情報環境とは、どういうものか。

情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17191654.jpg

6月1日(日)に行なう
パルマローザ主催のブラッシュアップセミナーの
テキスト作りに追われている。
(横浜技能文化会館 特別会議室
10:30~17:30)
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17211368.jpg

演題は
「栄養士・健康支援者が、
さらに魅力的な情報発信者になるために。」


よく耳にするセリフに、
「将来、情報発信をする人になりたい」
「ことしは情報発信をしていきたい」というのがある。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1721387.jpg

「情報発信」の内容がわからないので、
どういうアクションを起こそうとしているのか、
想像はしにくい。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17214918.jpg

意味を確かめるために、
いくつかの問いかけをしたいとは思うが、
ともすれば「問い詰める」ように感じられるので、
「ああ、それはいいね」と、
受け流すことが多い。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17222865.jpg

私の「情報発信」の定義は、

 「脳内で一定の感情や意見、思想をプログラムし
  それを『顕在化』すること

だから、
独り言をいうのも、文章を音読するのも、
お風呂の中で歌を歌うのも、詩を朗読するのも、
メモをとるのも、日記を書くのも
情報発信である。

もちろん、手紙やスピーチ、
講演、講義、健康相談なども
情報発信である。
多くの人が口にするのは、これだろう。

が、自分自身への情報発信ということも
数に入れておくべきである。
そして、これが他者への情報発信のときの
格になる。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1724137.jpg

もちろん、パソコンやケータイに
なにかを書き込むのも
立派な情報発信である。

が、電車の中で、
大半の人がケータイとにらめっこをしていたり、
歩道や駅の雑踏の中に立ち止まって、
ケータイの相手に大声でしゃべったり、
無心に画面に見入っていたりするのを見ると、
彼らがひどくおバカに見えるのはなぜなのか。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17243134.jpg

作家の柳田邦男氏は、
2005年に『壊れる日本人』
(ケータイ・ネット依存症への告別)
という本を著わした。(新潮社)
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17351427.jpg

その趣意は、
「『異常』に気づかない日本人へ--
ケータイ・ネットが生み出す『負の遺産』とは?
豊かな心と言葉を失う前に今、
見直すべきこと」である。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17354152.jpg

ベビーカーを押しながら、
子どもと食事をしながら、
自転車に乗りながら
ケータイをのぞき込む依存症。

パソコンと何時間も向き合いながら、
飽きや疲れを感じない依存症は、
酒やタバコへの依存症以上に、
社会や次世代への影響が大きい。
負の遺産が次世代に残されるから。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17372349.jpg

おバカに見えるのは、
自分の依存症症状に気づかない者の、
ノー天気ぶり、
ほかにやることがないらしい
脳の不活性化ぶりが顕著だからだろう。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17374126.jpg

そういう話になるのだが、
しかし私は、それでも楽観的で、
人間という種は、依存症によるリスクに気づくと、
どこかでブレーキをかけ、
Uターンを始める。
自動車の普及で運動をしなくなると、
スポーツ施設が普及し、穴を埋めてきたように。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17375760.jpg

タバコが周囲の人にも有害とわかると、
「嫌煙権」などというコトバを作って
当事者にプレッシャーをかける。
使う予定のない原子爆弾や水素爆弾を
作り過ぎると、削減し合ったりする。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17382910.jpg

パソコンやケータイ依存症のうち、
「受信専門型」は回復しにくいところがあるが、
「情報発信型」に関しては、
なんだかんだいっても、
発信内容が質的にアップしてゆくはずである。
つまらない情報しか発信しない者からは、
受け手のほうが逃げ出すはずだから……。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17391967.jpg

見落としてはいけないのは、
文字と接する層の対人口比率は、
昔からそんなに高いものではなかった。
日本は識字率の高い国のグループに入るが、
それでも教育期間が終われば、
そのほとんどが自発的に文章を書くことはなかった。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17393978.jpg

そういう階層が、
指1本で情報発信ができる文明に接したとき、
「狂ったように」熱中するのはやむを得ない。
「ネコにマタタビ、泣く子にお乳」
という生理的な反応と、
「色、酒、タバコ、ギャンブル、買い物」
といった社会的依存とが
同時にやってきたようなものである。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1726455.jpg

「ケータイ・ネット依存症」は、
明らかな文明病だから、
当分は地球上に広がってゆく。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1740516.jpg

それによってダメになる人間が
10億や20億は出るかもしれないが、
そのころには、
自分をコントロールできる生物的・人間的適応力者が、
そのリスクに気づいて、Uターンを始める。
それには20年や50年はかかるだろう。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17402998.jpg

何億人もの犠牲を予測するとは、
「楽観主義者」にしては冷たい、といわれるだろうが、
生物には個体差というものがある。
淘汰の過程で、自滅する種や個体はゴマンとある。
社会で救えるものと、そうでないものとがある。
自然界のリズムまでは、
愛や公衆衛生学、福祉をもってしても変えられない。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1742180.jpg

さて、「情報発信」だが、
魅力的な情報発信者になるために
100冊の書物を読んだとしても、
それだけで目的が達せられるものではない。

野球でいえば、捕球の練習だけをしても、
肩は強くならない。
野球の基本プレーは、少なくても
投げて、受けて、打って、走っての四拍子。
さらには、
試合の流れ、その場、その場の状況などを
読み解く判断力。
プロにも、「野球を知っている選手」と
「野球を知らない選手」とがいる。

魅力的な情報発信者になるには、
人の話をよく聞く能力、問いかける能力、
新聞や雑誌、テレビやラジオに接する時間、
新刊書店、古書店、リサイクルショップ、フリマ、
骨董市などを歩く脚力、
それらの習慣を持つ人と過ごす時間、
自分の見聞を人に伝える場などを
持つことだろう。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17434846.jpg
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17442857.jpg

骨董といえば、先日、
東京有楽町で、たまたま出会った骨董市で、
『鎌倉時代から明治まで 日本の自筆本』
という1冊を見つけた。(昭和56年刊)
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17341692.jpg

徳川家康自筆の念仏、
本阿弥光悦の「和漢朗詠集」の書写自筆など、
150点の毛筆文書を写真に撮ったものである。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1745280.jpg

自分の「毛筆ごときもの」の参考にするつもり。
各文書(念仏、書写、詩歌、日記、書簡など)には
値段がついている。
ヘンだな、と思って見直すと、
これは古文書を扱うコレクターや
業者向けのカタログらしい。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17452585.jpg

家康の念仏は3百万円、
源道具(みなもとのみちとも)の和歌懐紙が
3百50万円。
コピーとはいえ、500円の買い物で、
一夜にして数億円の資産家になった。
(ここだけの話。内密に)
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_17455462.jpg

これは情報発信のための糧というよりも、
自分の脳への栄養補給。

ちなみに、6月1日のセミナーで
とりあげる項目は、
「魅力的な情報発信者であるための基本的条件」
「魅力的な自己紹介をするための5つのポイント」以下、
「メール発信」「ハガキ・手紙」「スピーチ」
「講話」「料理教室講師」「講演」「講義」
「依頼原稿」「投稿原稿」「論文」「アンケート作成」
「イベント企画」「健康・食事相談」
の14項目である。
情報環境とは、どういうものか。_b0141773_1746882.jpg

by rocky-road | 2014-05-29 17:46  

<< 「食育シンドローム」に気をつけよう。 パルマローザ 写真教室 フォト... >>