パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。

パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_09669.jpg

去る4月29日に開催された
横浜、氷川丸での撮影会での、
参加者が撮影された作品を拝見した。

充分なレクチャーができなかったけれど、
みなさん善戦したと思う。
作品に仕立てようという意欲が感じられた。
何回かの参加経験のある人に特にそれを感じた。
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_022150.jpg

やはり、撮影技術も経験を重ねることで
上達することは確かである。
とはいえ、群を抜くような作品はなく、
今回も「金賞」は保留した。

その代わり、銅賞を2作とし、
入選を3作とした。
入選が増えたのは、
全体のレベルがあがってきたことを意味するのだろう。

今後は、
文句のない金賞作品が生み出されるのを待つばかりである。
特筆すべきは、
小学生の入選者があったこと。
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0251079.jpg

全8回のうち、初めてである。
タイトルのつけ方も慣れてきて、
著しくおかしなものがなくなった。
以下、全応募作品についての講評をしたい。 大橋禄郎(当日講師)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_095773.jpg


銀賞
エントリー2
タイトル
「わらうとまけよ~あっぷっぷ」

撮影永野 幸枝さん(写真教室参加2回目)
(千葉県 市原市 学校栄養職員)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_063089.jpg

【選評】 
シャッターチャンスは写真の最大の武器。
この地球上の事物はつねに変動する無常の世界。
スチール写真は、その動きを一瞬止める。
人間の目ではとらえきれない瞬間である。
かわいい少女のモデルさんにしてみれば、
本意でない表情だろうが、
防火用の水道栓(?)を顔と見立てると、
にらめっこをしているように思えて合点がゆく。
この瞬間を予測していたはずもないが、
画面の中では説明ができている。
背後を行く人影が邪魔だとしても、
このチャンスを優先すればやむを得ない。
カメラをほんの少し右に振ることで、
背後の人を消し、さらに強い表現になっただろう。
タイトルは、このネーミングしかないだろう。

銅賞
エントリー7
タイトル
船中の天井って!? 
撮影 郷右近みちるさん(写真教室参加2回目)
(神奈川県  横浜白光会 今井の郷 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0111989.jpg

【選評】 
氷川丸船内の天井の反射に興味を感じて、
双方で天井に映る仲間にカメラを向けた。
こちらのカメラと向うのカメラ――いわば「相討ち」である。
見あげている人の表情がいい。
写真は、空気の色合いをも写す。
視野を広くして被写体を見つけようとする
撮影会参加者の一所懸命さが感じられる。
作品、タイトルとも、あまりひねっていないが、
船内での撮影会であることを説明するには、
これしかないだろう。

銅賞
エントリー3
タイトル
海と陸の「トリコロール」
撮影 奥村 花子さん(写真教室初参加)
(東京都 品川区 フリー 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0125723.jpg

【選評】
船の煙突のラインと、撮影者の帽子のライン、
図らずもフランス国旗(三色旗/トリコロール)模様が
重なった。その類似を瞬時にとらえて作品化した。
この場合、帽子を置いたのでは
作為見え見えの演出で終わってしまう。
撮影に集中しているカメラマンの一所懸命さと、
静止している船のラインの対比がいい。
カメラマンは、トンボの目で、
視界の中から被写体を見つけ、
おもしろい絵を創作したい。
タイトルはやや説明し過ぎ。
「トリコロール」だけでもいいし、「水平線」でも。

入選
エントリー6 
タイトル
HAPPY チューリップ
撮影 塚本 初音ちゃん(写真教室初参加)
(長崎県 佐世保市 小学生)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_015466.jpg

【選評】
マーガレット自体、かわいらしい花だが、
それらの花々に囲まれた主役のチューリップ。
主役の慎みとでもいうのか、
チューリップはまだつぼみ。
花壇いっぱいの花を撮るとき、
カメラをどこに向けても花、花、花……となるが、
そういう写真はまとまりがない。
そこで、「まず、主役となる花(同種)を探して、
それを中心とした花の世界を撮りなさい」とアドバイスしている。
この写真の場合は、
異種のチューリップだから主役に抜擢しやすく、
上記のスキルを実践するのに格好のシチュエーション。
縦位置にした構図、主役の位置など、成功している。
タイトルも雰囲気を伝えている。

