食事相談にも編集力が必要?

食事相談にも編集力が必要?_b0141773_028033.jpg

先日、第31回「水中映像祭」に参加した。

31年前、数人の仲間に呼びかけて発足した
アマチュア水中カメラマンによる作品発表会である。
毎月1回例会を行ない、
毎年4月には発表会である「水中映像祭」を開く。
私は第20回まで運営にかかわった。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0284094.jpg

発表作品は、スライドショー、動画ショー、
またはその混合映像、作品は5分以内。
タイトル、エンドマークをつけ、
BGMやナレーションを入れてショーアップする。

発表者は、海への旅のときどきに撮った写真を
一定の順序で配列し、
ストーリー性を持たせて作品とする。

1回の旅をレポートする作品、
1種または数種の生物の生態を紹介するもの、
ある地域の特徴を継続的に撮ったもの、
接写レンズで海洋生物の表情をとらえたものなどなど。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0552891.jpg

私がかかわってきた20年間のうち、
後半の10年間は、
ストーリー性やテーマ性を求めた。
30~100枚のスチール写真を
羅列的に並べるのではなく、
一定の流れを保って作品化してほしい、と。

たとえば、
ボートでダイビングスポットへ向かう写真を映す。
次の1枚は水中写真で、魚群のカット。
これでは流れができない。
「いま、ボートから見た風景が
映ったばかりじゃないか!
いきなり水中かよ!」
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0294558.jpg

では、どうするか。

海に入る直前のダイバー、
または着水したダイバー、
潜っていゆくダイバーの後ろ姿などを1カット入れる。
これによって、ボート、エントリーするダイバー、
魚の群れ、という具合に「点」が「線」でつながる。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0302784.jpg

A(ボートで海へ)のカットと
C(魚群)のカットをつなげるために
挿入するBのカット(エントリーするダイバー)のことを
「インサートカット」という。

さらにいえば、
ボートに代表される陸上のシーンに数カット、
エントリーするダイバーに数カット、
水中の魚群に数カットというように、
複数のカットで小グループを作る場合、
その小グループを「シークエンス」という。
「小エピソード」というような意味である。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0312992.jpg

トランプでは、ハートの2、3、4、
スペードの7、8、9のように、
同じマークで連続して3枚がそろった状態を
「シークエンス」という。

映像(あるいは風景)は、
文字や文章が生まれる以前から存在するが、
それが人間(そして動物)に認知されると、
時間軸に沿って記憶され、配列される。
そこで、好むと好まざるとにかかわらず、
文法が生まれる。
映像にも文法がある、
というより「文法」という引き出しを作って
それに目にしたものを順次収めてゆく。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0315275.jpg

久々に水中映像祭に参加して、
あれから10年たっても、
後輩たちが、編集力を自分のものにしていないことを
実感することになった。
キャリアのある人は編集力をつけているが、
新しい人にそのスキルが伝承されていない。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_033881.jpg

水中映像サークルは、
映像の編集技術向上のためのサークルではない。
そして、水中映像祭は、
アマチュア個々人の、
海への旅の楽しみの報告会である。
「だから、むずかしいことをいわず、
楽しむだけでいい」という人もいる。

が、毎年、数百人の人に集まってもらい、
2時間を拘束し、
自分たちの旅の映像を鑑賞してもらおう、
と思う以上、レベルアップを目指すのは当然である。
でなければ、20年、30年は足踏みでしかない。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0335969.jpg

確かに、映像の編集は(も)むずかしい。
NHKテレビに「探検バクモン」
というシリーズがある。
《爆笑問題》の2人が国立公文書館や
地下鉄の深部など、
部外者が入れないところを探検する。

番組中、
インタビュアーとして登場する太田氏は
いつも私用のコンパクトカメラをぶらさげている。
その映像が気になった。
カメラマンのモラルとして、
仕事中には自分の写真を撮らない、
という不文律がある。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0343699.jpg

知人のプロカメラマンは、
依頼されて出張したとき、
取材地では原則として自分のカメラは持たない、という。
「アゴ・アシつき」の取材旅行先で
自分の写真を撮るのはいかにもセコイ。

が、番組では、
太田氏がカメラを構えている場面は皆無。
「聴く」のか「撮る」のか、どちらかに絞れ。
撮る気配のないカメラをぶら下げて、
右手をいつもふさいでいる番組の意図がわからない。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0351032.jpg

そう、担当セクションに問い合わせたら、
カメラは私用だと言う。
そうだろう、漫才師にカメラを任せるほど、
NHKはカメラも、
カメラマン不足してはいないはず。
そのはずなのに、
写真は番組の中で使っている、と言う。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_05818.jpg

いままで見てきた中では、
太田氏が撮った写真を番組中で使っている、
という映像表現はなかった。
映像の文法がわかっていない。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0354182.jpg

「使っている」ことを示すには、
太田氏がカメラを構えているシーンがあって、
次に、そのアングルからのショットを出す。
「撮影/太田」との
スーパーインポーズが入ればなおいい。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0582045.jpg

いまになって、相方の田中氏のほうに
わざとらしく大きめのカメラを持たせているが、
太田氏のブラブラカメラは変わらない。
芸ではない、行儀の悪い演出が見苦しいので、
以来、視聴はやめたから、現状は知らない。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0364717.jpg

ことほど左様に、
文章表現から離れるほどに、
映像の「文法」や「編集」はむずかしい。
いや、映像にも、
それ以前の段階では、
シナリオやコンテがあるわけだから、
本当は、「文法離れ」や「手抜き編集」は
防げるはずなのである。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0372134.jpg

プロがその程度のことなのだから、
アマチュア水中カメラマンに
四の五の言わないほうがいいのかもしれない、
などと思ってはいけない。
アマチュアが、アマチュアであることに甘えたら、
モチベーションはあがらず、
仕事の向上は望めない。

時間的、予算的制約のないアマチュアの仕事が
つねにプロに劣る、などという発想は、
負け犬の自己弁護である。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0375323.jpg

忘れてならないのは、
シナリオを持たぬまま、
数十分の健康相談、食事相談を行なう
栄養士などの健康支援者は、
話しながら話題を編集しているということだ。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0394880.jpg

初めて会った人とコトバを交わす中で、
その時間に適した起承転結をつくり、
会話を編集し、その日のエンディングへと持ってゆく。

その作品作りのすごいところは、
主役はつねにクライアント自身であること。
クライアントには、健康意識を高めたのも、
モチベーションを上げたのも
この自分の聡明な判断によるものだ、
と思わせるようなストーリーに
仕上げてゆくところである。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0401346.jpg

「行動変容」などというイカツい用語を使わず、
自分で自分の健康ストーリーを作らせる、
そういう話し合いの構成力、編集力が
実は、健康支援者の特技なのである。

もう一度言おう、
食事相談や健康相談は、
打ち合わせのない「相方」と
アドリブ的に物語を作ってゆくスキルなのである。
一定の時間に収める以上、
省略も割愛も必要。

これを「編集」と言わずになんと言おう。
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0405856.jpg

「インサートカット」「シークエンス」
健康支援者も遠からず
編集スキルを真剣に学ぶことになるだろう。

最後に、「編集」を定義しておこう。

「編集とは、ある目的のために情報を集めたり、
再構成したりして、別個の情報の創造体をつくること」
食事相談にも編集力が必要?_b0141773_0411644.jpg

by rocky-road | 2014-05-09 00:41  

<< パルマローザ 写真教室 フォト... 「いい写真」とはどんな? >>