十文字の真ん中で考える。

十文字の真ん中で考える。_b0141773_0533832.jpg

『読売新聞』の人生案内は、
開始以来100年も続くという
読者からの人気の相談コーナーだが、
わがロッコム文章・編集塾にとっては、
読者からの相談に、
回答者がどう答えているのか、
自分なら、どう回答するかを考えてもらう
格好の教材になっている。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0535637.jpg

現在の回答者陣には哲学者が入っており、
私的には、この点におおいに興味をそそられる。
というのは、
わずかながら読んだ「哲学者」を名乗る人の著作や記事に
教えられるもの、共感するものがあまりにも少なく、
期待をそがれることがしばしばだからである。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0541842.jpg

「よい哲学書を読んでいないからだ」
といわれればそれまでだが、
こちらにいわせれば、
哲学とは、
そんなにも、よい論述に出会うことが
むずかしい分野なのか、
そうだとすれば、
やはり平均的に大したことはない、
ということにはならないか。

哲学者の論述がおもしろくない理由には、
コトバの定義に無関心または消極的であること、
哲学の歴史や哲学者の論述紹介に多くを割き、
「で、結局、なんなのか」について
はっきり説明できていないものが多い。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0563510.jpg

そして、ここが問題だが、
読者を想定する洞察力と
読者と対話をするだけの文章力、
そして、常識的な社会性などに不足がある、
ということなのだと思う。

「哲学は、知ることではなくて考えることだ」
という割には、
よい考え方を提示するほどの説明力、
比喩のスキル、噛んで含める表現スキルに不備がある。
要するに人間力に不足がある、ということになる。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0574336.jpg

とかくするうちに、
私なりの法則ができた。
それは、
「脳科学を研究テーマに選んだ者、
哲学を専攻した者にも、
一定の割合でバカがいることは
一般人となんら変わることはない」と。

その哲学者が、
俗事に満ち満ちている人生案内の回答者とあれば、
それに興味を感じないわけはない。
これぞ哲学が現代に生きていることを示す絶好のチャンス。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0575775.jpg

一主婦が、自分は「ある仕事」で起業したいが、
迷っている、どうすればよいか、と
相談のための投稿をした。
それに対する回答は、
ひとことでいえば、
「やらないで後悔するよりも、
やって後悔したほうがよい」とのこと。

この格言はユダヤ由来とのことだが、
ゲーテや宮本武蔵も残しているという。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_058284.jpg

哲学は、
目の前の問題を
自分の頭で考えることではなかったのか。
みんなが使い古したコトバを使って、
「いま」の問題を解こうとするのが
まさか哲学ではないよね。

当塾では、塾生に対して、
宿題として課している問題だが、
哲学者よりははるかにマシな回答が提出されている。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0584959.jpg

「人生案内」欄とはいえ、
このケースは、ビジネス相談である。
文字どおりの人生相談ではないし、
心理カウンセリングでもない。

気分で「どうしようか」と迷っている程度の人には、
相談の前に、
やるべきことの多くがあることを
示してあげることが優先されよう。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_059822.jpg

そんなことは、
バカ脳学者にだってわかる状況である。
なのに、ビジネスの基本もわきまえず、
コンサートに行こうか行くまいかと
迷っているレベルの人に対して
準備もなく走り出すことをすすめる、
なんと危険、なんと不親切な考え方だろう。

こういう事例を見ていると、
宿泊先で、寝る前の数時間、
みんなでテーマを決めて語り合う
「夜通しトーク」のほうが
よほど哲学的に思えてくる。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_11226.jpg

この9月14日、
ロッコム文章・編集塾/能登教室終了後、
宿泊先の多田屋での夜通しトークでは、
「数えてみれば私の居場所」
十文字の真ん中で考える。_b0141773_112874.jpg

人生の質を測る目安の1つは
自分の居場所の質と量ではないかと思う。
それは健康度、社会貢献度、充実感、
そして幸福度を測るバロメーターになり得る。

それを予告なしで、十数人の参加者に
その場で考えてもらった。
職場、家庭、グループ活動などをあげる人が多いが、
なかには、
1年に何回か会う程度の友達をあげる人もいる。
果たして、それを「居場所」といえるのか。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_122640.jpg

聞いた範囲の印象では、
「場」はそう多くはない。
「場」は一般的には、年齢とともにふえてくる。
が、その関わり方の強弱は、個人差が大きい。
また、独居老人や孤立死が問題になるところを見ると、
右肩上がりにふえるものでもない。
やはり「場」づくりに無関心ではいられない。

というよりも、
自分の人生に目的意識や使命を持つこと、
そういう言い方がカタイとすれば、
人にやさしく、人を支援する心構えを維持すること、
それが場づくりにほかならない。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_142293.jpg

おもしろい「場」の提示もあった。
「自家用車の中」だという。
そう、場には、いつも人がいるとは限らない。
ウォーキングの場、読書の場、瞑想の場、
そういうものがあってもいいわけだ。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_151211.jpg

もっとも、「男の隠れ家」「男の城」
という言い方に関しては、
私は大嫌いである。
戦わないヤツに限って隠れ家や城にこもりだがるし、
男女差がないことに
「男の」と強調するところが弱々しい
(「女々しい」はそろそろ差別表現か)。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_154483.jpg

話が飛んで、
能登から帰った次の日曜日は「食ジム」だった。
(「食コーチング・ディスカッションジム」の略称)
テーマは、
「先輩から学ぶ、健康支援者としての『生き方』」
(くわしくは影山なお子さんのブログで)
http://www.palmarosa.jp
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0551747.jpg

偶然だが、
「居場所」は人生における水平的世界。
それに対して「先輩」は、
人間関係の直線的、縦の世界。
テーマが十文字に結ばれた気がした。
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0553335.jpg
十文字の真ん中で考える。_b0141773_0554972.jpg
十文字の真ん中で考える。_b0141773_164182.jpg

哲学者の日常生活は知らないが、
サイドワークにせよ、
一般主婦に「やらない後悔よりやって後悔」
などとノンキなことをいっている間に、
健康支援者はそこそこ哲学しているじゃないか、
そんなことを実感する1週間であった。

by rocky-road | 2014-09-29 01:06  

<< 海の前も、あとも、楽しい。 穏やか前線・日本海 >>