「入選??!!! オーマイゴッド!!!」

b0141773_2333269.jpg

恒例の、4月29日のパルマローザ写真教室、
選評結果を見た方々のご感想を
ブログ上や直接のメールなどで拝見した。
入賞者のコメントに漂う高揚感が楽しい。

授賞の喜びは格別なもので、
私自身、いくつかのフォトコンで上位入賞の連絡を受けたとき、
「ウソでしょ」とヤボな反応をしたことを覚えている。
喜びや悲しみが強いと「ウソでしょ」となるのが
日本人の一般的な感動表現だろう。
今後、そんな機会があったら「オーマイゴッド!!」と叫ぼうと心に誓う。
b0141773_23344894.jpg

フォトコンは、一種のゲームである。
自作に自信があっても、発表までは入選と落選の両方に針が振れる。
この感覚がたまらない。とはいえ、
「第29回 よみうり写真大賞」(テーマ部門第一席)のときだけは、
自信満々で、作品を送って1週間もたたないうちに、
「まだ連絡ない?」と家族に何回も尋ねたものである。
作品に加えて、そのタイトル「わんマンショー」に
手応えを感じていた。
b0141773_2336961.jpg

予選通過しなかったことは、もちろん何回もある。
なんとか入選しても、上位入賞者の作品を見て、
「参りました」とつぶやいたこともある。
スポーツの試合で負けたときの悔しさはない。
悲壮感が伴わないところが、フォトコンというゲームの楽しさである。
b0141773_23362671.jpg

写真仲間には妙な説があって、
「フォトコンばかりを狙っていると写真が堕落する」
「ライブラリー写真を撮っていると職人写真になる」
(ライブラリーとは写真のレンタル会社。
世界中からいろいろの写真を集め、貸し出しをするビジネス)
b0141773_23372413.jpg

そんなことはない。
写真には美術工芸品の記録から、報道写真、
芸術性を求める写真など、そのジャンルは数千、数万に及ぶはず。
それぞれに専門家がおり、その人たちは、
本業に追われて、それ以外の写真を撮るヒマはない。
しかし、仕事では料理写真を、自由時間には水中写真を、
仕事ではレントゲン写真を、プライベートでは風景写真を……
と、別のジャンルを楽しんでいるカメラマンを知っている。
b0141773_23373859.jpg

長期間、多忙続きのプロカメラマンは別として、
普通のペースで仕事をしているカメラマンなら、
二兎追うことは不可能ではない。
ましてやアマチュアだったら、小説と写真、
油絵とサッカーなど、5兎でも6兎でも追っている人はいる。
b0141773_23425271.jpg

「1つのことを追求すると一方が堕落する」
などという表現自体に品格がない。
「堕落」に見えるのは、「この写真、売れるよ」などと、
すぐに価格評価をする、その卑俗な交際術のせいだろう。
b0141773_2338123.jpg

とはいえ、写真愛好者にもいくつかのセオリーはある。
b0141773_23434598.jpg

その1 自作のよさを、撮ったときの苦労やタイミングを添えて自慢しないこと。
 四の五のいわず、作品自体に語らせる。
b0141773_23441381.jpg

その2 撮りそこなった写真を「撮れていたら傑作だった」などと
 コトバで説明しない。「釣り落とした魚はデカイ」という先人の教えがある。 
b0141773_2345044.jpg

その3 よい写真は、タイトルをつけなくてもよい写真であることに変わりはない。
 フォトコンでタイトルが悪いために落選することはあまりない。
 が、タイトルを変更することを条件に当選させた例はある。
 作品を発表するとき、あまり下劣なタイトルでは、
 主催者の知性や品位が疑われる可能性があるから。
b0141773_23451342.jpg

その4 写真を撮るとき、早くもタイトルが頭に浮かぶときがある。
 が、それは人にはいわない。いうと、自画自賛になりやすいから。
 まずはよい写真を撮ることに集中すること。
b0141773_23455845.jpg

その5 よい写真を鑑賞している人は上達する。
 作品について論評してくれる人がいるとなおいい。
 写真展や美術展には行ってみたい。
b0141773_23461728.jpg

その6 カメラの高級性、レンズのよさが
 よい写真を生む第一条件のようにいう人は
 写真はあまりうまくない。
 こういう人には習わないほうがよい。
b0141773_23464348.jpg

最後に大事なセオリーを追加。
その7 写真に熱中することで、あなたの仕事、あなたの人生を
 劣化させることはない。むしろ、感性を磨くことになり、
 プラスになることが多い。

by rocky-road | 2013-05-15 23:46 | 写真教室  

<< 5月19日は「食事力」の日。 やっぱり「私だけ」は気づけない。 >>