「海、たび旅」は続く……。

「海、たび旅」は続く……。_b0141773_2335130.jpg

5月31日の朝刊一面の書籍広告に
『海女のいる風景』(昭和の美しい海の女たち)
というタイトルの本を見つけた。
著者は大崎映晋(おおさき えいしん)。

大崎さんが現役の著者であることに驚いた。
広告には、「著者は92歳」とある。
さっそく版元や、いくつかの書店に電話をしたりして、
その本を入手した。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_2338181.jpg

大崎さんは、私がダイビングを始めた1964年ごろ、
すでにダイビングのガイドブックを著わしていた大先輩、
大ベテランである。
1920年生まれとあるから、私より16歳も年長である。
私がバイブルのように読み込んだ『潜水教室』という本は、
1964年発行。まさに私がダイビングクラブに属して
ダイビングを始めた年次である。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23382124.jpg

『潜水教室』は、奇跡的に書棚にあったので、
さっそく開いてみたら、扉の裏に大崎さんのサインが入っている。
「昭和六十三年五月十四日」との日付。
何回かお会いした記憶はあるが、
サインをいただいたことは忘れていた。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23524686.jpg
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_2352943.jpg

近著の『海女の風景』の新聞広告を見て、
その本を入手した日の翌日(2013年6月1日)が、
私のダイビング歴50年目を祝っていただくパーティの日
というタイミングがうれしかった。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23581734.jpg

6月5日の誕生日を前倒ししたその日の祝いは、
当初は「喜寿」の祝いということだった。
が、昔、還暦の祝いのあと、その意味を大いに疑った。
そうした加齢にかかわる祝いは、
たぶん中国由来のものだと思うが、
それが現代にはほとんど意味をなさないことを感じている。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23402659.jpg

赤いちゃんちゃんこを着て「おめでとう」
なんか言っている時代ではない。
自分の周囲には、さすがに赤いちゃんちゃんこをくれる人はいなかったが、
60歳ごときで「還暦」などといわれるのが恥ずかしかった。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_2340487.jpg

つい最近、義兄の家を訪ねたとき、
年齢を聞かれたので「76」と答えたら、
言下に「ああ、まだ若いんだネ」といわれた。
30歳のとき、旅行先で「大学生?」と聞かれて、
少し気分を害したことがあるが、
76歳を「まだ若いんだネ」といわれてみると、
分別としては満足すべきだと思うものの、
感覚的には「若僧」と見られた気がしないでもない。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23544340.jpg

ということで、祝いのパーティの名称は
「大橋禄郎 『海、たび旅』50年を祝う会」
ということにしていただいた。
(有明ワシントンホテル アイリスの間)
「海、たび旅」は、『海と島の旅』という、
私が提案して創刊したダイビング雑誌に
連載をしたときの名称である。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23431949.jpg

ふと思い立って、パーティのときに
自分のダイビング史を年表として配布しよう、と決めた。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23424522.jpg

クラブが発足した年月、専門誌に載った先輩の論に
反論を寄せた雑誌名とその月号、
ダイビング雑誌の編集を手伝うようになった年月、
『海の世界』という雑誌に「ニッポン海底散歩」という連載を
全18回続けた期間、その他の十数本の連載記事の年月や期間、
クラブ創設者の親友が一酸化中毒で急死した事故の年月日。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23441730.jpg

最初に立ち上げたクラブ、≪東京潜泳会≫、
そして、クラブ横断的な組織である≪ダイビングクラブ連絡会議≫や
≪水中8ミリフェスティバル≫、≪水中映像サークル≫
などの組織を立ち上げた年月、
いまも所属する≪スノーケリングピープル≫というクラブを作った年月、
いくつかのフォトコンテスト入賞の年月などなどの
リストアップを急いだ。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23461651.jpg

作業は楽しいものだが、資料に当たっているうちに、
パーティで公開するには時間が足りないことがわかった。
それでも作業はやめられない状態だが、
ともかく、あしたのパーティには間に合わない。

若いうちは、自分を飽きっぽいと思ったことはあるが、
それはテーマ探しの時代の一面であって、
現時点で振り返ると、持続性はあるほうだと思う。
やりかけた仕事、やりかけた趣味、やりかけた青春、
やりかけた人生などを、まだ当分は手放す気はない。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_2347285.jpg

折しも、以前、発足のお手伝いをした
日本シニア―ダイバーズクラブが20周年を迎える、
というお知らせと会報とを受け取った。
発起人の方々は故人となったが、
後継者によって、より活力あるクラブに発展している。
来年1月には創立20周年記念パーティを
計画しているという。
もちろん「出席」のご返事をした。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23471857.jpg

私の「海、たび旅」も、しばらくは続くだろう。
「海、たび旅」は続く……。_b0141773_23473882.jpg

by rocky-road | 2013-05-31 23:47  

<< バースディウイークが終わった!... 5月19日は「食事力」の日。 >>