『日本人らしさの発見』

b0141773_2301610.jpg

去る12月1日に行なわれた
パルマローザ 栄養士・健康支援者のための輪読会
「人間を多角的にとらえるために関連書物を読む。」
のテキスト書籍を選ぶ段階で、迷うことがあった。
b0141773_22474497.jpg

以前、NHKラジオ第2放送の深夜番組で放送された
『私の日本語辞典』の一部を
引用するかどうか、それで迷った。
b0141773_230485.jpg

大学時代の恩師、芳賀 綏(はが やすし)先生
(現・東京工業大学名誉教授)の話がおもしろく、
「人間を多角的にとらえる」ためには、
ぜひ、このユニークな視点を伝えるべきだと思った。

が、アナウンサーのインタビューに答える形式であるため、
輪読会のテキストにするには、
テープ起こしをし、若干のリライトも必要と思われた。
時間的な制約もあって、今回はあきらめた。
2011年11月の放送だったが、
「本にでもなっていてくれれば……」と惜しんだ。
b0141773_2311413.jpg
ところが、輪読会直後に、先生から電話をいただき、
新著が出たので、数日中に届くはず、との情報を得た。
予想どおり、例のラジオ番組の論説を文章にしたものだった。
『日本人らしさの発見』という書名。
大修館書店、2013年12月20日発行。2000円。
出来立てのホヤホヤ、いや、奥付の発行日前の到着である。

読み始めたところだが、
ラジオで予告編を聞いているので、
内容はだいたいわかっている。
b0141773_2313685.jpg

いま、日本人が世界の文化を語るとき、
「欧米対アジア」という図式を前提にしがちだが、
この本では、「万物を愛で包容する日本の《凹型文化》(オウ)」
に対して「排他的な《凸型文化》(トツ)」という、
新しい対比で見るおもしろさを提示する。
b0141773_238422.jpg

同じアジアでも、日本と中国では、メンタリティがかなり違う。
その違いの線の引き方に「発見」がある。
一言でいえば、気候風土の違いである。
日本は湿度の高い湿潤地域に属し、
中国の一部を含む、ヨーロッパの一部は
乾燥した大陸に属する。
b0141773_239179.jpg

乾燥地域では牧畜が行なわれ、
ここから動植物の見方、接し方、
そしてコミュニケーションの仕方までもが
違ってくる。

風土の違いは、神の数の違いを生み、
神の居場所さえも変えてしまう。
凸文化圏では神は天にあり、
凹文化圏では八百万の神が、山や川、木や草、
石や土など、身近なところに宿る。
b0141773_23919100.jpg

凹文化世界に属する日本人の特徴は、
自然と和合し、季節感を愛し、「間」や「気配」を重んずる。
相撲の立ち合いは、行司が「始め!」と指示するのではなく、
両者の呼吸が合ったときが開始のときである。
b0141773_2394256.jpg

邦楽にはコンダクターがいない。
それぞれが、ほかの奏者と呼吸を合わせて
演奏が展開する……これが間であり、呼吸であり、調和である。
b0141773_2313239.jpg

こうしたきめの細かさは、
確かに気がねや気苦労、気づかれを生む要因でもある。
b0141773_23133745.jpg

対する凸文化圏の顕著な特徴は、
「愛と憎しみの文化」であったり、「対立と闘争」
「征服と復讐」であったりする。
b0141773_23103318.jpg

 「プロローグ」は、こんな文章で始まる。

 「二一世紀は日本の世紀であるべきです。
 それは、日本が何につけても世界一になろうといった、
 無邪気な、そして無謀な話とは違います。
  日本の文化、その根底ある日本人の「気心」のよさ、
 美風が、もっと広く深く、世界に理解され、そして、
 その気心に根ざした日本の文明が、地球を、人類を救うのに
 大きく役立つべき時期が来ている、という意味です。」(中略)
b0141773_23105133.jpg

 「地球上の諸民族の〝気心〟などと言い始めたら、
 千差万別ではないか? たしかに細かく見れば、
 違いだらけとも言えるが、また大きく類型(タイプ)
 に分けることが可能です。と言えば、ああ、東洋対西洋か、
 アジア対欧米でもいいや、日本人は東洋(またはアジア)の
 側だろう、と片づけられることが多かった。まさに、その先入観に
 間違いがある。」(中略)
b0141773_2316773.jpg

 「人間性の根本は不変なもので、だからこそ文化圏の別を超えた
 相互理解と協力ができる。その確信を一方に抱きつつ、
 文化圏による生き方・価値観の差異という現実を的確に知り、
 そこから将来への対処の方向を見定めることによって、
 日本人の使命、人類社会の役立ち方の自覚が生まれます。
  そのような、民族の知恵、いわば<民族的教養>を
 深めることに資する本でありたい。執筆のベースにある
 筆者の念願と、強い使命感はそれです。」
b0141773_23162191.jpg

読みやすい文章で、深い洞察が語られる。
先生は、言語文化論を専門とされるが、
今度の本では、文化人類学的な視点で、
日本人、凹型文化を中心に、
凸文化との比較文化論を展開する。
b0141773_23163084.jpg

コンパスを大きく広げて、
地球物理学者、古美術鑑定家、文化人類学者、
民族学者など、矢継ぎ早に関連分野の諸説を引用しつつ
論述する。が、ご自分の軸足はしっかりと定まっている。
b0141773_2317278.jpg

若き日、先生から引用の仕方を仕込まれた。
自分のグラウンドだけで戦う窮屈さや弱さを指摘された。
b0141773_23173729.jpg

今回の先生の文章は、自他の文章がかなり入り混じっているが、
ご自分の歩調が乱れることなく、
マラソンレースで、2位以下を大きく引き離し、
独走態勢(一人旅)に入った優勝ランナーのように
軽快に飛ばしてゆく。
b0141773_23174713.jpg

読んでいて、ランナーズハイになったかのように
ぐんぐんと読み進め、陶酔状態になる。
b0141773_2318921.jpg

こうした陶酔体験を、次回の輪読会で
受講者のみなさんに味わっていただきたいと思っている。

by rocky-road | 2013-12-13 22:59  

<< 「食」は「文化」か「健康」か。 またまた、テンで話にならない話。 >>