から脱皮したい」というのとは少し違う。
b0141773_22322191.jpg

文章は、情報を印象的に伝える手段だが、
その情報は、
コトバの1つ1つに分けて載せられて運ばれる。
用語が適切でないと、
質のよい文章はできない。
つまり、印象的な情報伝達はできない。
b0141773_0274830.jpg

この点は、料理と似ている。
素材の鮮度が落ちていたり、
その料理に合っていない素材であれば、
名人をもってしても、
食べる人をうならせるような料理は作りにくい。
b0141773_2233270.jpg

いやいや、
そんなピンチを切り抜けるのが
料理名人なのかもしれない。
b0141773_029686.jpg

だが、文章はそうはいかない。
料理に厳しい人の数と、
文章に厳しい人の数とを
比べたとき、どちらが多いだろうか。
b0141773_22332511.jpg

たぶん、料理に厳しい人のほうが、
文章に厳しい人よりもずっと多いことだろう。
年賀状の文面とか、
メールの文面とかについて、
いちいち評価したり論評したりする人は、
そんなに多いとは思えない。
b0141773_0293143.jpg

がしかし、
素材選び(用語選び)が適切でない文章は
料理のカタチは整えていても、
相手に伝わるものが少ない、という点では、
料理以上に結果がはっきり出る。
b0141773_22421743.jpg

みんなが使い古したコトバを多用した文章は、
新味がなく、したがって
言わんとすることにも新味がない。
あってもなくてもいいような文章、
世の中は、そういう文章であふれている。
b0141773_030591.jpg

今回のセミナーでは、
文章の綴り方ではなく、
文章の素材である用字用語を見直すことで、
文章、および発話表現の質を
高める方法を提案した。
b0141773_22341061.jpg

健康支援者についていえば、
「健康」「生活習慣」「ライフスタイル」
「モチベーション」「食育」「食事力」
「食文化」「和食」「食の意味」などのコトバを
その意味を正しく理解して使うことの意味を示した。
b0141773_039364.jpg

また、
普段使うことの多いコトバ、
「アンチエージング」「胃を休める」
「消化のよい食材」「食の欧米化」
「薬膳」「野菜ソムリエ」「ダイエット」
などの不用意な使い方は、
健康情報や食情報の正確さ、
そして鮮度を下げる可能性があることを指摘した。
b0141773_22391367.jpg

用字については、
当て字の無制限な使用は、
文章を重くするし、
見かけの鮮度を落とすということを話した。
b0141773_038264.jpg

「小豆」も「果物」も、「今日」も「明日」も
「秋刀魚」も「八百屋」も当て字だが、
パソコンは、
あるべき国語の提案をする機械ではないから、
かまわず漢字変換してくる。
b0141773_03808.jpg
b0141773_039185.jpg
b0141773_0412385.jpg

日本人は、漢字をベースにして、
カタカナ、ひらがなを考案した。
そういうことをするから、
日本語と漢字とをチャンポンに使うようになり、
書くのに手間暇がかかるようになった……、
そいう論も成り立つが、
大きなメリットもある。
b0141773_037136.jpg

ひらがなやカタカナは、
大和コトバの表現を多く残すこともできた。
というより、
先人たちは、
日本流の表現をするために
ひらがなやカタカナを考案した。
b0141773_0372147.jpg

漢字まじりひらがな文は、
日本人の思考力を強化し、
コミュニケーション力を強化することになった。

相手によって巧みに使い分ける必要があるが、
それは混乱を招くのではなく、
知恵をつけ、表現力に多様性をもたらす。
b0141773_22482242.jpg

「サンマ」と書くか「秋刀魚」と書くか、
「おいしい」と書くか「美味しい」と書くか、
「くだもの」と書くか「果物」と書くかは、
時と場合で異なる。
それを判断することは、
相手を洞察することに通じ、
文章を磨くことに通じる。

読み手、話題、用途、分量などを勘案して
最適な表記法を選ぶ。
それは高い感性と知性を駆使する機会。
b0141773_22463463.jpg

その判断をパソコンに任せてしまうのは、
自分の感性や思考力などを
パソコンに丸投げすることにほかならない。
そんな文章からは、
芯のある思想は生まれない。
b0141773_0425373.jpg

健康支援者は、多かれ少なかれ
ヘルスプロモーション(社会の健康度をあげる諸行動)の
要素を持つことになるが、
読み手のモチベーションを高めるのは、
整った文章であり、
ときに美しい文章表現である。

美しくない文章は、
美しい行動への動機にはなりにくい。
b0141773_2241913.jpg

セミナーの効果がすぐに現われるとは思っていない。
が、少なくとも、
「早速」と書く人、「有難う」と書く人、
パソコンで「件名」を書かない人、
などなどの割合は、
少しずつ減ってくるのではないだろうか。
b0141773_22412035.jpg

by rocky-road | 2015-01-14 23:03  

<< 「用字用語」磨きに、ご用事あり... 長寿国にとってのお正月。 >>