旅の宿でコーチングを学ぶ。

b0141773_16585291.jpg

夏の、それなりの多忙と暑気による疲労とを癒やすこと、
そして、広島周辺の健康支援者と交流することを目的に
広島のコテージで過ごす、という旅行にお誘いいただいた。
b0141773_1659469.jpg

日中はコテージ界隈の緑に包まれ、
時間があればプールで泳ぐつもりだったが、
ただただぐったり過ごすことに徹し、
水着を持参はしたものの、泳ぐこともしなかった。
b0141773_170252.jpg

なか日の10日の夕食から、
みなさんとご一緒し、楽しく語り合った。
どこにも輝きのある人はいるもので、
そういう人たちのライフスタイルの一端をうかがえることは、
楽しく、有意義であった。
b0141773_1792861.jpg
b0141773_1704477.jpg

メンバーには10月初旬に沖縄の座間味島に
スノーケリングを楽しみに行く人が4人もいて、
やや海の話が多すぎたかな? と少し反省はした。
b0141773_17101591.jpg

それにしても、健康支援者のみなさんと
こんなにも海の話をする機会があるのは意外。
わがダイビング歴50年目にして初めてのことである。
「海と島の旅」に終わりのないことを改めて知る。
b0141773_172184.jpg

その旅先で、9日の夜、
NHKテレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を
ゆっくりと見た。
たまたま、広い意味での「コーチング」のダイジェスト版。
5人のコーチの流儀をじっくりと見た。
午後10時の番組なので、
栄養士のみなさんと一緒に見る機会はないが、
今回は、旅先のこと、
みなさんと、この関連深いテーマの番組を見た。
b0141773_1724699.jpg

登場した5人は、
プロ野球、楽天イーグルスのピッチングコーチの佐藤義則氏。
「マー君」こと、田中将大投手らのチームコーチ。
水泳コーチの平井伯昌氏。平泳ぎの北島康介のコーチ。
宮大工の菊池恭二氏。師匠の西岡常一氏(故人)の教えを紹介する。
小学校教諭の菊池省三氏は学級崩壊状態のクラスを立て直す。
定時制高校の教諭、岡田倫代氏は、不登校気味の女生徒を
立ち直らせる。
b0141773_173594.jpg

佐藤氏は、ピッチャーをコーチするとき、
「悪いところを修正するよりも、いいところを伸ばしながら、
悪いところを直すほうがよい」という。
b0141773_1732429.jpg

平井氏は、「むやみにほめず、簡潔にポイントを示す」という。
菊池氏は、宮大工の師匠・西岡氏にいろいろと尋ねると、
「お前はどう思う?」と聞き返されたという。
そしていう。
「わしはな、学校の先生やあらへんのや。自分で考えなはれ」
といわれた、という。
b0141773_1734045.jpg

もう1人の菊池氏、
菊池省三氏は、「啐啄」(そったく)というコトバを
行動規範の1つとしているという。
親鳥が卵の周囲をつつきながら、
卵の中の雛鳥とコミュニケーションをとるように、
生徒にもこれを当てはめ、
生徒の潜在意識になにがあるかを
日記を書かせるなどして察知し、
それに呼応するように支援をする、という流儀。
b0141773_1743591.jpg

岡田倫代氏は、目的もわからず教員室にやってくる
女生徒の話を何回も何回も聞く。
先を急がず、結論を求めない。
促すことなく耳を傾ける。
「寄り添う」というコトバが何回か使われた。
b0141773_1745889.jpg

それぞれの「流儀」に共通するのは、
怒鳴ったり貶(けな)したりすることがない。
佐藤氏の場合、ときどき小さく叱るが、
そこが修正されると「ほら、できるだろう」と
しっかりほめる。
b0141773_1751279.jpg
b0141773_17111034.jpg

分野の違う一流コーチの「流儀」を見ていて、
食事相談との大きな違いを感じた。
チームコーチや教諭の場合は、
対象者と持続的な関係ができていること。
いわばチームの仲間でいられる。
b0141773_1753415.jpg
b0141773_1755018.jpg
b0141773_176017.jpg

それに比べて、食事相談の場合、
とくに「特定保健指導」のような形では、
栄養士とクライアントの関係は、一過的。
組織や規則によって2者の関係がくくられているわけではない。
ほとんど「行きずり」といってもよい。
b0141773_1764051.jpg

この状態で相手のライフスタイルを向上させるのは、
並み大抵のことではない。
が、ここにも「名人」が生まれるはず。
栄養士が「プロフェッショナル」に出演する日は
きっとくるだろうが、
それはだいぶ先になるだろう。
b0141773_1765344.jpg

すぐに到達できないということは、
うれしい状況ではないだろうか。
b0141773_1773675.jpg

旅先でテレビ番組を真剣に見る機会は少ないが、
今回の旅では、そのゆとりがあった。
「する」ことが多い、わが旅のスタイルだが、
「する」ことの少ないこの旅では、
別の収穫があった。
b0141773_1775622.jpg

by rocky-road | 2013-09-12 17:11  

<< 自然や食の名翻訳家になる。 宵待草はいずこに……。 >>