海の上を歩いて50年。

海の上を歩いて50年。_b0141773_23322710.jpg

60余年にわたって、いろいろの写真を鑑賞してきたが、
多くの傑作の中で、
とくに印象の強いものといえば、
40~50年前に見た『ライフ』という雑誌だったかに載った、
蚊が人間を刺している様子を、
皮膚の裏側から撮った作品が筆頭にあげられる。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23331097.jpg
海の上を歩いて50年。_b0141773_0552757.jpg

解説を読むと、
蚊が皮膚を刺した瞬間、
凝固剤の入ったスプレーで固定し、
モデルとなった人の皮膚を薄く剥ぎ、
それをマクロレンズで撮ったという。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23332781.jpg

また、ほかの雑誌の時計の広告で、
クジラとダイバーが海面に並んでいるのを
海底から見あげて撮った遠景写真、
これもすごかった。
いまのように、クジラの水中映像がなかった時代である。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23342259.jpg

どちらもアメリカ人カメラマンの作品。
アメリカ人のやることの徹底さ、
スケールの大きさに舌を巻いた。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23343568.jpg

それより時代は下がるが、
動物カメラマンが岩合光昭さんが、
インド洋上を航行する船の上から撮ったという、
イカの群れが水面上を飛ぶスクープ写真もすごかった。
イカが、トビウオのように空中を飛ぶことは
知られていなかったからである。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23351249.jpg

そういえば、以前、伊豆の海中で、
水面を泳ぐ小魚を撮っていたら、
突然その群れが消えた。
そして、数メートル先に着水した。
不確かだが、トビウオの幼魚らしい。
さっそく撮影体制に入ったが、
いくら粘っても撮ることはできなかった。
ジャンプ寸前の瞬間を撮ったら、
岩合さんの写真くらいにスクープものであったろう。

ダイビング雑誌で「半水面」の写真を見たときも、
それを合成写真と考えて、
「いいアイディアだ」と感心した。
が、そうではなく、
実際に1つのレンズを水面に当てて、
水面上と水面下を同時に撮ったのだと知って、
またまた驚いた。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23413544.jpg

ダイビングを始めて50年目になるが、
その中心はスノーケリングである。
スノーケリングとは、
水面を歩くことだと思っている。
海の上を歩いて50年。_b0141773_0273328.jpg

スクーバダイビングがヘビ、
またはチョウの目で水中を見るのだとすれば、
スノーケリングはトンビの目で
水中を俯瞰することになる。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23445573.jpg

私の場合、トンビの習性が身についているので、
チョウを経験したあとも、
つまりスクーバダイビングをしたあとも、
スノーケリングをやってしめないと
落ち着かない。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23454375.jpg

半水面を撮り始めて20年くらいになるが、
この世界には、まだまだ発見があるだろう。
空気の世界と、水の世界とが
1枚の写真に記録されるのである。
「天地」ではなく「天水」の世界である。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23383890.jpg

2009年、第49回 富士フィルムフォトコンテストの
「ネイチャーフォト」部門で金賞を得た
有田 勉氏の『餌場』という作品は、
半水面写真の近年の傑作である。

産卵のために川を遡上したサケが、
産卵後、命を終える。
その死骸を狙って、タカの仲間と思われる猛禽が集まり、
水中の獲物を狙う。
これを半水面で撮った。
空には鳥たち、水中には命を終えて横たわるサケ。
海の上を歩いて50年。_b0141773_2340717.jpg

このコンテストには私も応募し、
『フエダイ 夏模様』と題した作品が優秀賞に入ったが、
有田氏の作品と比べると、
横綱と幕下くらいの違いがある。
完敗もいいところである。

いまどきのコンテストは、
企画力、取材力などがないと、
なかなか上位入賞はできない。
海の上を歩いて50年。_b0141773_2348070.jpg

もっとも、ネーミング力は
日本のフォトコン始まって以来、
依然として夜明け前の状態。
サケの遡上の果ての最期を『餌場』とやってしまったが、
それはない。
審査員の言及がほしい。
せめて、『遡上の果てに』『天に昇る』『食物連鎖』
くらいのネーミングをしてほしい。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23483375.jpg

ともあれ、半水面写真には、
まだまだ未知の世界、未知の映像がある。
それを信じて、海の上を歩き続ける。
海の上を歩いて50年。_b0141773_23484560.jpg

by rocky-road | 2013-09-28 23:49  

<< 海と島への旅--たびたび。 自然や食の名翻訳家になる。 >>