バースディウイークが終わった!!……かな?

b0141773_2322070.jpg

6月1日からの「バースディウイーク」が
一段落したところで、いきなり発熱し、
2日間寝込んだ。
どの集まりも、主体は主催者にあり、
自分は、ただお呼ばれで出向けばいいだけなのに、
一段落したところでガタンときた。
b0141773_232245100.jpg

b0141773_23264414.jpg
心身の疲れはまったくなくても、
1つの山を越えると脱力するという経験は、何度もしてきた。
母親が亡くなったあと、葬儀が終わったその夜、
今度は父が危篤状態になったことがある。
遠方に帰った親戚・縁者は、すぐに「チチ、キトク」の電報を受けて
ふたたびわが家に戻ってこなければならなかった。
なんとか命は取りとめたが、親戚にしてみれば、大きな迷惑だった。
b0141773_23271161.jpg
b0141773_23272869.jpg

1974年に伊豆七島の三宅島で、
日本初の「ダイバーズフェスティバル」を開催した。
東京潜泳会というダイビングクラブの10周年記念のイベントだった。
1年前から準備し、当日を迎えた。
なのに、イベント中の2日間は体調不良で、
民宿の部屋で寝て過ごした。
このときは、準備の疲れがあったから、納得せざるを得なかった。
b0141773_2328918.jpg
b0141773_2328285.jpg
b0141773_23285196.jpg

今度の場合、77歳の誕生日ということで、
周囲の人たちは、やや気合を入れて祝ってくれた。
しかし、それはこちらにはまったく負担にはなっておらず、
疲れようもない。
気疲れでもなんでもないこの現象の分析は、
もう少し時間をかけて考えてみたい。
単純な真理は、「山は登りよりも下りがむずかしい」ということか。
b0141773_23294992.jpg

ともあれ、みなさんに温かく祝っていただいた。
「『海、たび旅』50年を祝う会」では、
20歳代、30歳代で出会った仲間たちと楽しく語り合った。
大半は幹事や「リーダー」(フィールドでの全責任者)の経験者で
グループ活動の運営にたずさわった経験を持つ。
その経験が仕事にも生かされたと、何人かがスピーチで語った。
b0141773_23304194.jpg

b0141773_23305553.jpg

このころ、私は「たかが遊び」のダイビングクラブ活動が、
実は予防医学的活動であることを感じ、
のちに「余暇」(あまったヒマ)ではなく、
「予暇」(あらかじめのヒマ)を提案することになる。
(「余暇」と書く場合も、本来の意味は「ゆとり」の意味)
b0141773_23313949.jpg

「『海、たび旅』50年パーティ」のあと、
今度は、健康支援者のネットワーク、
《パルマローザ》のみなさんからも祝っていただいた。
このグループ活動は、「健康をカタチにする」ことを
テーマの1つとしているので、
そこでの経験は、あと10年後、20年後に
顕著に現われることだろう。
b0141773_23321688.jpg
b0141773_23323599.jpg

どんな健康法にもそれだけの意味はあるが、
それに自発的なグループ活動を加えることは、
心身の若さと健康にどれだけの効果をもたらすか、計り知れない。
「情報の時代」とはいえ、人と人との情報交換ほど
多様で密度が高いものはない。
b0141773_23325041.jpg
b0141773_23332076.jpg
b0141773_23375312.jpg
b0141773_23381126.jpg

その貴重な時間をデジタル機器に奪われている現状は、
病理学的な問題である。
そのことに気づく人と気づかぬ人の10年間の差を
研究してみたいものである。
b0141773_23395679.jpg

by rocky-road | 2013-06-13 23:40  

<< 海、たび旅……山、久びさ。 「海、たび旅」は続く……。 >>