入選
エントリー13
タイトル

高架下よりタワーを望む
撮影 中下 博美さん(写真教室参加4回目)
(神奈川県 病院 栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0162364.jpg

【選評】
記念写真の撮り方の好例として採った。
カメラをローアングルに構え、
2人のポーズとバラを這わせる棚、
その向こうのマリンタワーという構図でキメている。
記念写真も棒立ちの2人というのでは楽しくない。
このように適度に演出をすると、
そのときの気分を写真に残すことができる。
背の低い人はときにカメラを頭上に構え、
背の高い人は、カメラを地面すれすれに構えると、
いつもとは違う写真が撮れる。
タイトルは、願望として「マリンタワーを買い取りたい」と言っている。
話がでかくていい。
が、展望するという意味なら「臨む」が正解。「高架下」とあるが、
やや誇大、これは藤棚かなにかではないか。
いずれにせよ、タイトルは、写真を説明し過ぎているかも。

入選
エントリー15
タイトル
4月29日、春弥君、写真教室デビュー
撮影 影山なお子さん(写真教室参加8回目)
(神奈川県 食コーチ 管理栄養士
栄養士・健康支援者ネットワーク「パルマローザ」主宰
「食コーチングプログラムス」主宰)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0161424.jpg

【選評】
「判じ絵」のようなむずかしい絵柄。
カメラマンは手前の赤ちゃんのこちら側にいる。
その様子は、上3分の2を占めるか鏡に映っている。
ピントは、もちろん赤ちゃんの顔に合わせている。
鏡写真を撮り慣れていればこその構図とシャッターチャンス。
が、なんとなく静かな写真になっているのは、
春弥くんが眠っているせいだろう。
「起こして笑わせよう」とまでは言えないが、
この子も目を開けてカメラを見ていたら、
ますますチャーミングな記念写真になっただろう。
タイトルは、「春弥君、モデルデビュー。」のほうが適当か。
タイトルに句点を打つ作品は、全日本的に見ても
ゼロか、きわめて珍しいことだろう。

その他の応募作品
エントリー1
タイトル
「このアングルでいい?」
撮影 岩崎 智子さん(写真教室参加2回目)
(広島県 廿日市市 野村病院 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0434911.jpg

【選評】
スナップ写真として、3人の役割が説明できていてよい。
上半身で切ったことでその効果をあげている。
とっさにこの構図を選んだことは自信につなげてよいだろう。
「作品」とするには、もう一息、インパクトがほしい。
タイトルは状況を適切に表現している。

エントリー4
タイトル
船上の「おもてなし」 
撮影奥村 理央さん(写真教室初参加) 
(東京都 立教大学職員)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0544558.jpg

【選評】
船内の雰囲気はとらえている。
が、構図ができていない。
花は露出オーバーでピントが甘い。
右手の部屋の雰囲気も、もう少し伝えたい。
わずかにカメラを左に構えて、
右手の奥行きを出したかった。
それにしても、花が、だれが見てもきれいに見えるように、
的確にピント、露出合わせをしたい。
タイトル、この場合、「船上」と言うと甲板までも含むので、
「船内」のほうが優雅だろう。

エントリー5 
タイトル 
船上の昼下がり
撮影 塚本ゆみ子さん(写真教室初参加)
 (長崎県 佐世保市立総合病院 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_0595510.jpg

【選評】
世界航路の最中の1ショットを思わせる。
モデルの表情もいい。
縦位置で撮っているが、甲板上を説明するには、
横位置にしたほうがよさそう。
人がいたらそれもできないが、
海の一部、空の一部が入ると、
いっそう船旅の雰囲気が出ただろう。
タイトルは素直でよい。
「横浜航路」とでもすると、
さらに楽しくなるかもしれない。

