自分らしく、「しだら」あり!?

b0141773_1265816.jpg

車内で横になって眠る男、
短パン姿で爆睡する中年男、
そんな姿を見ることが多くなった。
その無防備なサマを見て、
日本男子も地に落ちたな、と思う。
玄関を出たら7人の敵がある……だって?
b0141773_131645.jpg

「だらしがない」の「だらし」は
「しだら」をひっくり返したものだという(倒語)。
「しだら」とは、引き締まること。
b0141773_1315559.jpg

「しだら」ではない状態のことを
「だらし」とひっくり返すことによって、
引き締まっていることの反対、
つまり、しまりのなさ、節度のなさ、体力のなさを
表現したかったのだろう。
やがてそれが、現代日本語として定着した。
b0141773_1322437.jpg

「しだら」を「節度」とした場合、
それを支えるのは個々人の価値観だが、
生物は環境に反応するようにできているから、
内的な支えも、外界の乱雑ぶりに出会うと、
あえなくそちらに適応してしまう。
b0141773_1324962.jpg

車内での化粧は日常的な風景になり、
歩きながら、または自転車に乗ったままのケイタイもOK、
テレビやラジオ番組への匿名のつぶやきも、
局側が求めることで成立している。
公共メディアに匿名で意見をいうなどは、
便所の落書き並みで、ここにも節度はない。
b0141773_133466.jpg

また、ある週刊誌は、
しばしば「好き嫌い記事」を載せる。
8月29日号では、
「本誌恒例メルマガ読者1500人が選んだ
好きな女優 嫌いな女優 2013年夏」とくる。
b0141773_1343140.jpg

好き嫌いは、論評以前。
大人の公的メディアがやることではない。
それを聞いてどうする? なんと生産性がないことを!!
が、「公共の場」「世間の目」という概念を失った、
民度急落中の、下衆っぽい日本国民は、
こういうテーマでもひっかかる。

「迎合」というのは、自分の意向を押さえて、
相手に調子を合わせることだが、
この編集長の場合は、さほどのアイディアもないから、
そんな安っぽい企画で勝負に出ざるを得ないのである。
b0141773_1362330.jpg

老舗(しにせ)中の老舗である某出版社に席を置いても、
品性という点では、電車の中で横になる男と
さほどの違いはない。
社内でも、眉をひそめている社員がいるはずだが、
編集長に任せた以上、そこそこの売れ行きを出している以上……
などといって、しばらくは静観するしかないのだろう。
b0141773_146363.jpg

黄金時代を経験したOB編集者の多くは、
「あの会社、どうなっちゃってるの?」と
嘆いていることだろう。

そのOBの1人に、名著となるに違いない
『日本型リーダーはなぜ失敗するのか』の
筆者がおられるのは皮肉と言えば皮肉である。
b0141773_10111953.jpg

ところで、
「人様に迷惑をかけないように」は、
いまも日本人の行動規範として効力をもっているが、
その場合の「迷惑」は、行列に割り込んだり、
人に水をかけたり、人のものを盗んだりといった、
多分に物理的なところにポイントが置かれる。
b0141773_1414931.jpg

この規範は、自分の行動が社会環境の一部となる、
などという社会性とは無縁の価値観である。
人の悪口には、案外寛大。
だから女優さんが嫌がるであろう悪口を
公器を使って平気で展開する。

きわめて消極的で受け身、
最低限度の、小さな小さな規範だから
「自分らしく」「自分に正直に」
「身の丈に合った」などの言い様とも相性がいい。
b0141773_1433556.jpg

「男らしく」「女らしく」「大人らしく」
「人間らしく」「父親らしく」などの規範は、
その昔、自然発生的に「らしく排斥風潮」に追いやられ、
結局は「自分らしく」にたどり着いたようだ。
これならば、なんら手かせ足かせにはならず、
プレッシャーはゼロ。

それはつまり、「ゴキブリはゴキブリらしく」
「クモはクモらしく」「ダイオウイカはダイオウイカらしく」
ということであって、進化の拒絶のようなものである。
ヒトはヒトらしくないことを求めた結果として人間になった。
b0141773_1473469.jpg

ゴキブリだって、ダイオウイカだって、
いかに「らしくなく生きるか」に懸命である。
環境の変化にいかに適応するか、
そのことに死にもの狂いだから、
現状にあぐらをかいた「自分らしく」ではすまされない。
ゴキブリは永遠にゴキブリではないのである。

身の丈に合った、自分らしい生き方は、
向上はもちろん、変化さえも好まない。
b0141773_149086.jpg

そういう社会が、日本では当分続く。
「安心・安全♪」と念仏を唱えることで
安心・安全が保障されると思う信仰を持てば、
地震は来ないし、放射能汚染の地下水は
海水にもまれて浄化されるかもしれないし、
尖閣列島も竹島も、自然にみんなが忘れるかもしれないし……。

いやいや、そんな大きな話ではなくて、
「車内の座席のクッションが、もう少し柔らかいと、
チッタァ寝心地がいいのになァ……」
そういうレベルの退化人間の健康度は、
果たして上げることができるのだろうか。
b0141773_1493528.jpg

健康支援者のビジネススキルは、
すでにそういう現実に迫られているのではないか。

平和ボケで、ストレスを感じなくなった人間に
一定のストレスを与えるには、
そうとうのシタタカさが求められる。

まだ品格を保っている
月刊誌のほうの『文藝春秋』の8月号で、
塩野七生氏が「悪質さのすすめ」という
あいかわらず、切っ先鋭いエッセイを書いている。

昔、ある人から聞いたというアメリカのジョークを紹介して、
「世界に4つ、絶対にないものがある、
アメリカ人の哲学者、イギリス人の作曲家(クラシック)、
ドイツ人のコメディアン、日本人のプレーボーイ」と。

塩野氏のプレーボーイの定義は、
「少なく与えて多くを取る能力に長じた人」である。

これを健康支援者に当てはめたらどうなるか。
あれやこれや、栄養学の知識を押しつけて、
相手の行動を1ミリも変えることもできないようなのは、
プレーボーイでもプレーガールでもなく、
ただのお人よし、ただのド素人以外の何物でもない。
b0141773_1532966.jpg

クライアントの中には、
電車の中で寝転んだり、
「自分らしく生きる」ことに
精いっぱいだったりする連中も多いから、
ここは低俗週刊誌に倣って、
「ご飯とパンとどちらが好きですか」
「車内でカップラーメンを食べる人を見た人がいますが、
どのようにお考えですか」
「地球最後の日に、最後に何を食べたいですか」

時間がないのに、遊んでなんかいられない、
などといってはダメ。
問いかけは、答えを引き出し、
その答えは、自分を縛るものである。

食事相談における問いかけは、
女優の好き嫌いを聞くよりも
はるかに生産的である。

by rocky-road | 2013-08-26 01:51  

<< 宵待草はいずこに……。 語るように書く。 >>