句読点が勝った。  !!!!

句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22401033.jpg

塾生Sさんの旦那さんが急逝した。
まだ若いし、結婚してわずか数年という死。
そのショックは測り知れない。
そんなパニック状況の中でも、
通夜や葬儀、諸届、住居のこと、
親戚縁者との話し合いなど、
いろいろの事後処理がある。

あれこれに忙殺される中の1つには、
小さなことだが避けられない会葬礼状の作成がある。
そんなことまで手が回らない遺族がほとんどなので、
葬儀関係のことは専門業者が
一手に引き受けることになる。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22403576.jpg

冠婚葬祭に関する文章もその1つだが、
所詮は文章表現に関しては素人。
そのためなのか、
どこかで怪しい玄人のアドバイスがあったためなのか、
句読点を打たない、という慣習が
業者主導で定着した。

インターネットで検索すると、
喪中のあいさつ、年賀状の文例、
印刷引き受けのサイトなどが次々に出てくる。
そのほとんどの文例には
句読点が打ってない。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_2241149.jpg

塾生のSさんは、
会葬礼状を発注するとき、
「句読点は入れてください」と指示した。
が、悲しいかな、時代は変わっていて、
この種の文章の専門家は、
発注者ではなく、請負業者へと移っていた。
当然、「そういう例はない。入れないのが一般」
と異論を説かれた。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22414093.jpg

夫の死後の半パニック状態であったこともあって、
「とにかく入れてください」と
Sさんは、叫ぶように言った。
その剣幕に押されたのか、
「私たちはお客様のご意向に沿うのが当たり前」
と受け入れてくれた。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_2242222.jpg

ほんの数年前、
結婚式の報告ハガキを注文するときには
「句読点を入れると縁が切れると言われています」
とかなんとか言われて、
引き下がるしかなかった。

ロッコム文章・編集塾に通っていて、
補助符号の元研究者から講義を受けてはいても、
句読点省きが一般化しきった現状では、
いかに注文主の意向を通すのが大変か、
そのことを、私は事あるごとに話題にした。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22422776.jpg

それを何回も聞かされてきたSさんは、
「今度ばかりは……!!!」と、
一歩も引き下がらなかった。

「強調の心理」「小説での補助符号」
「新体詩の補助符号」「広告の補助符号」など、
補助符号に関する研究をしてきた者からすると、
Sさんの一件は歴史的事件であり、
心情を加えれば、歴史的快挙である。
(補助符号=句読点、!、?、「」などの総称)
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22424310.jpg

日本人は漢文輸入の時代はもちろん、
カタカナ、ひらがなを使い始めてからも、
およそ千年近くも、
文章表現に補助符号を使うことはなかった。
木版から西洋式の印刷機へと複製技術が発達し、
マスメディア化が進んでも、
句読点は使わなかった。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_2243157.jpg

補助符号のうちでも傍点(ぼうてん)、
縦書きなら文字の脇に打つ○や●、△は、
明治時代から頻繁に使われてきた。
それに対して、
小説や一部の詩には句読点が意識的に使われた。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22432732.jpg

『金色夜叉』の文例を。
 (尾崎紅葉 作。明治30年から5年間、読売新聞に連載)

  「金剛石!」(原文は縦書き。「ダイヤモンド」とルビ)
  「うむ、金剛石だ。」
  「金剛石??」
  「成程 金剛石!」

  (別の部分で)
  「貫一さん、貴方は私を見殺しになさるのですか。
  奈何でも此女の手に掛けて殺すのですか!
  私は命は惜しくはないが、此女に殺されるのは悔しい!
  悔しい!! 私は悔しい!!!」
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22435351.jpg

句読点そのものは、
漢文を読みやすくするために考案したものだが、
漢字まじりのひらがな文に使われ始めるのは
明治43年の国定教科書に使う基準として
「句読法」が定められてから。

しかし、一般人は、
手紙などにはほとんど句読点を使わず、
新聞も、一般的な記事は
ほとんど句読点なして文章を書いてきた。

終戦によって、
コミュニケーション活動をするときに
貧富や教養の差が出るのは好ましくない、
というアメリカ型の民主主義的発想から、
積極的に使われるようになった。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_2245869.jpg

その第1の目的は、
読みやすさに配慮し、誤読の防止にあった。
「家にはいらない」は
「家に、はいらない」と
「家には、いらない」とでは意味が異なる。

大橋説ではさらに、
「人間が使ったコトバ」というニュアンスが増す、とする。
辞書にあるコトバには句読点はない。
が、人が書いた文章には、句読点が入る。
そうすると人間味が出る。

それを知ってか知らずか、
書名、グループ名などに
「。」を入れる例も少なくない。
『CLASSY.』『桜沢如一。一〇〇年の夢。』
「モーニング娘。」
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22463291.jpg
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22465476.jpg

最近は新聞・雑誌広告などに
半欠けの句点をよく見るようになった。
〇を半分隠すことによって、
かえって「。」を意識するようになる。
「月に雲」、満月とはまた違う風情、
余韻に訴える心理効果である。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22471851.jpg

句読点も進化している。
オカルトの世界ではあるまいし、
「縁が切れます」ではないだろう。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_22484599.jpg

Sさんの結婚のご案内状の句読点を
「縁が切れる」と言って削除した業者よ、
いま言おう。
彼は急逝してしまった。
句読点を省いた意味はなんだったのか。
縁が切れたではないか。どうしてくれるの?」

国語教育を
普通程度にしか受けてこなかった印刷業者、
冠婚葬祭業者、パソコンの文例作成者、
手紙の書き方本の著者たちから
句読法を教えてもらう必要はない。

表現の自由はどこへ行ったのか。

句読点のない喪中のハガキ、
句読点のない年賀状、
句読点のない案内状、
句読点のない賞状などを見ると、
私には、
彼らの国語的センスの低さ、
教養の低さが、はっきりと見えてくる。
それが日本人の、日本語力の現状である

それにしても、
利口な人は、
バカから学ぶことは少ないはず。
句読点が勝った。  !!!!_b0141773_2253571.jpg

by rocky-road | 2014-11-16 22:49  

<< 「光」の速さは、東京都内を1か... 子どもはホントに味オンチに? >>