エントリー8
タイトル
扉をあけて
撮影林 弥生さん(写真教室初参加) 
(神奈川県 特別養護老人ホーム 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_123456.jpg

【選評】ステンドグラスを画面いっぱいに撮った写真。
美しいが、表現ができていない。
模写ではなく、「作品」にするには、
タイトルにあるように、3分の1ほどドアがあいていて、
その向こうに海が見えるとか、
いま、人が部屋に入ってこようとしているとかの
「瞬間」があると、撮影意図が伝わる。

エントリー9
タイトル 
「勝負」
撮影髙杉 裕子さん(写真教室参加2回目)
(広島県 土肥病院 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_145297.jpg

【選評】
撮影中のカメラマンの真ん前に入って撮った勇気あるショット。
「勝負」は、これを撮った作者に捧げたい。
ユーモラスではあるが、いまひとつユニークさに欠ける。
念のために言うと、
自分以外のカメラマンと「勝負」をしようと思ったら、
このように並んで似たような写真を撮ってはダメ。
本気で勝負をするときは、仲間から外れて、
スタンドプレーを狙うこと。スポーツではないが、
勝負を賭ける人間は嫌な奴ではある。

エントリー10
タイトル  
横浜氷川丸より
撮影 植村 寿香さん(写真教室参加3回目) 
(神奈川県 特別養護老人ホーム 
横須賀愛光園 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_163645.jpg

【選評】
氷川丸船内に備えつけてあるイルミネーション用の電球越しに
ラウンドマークの風景を撮ったもの。狙いとしてはおもしろい。
船内の独特の状態を構図で説明するには、
電球を、全体か、もう少し入れたほうがよい。
当日は曇天だったので、風景は重々しい。
応募作品としては、
もう少し明るいもののほうがよいかもしれない。

エントリー11
タイトル
写真教室2年生
撮影 三奈木麻弓さん(写真教室参加5回)
(東京都 伊勢原市市役所健康管理課 管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_18024.jpg

【選評】
写真は思い切って寄るとインパクトが強くなる。
しかし、この写真は、「作品」とはなっていない。
なぜこのフレーミングで寄ったのか、撮影意図が不明。
記念写真としても効果が中途半端。
幼児の表情をかわいく撮るなら、
ほかにも適切な瞬間があるはず。
タイトルも、この写真の説明としては適切とは言えない。

エントリー12
タイトル 
船の目
撮影 三奈木博文さん(写真教室参加3回)
(東京都 株式会社ミナキ)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_1105998.jpg

【選評】
ワイドレンズの特性を生かした作品。
が、このままでは、
レンズの特性を説明しただけに終わってしまう。
この位置で作品化するには、
景色を眺めている人を画面のどこかに配するとか、
洋上を船が走るとか、
という絵にすることで、
撮影者の創作性が増して、作品らしくなる。
一眼レフにワイドレンズをセットして使うカメラマンは、
レンズのおもしろさに寄りかからず、
その特性を生かした絵づくりをくふうしたい。

エントリー14
タイトル
午後の公園
撮影 渥美智佳子さん(写真教室初参加) 
(千葉県 特別養護老人ホーム 松戸愛光園  管理栄養士)
パルマローザ 写真教室 フォトコンテスト応募作品講評。_b0141773_1173624.jpg

【選評】
タイトルから描くイメージは、
のどかな公園風景だが、
人けのないベンチはいかにも淋しい。
ここにはだれかに座っていてほしい。
それがムリなら、
バッグ、本、帽子などを置いて変化をつけたい。
ベンチが右に傾いて見えるので、撮影時に注意しよう。
多くの人に右左に傾くクセが見られる。
自分のクセを把握して補正しよう。

by rocky-road | 2014-05-16 00:55  

<< 情報環境とは、どういうものか。 食事相談にも編集力が必要? >>