ライフワークを楽しむ人たち。

b0141773_204909.jpg

中高年世代を中心とするダイビングクラブ、
「日本シニアダイバーズクラブ」が
創立20周年を迎えた。
その記念パーティ(新年会)に招かれて出席した。
(1月26日、東京・表参道「ホテル フロラシオン青山」)
b0141773_2049486.jpg

1994年、当時70歳だった上村敏郎(としろう)さんらの
呼びかけで発足したクラブである。
ダイビング雑誌『マリンダイビング』が、
それに賛同し、同年5月号で座談会記事を掲載した。
題して「さあ、シルバーエイジ軍団を結成しよう!」
b0141773_2050195.jpg

この座談会には、上村さんと同年代の溝口寿茂(とししげ)さん、
6歳若い大明美代子(おおあき)の3名に、
司会者として大橋が出席した(当時58歳)。
b0141773_20514158.jpg

創設のおもな理由は、若い人とツアーに行っても、
話が合わない、だから世代の近い人と仲間になりたい、
ということだった。
b0141773_2051330.jpg

時代のニーズ合って、会員数はどんどん増え、
10年までに300人にまでなった。
今日までの登録者数は延べ800人を超えたという。
会員の中心は50~60歳代、
その6割が女性だという。
b0141773_20521254.jpg

私は、クラブというものは、
性や世代を超えて集まる、人脈の接着剤だと思っているので、
世代別にクラブをつくるという発想には違和感を持ったが、
実際には、異世代交流を得手とはしない人は多く、
そのニーズはいまも、今後も変わらないことだろう。
b0141773_20522341.jpg

ダイビングクラブの歴史を振り返ると、
かくも大勢の会員が、各地にまたがり、
その状態を20年間持続しているダイビングクラブは
これまでにはなかったと思われる。
b0141773_20524444.jpg

私は、クラブづくりを始めて50年、
以後、いくつかのサークルやクラブの創設、運営にかかわってきたが、
300人もの会員をかかえるクラブの経験はない。
が、いろいろのいきさつから、
約10年、顧問としてこのクラブとかかわってきた。
b0141773_20525685.jpg

20年もたつと、初期の発起人は他界していて、
初対面の人の割合は増えたが、
活気はますます盛んになっているようだった。
長寿国日本の高齢者のモチベーションの高さを
実感することができた。
ライフワークをもっている高齢者は、
思っている以上に多いのである。
b0141773_20531086.jpg

来賓として、ごあいさつをした。
ポイントは3つ。
1.クラブの、コミュニケーション環境としての意義。
  若い人と話が合わないというが、
  先輩の役割は、年少者のモチベーションを
  あげることではないか。
  それには、自分の豊富な経験を披歴するのではなく、
  その経験をベースにして、
  適切な問いかけをすることではないか。
  「どんなお仕事をしていらっしゃるの?」
  「いまの会社の定年は? 定年後のプランは?」
  「今度、予定している海は?」
  「海に潜っていちばん楽しいことはなに?」 
  こうしたコミュニケーションスキルは、
  高齢社会を迎える、
  世界中の高齢者に求められるものではないだろうか。
b0141773_20535783.jpg

2.年を重ねると、どうしても表情のバリエーションが減ってくる。 
  意識的に笑顔を維持して、
  明るい環境づくりに参加してはいかが?
  それは、自分と社会の健康度をあげる。
b0141773_23112470.jpg

3.水中で野生生物と至近距離で対面できるのは、
  個人にとって、人間にとって、
  貴重なコミュニケーション環境ではないか。
  非言語コミュニケーション力を開発することは、
  自分の健康、人間の健康にとって、
  どれくらいプラスになるかわからない。
  「オレはお前を愛している」
  といった人間を引きづったコミュニケーション法ではなく、
  自分も一動物になりきって、
  動物対動物という関係で向き合う楽しさ、
  このことを自覚してはいかが?
b0141773_23114012.jpg

などという話をさせていただいた。
b0141773_20543593.jpg

ところで、その前々日の24日、
日本橋三越で、中村征夫写真展、
「海への旅」を見てきた。
中村さんとも長いつき合いである。

構図に自信を持つカメラマンで、
広い絵を得意とすると同時に、
寄りの写真もこなす、
ワザの多様性を持つカメラマンである。
かつて私は「書けるカメラマン」と呼んだこともある。
文章もうまい。
b0141773_20552681.jpg

カメラマンには悪いが、
カメラマンの文章に接したとき、
「カメラマンにしては文章がうまい」と
評することがある。
カメラマンで書ける人はきわめて少ない。
当然である。
b0141773_20554283.jpg

が、中村さんは、
「写真も撮れる文章家」と言ってよいほど、
文章もうまい。実際、写真集以外の本も何冊か著わしている。
写真展では、さらに表現の幅を広げた作品を
鑑賞させてもらった。
やはり、正真正銘のカメラマンである。
b0141773_2056422.jpg

真冬の東京で海に接する2日間だった。
b0141773_20561840.jpg

by rocky-road | 2014-01-29 20:56  

<< 『芸術を創る脳』でひらめくもの。 あなたの「ライフワーク」は? >>