子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。

子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22304362.jpg
わがロッコム文章・編集塾に、
子連れの塾生が出現した。
大人を対象とした塾だから、
大人が経験する人生のいろいろの節目で
いちいち引っかかってはいられない。
子どもが室内を走り回る年頃になったとしても、
「さあ、来い!!」の心の準備はできている、
……つもり。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22314943.jpg

今回は、双方にとって、その日のためのお試し期間。
結果は、まったく問題ないどころか、
むしろほのぼの感が漂って、
みなさんがハッピーな気分になった感じ。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_23175342.jpg

昔の映画には、よくそんなシーンがあった。
子どもをおぶったお母さんが、
学校で学ぶわが子の勉強ぶりを見に来たり、
お母さん自身が生徒であったり……。
映画的な誇張表現と見ていたが、
実際には、いまも、こういうシーンは
世界のあちこちで見られることだろう。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22323060.jpg

現代は、子育て環境がよくないことを、
女性自身からいろいろと聞くが、
これには反論のコトバがない。
「それをいうなら、昔、劣悪な環境の中で、
10人もの子を産んだ先輩母親はどうなんだ!!」
という指摘や反論はある。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22324984.jpg

が、この論には弱点がある。
それは、
「昔の日本人は、米、大豆、根菜、芋、
ゴマ、海藻などを食べていて心身ともに健康だった」
という、時代錯誤の発酵学者の見解と同様、
地政学的視点のない、無知マル出しの主張になってしまう。
その学者に聞きたい。
「そんなに日本人が健康だったのなら、
当時の平均寿命はいかほど?」
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22332998.jpg

昔の母親と、今の母親とは、
ライフスタイルがぜんぜん違う。
家事に120%釘づけになり、
かつ、地域の共同作業や親戚との交流、
防火演習などにも引っ張り出されていた戦時下の母親と、
一定の勤務時間の中で働く現代の母親とは、
軸足の置き方があまりにも異なる。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22334480.jpg

若者が戦力と考えられ、
「産めよ増やせよ!」がスローガンになっていた時代には、
子を多く生むことが母親の価値の1つなっていた。
こうした時代背景を視野に入れない議論は、
砂糖と食塩の区別がつかないほどの無知・無能といわれても
仕方がないだろう。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_2234550.jpg

しかし、男女共同参画社会では、
男女の別なく、社会に適応することが求められる。
この場合の適応とは、健康、理念、ライフデザイン、
日々の意欲更新、ストレス緩和システム、
思考力、問題解決能力、公私にわたるコミュニケーション力、
非常時に直面したときの対処能力などなどなどなど……。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22355823.jpg

なのに、私から見ると、
大人になってから勉強しない者が多く、
とくに男性は、自発的に学ぶ意欲、
上昇する意欲を失っているように見える。
それが〝大人向け〟の塾を開設した第一の理由である。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22371427.jpg

行政に勤める管理栄養士として、
尾尻麻弓さんが、塾生になってから10年近くなる。
その間、ダイビングにも興味を示し、
一緒に沖縄をはじめ、あちこちの海にも行った。
そしていまは、三奈木麻弓となり、一児を得た。
生後3か月の児を伴って、当塾に復帰した。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22374374.jpg

その意欲は、自分の将来に対する構想と自信に
裏づけられてのものだろう。
子育ても終わり、お孫さんもいる先輩栄養士や、
目下婚活真っ只中の仲間に迎えられて、
復帰第1回目の授業を受けた。
毎月出題する宿題もちゃんとやってきた。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_2238888.jpg

後日、記念すべき日となるであろうこの日のことを
このブログにも、以上のとおり記しておこう。
-------------------------
◆お知らせ--塾のコースターに新しいデザインが登場。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_2334242.jpg

 毎月クラスでは、20時の中休みに、
 お茶とお菓子をお出ししていますが、
 使用しているコースターの大半は、手作りです。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_23344054.jpg

子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22392437.jpg

 このたび、杉田純子さん(私の30年来の海仲間)に
 お願いして、写真のようなニューバージョンを
 作っていただきました。生地はハワイで仕入れたもの。
 キルティング加工をし、両面使えます。
 従来の角形から丸型になりました。
 4月の勉強日からご披露します。お楽しみに。
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_22393948.jpg
子連れ、夫連れ、恋人連れ、親連れ歓迎。_b0141773_2239516.jpg

by rocky-road | 2013-04-01 22:40  

<< 私の旅こそベストシーズン 世の中は3日見ぬ間の桜かな。 >>