海から見えた中華街の風景。

海から見えた中華街の風景。_b0141773_23572563.jpg

横浜でおなじみの「元町」商店街で買い物をした人が、
お客さんサービスのくじ引きを引いたら、
横浜港のクルージングのペアチケットが当たった。
ご自身は遠方のため、影山さんと私に
チケットをプレゼントしてくださった。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_23583211.jpg

出航は6時、ざっと数えて100名が乗船していた。
小型客船の完全チャーターである。
商店街のサービスとしてはかなりビッグであり、
横浜のイメージを十二分に生かしたプランといえる。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_015433.jpg

海から見えた中華街の風景。_b0141773_00527.jpg
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0132966.jpg

湾内のクルーズとはいえ、それなりに揺れるので、
全員、食卓に着席。料理はビュッフェ。
とはいえ、席はかなり狭いので、
料理をとりにいったり座ったりするのは窮屈だった。
約2時間のクルーズ、大半の人は席に釘づけだった。
2月の湾内は、甲板に出て海を眺めるには寒すぎる。
というよりも、クルージングは、かならずしも海好きの人の楽しみではない。
洋上で食事をする、仲間と過ごす、
それだけで充分ということだろう。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_23593814.jpg

『食文化の風景学』(小林 亨著 技報堂出版刊 2007年)
という本では、食と風景との関係を〝景観工学〟の視点で論じている。
水の近く、高いところ、花のあるところ、雨を見ながら……
というシチュエーションは、食事の楽しみを増大させる。
確かに、富士山頂、水深10メートルにある海底ハウスでの食事は、
ひと味もふた味も違っていた。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0174245.jpg

ダイビングや、海への旅では、ずいぶん船には乗った。
伊豆七島への旅は、片道7~10時間はかかる。
小笠原は12時間以上。
こういう船旅を「クルージング」とはいわない。
所要時間の長さをどう紛らわせるか、
そんなことに知恵を絞った。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_018430.jpg

伊豆七島の場合、行きは夜行なので、眠っていればよい。
が、週末の島行きは混んでいて、眠るスペースの争いになる。
ヒトは寝ることにこんなにも貪欲になるのかと、いつも憂鬱になった。
帰りは、甲板の居心地の良い場所を確保して、
レンタルのゴザを敷き、そこを陣地にして
トランプをしたり、人生を語り合ったりした。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0185293.jpg

最悪の船旅は、伊豆八丈島への往復だった。
台風が近づいていたが、東京の竹芝桟橋から出航。
翌朝、八丈島に着いたが、波が荒く、接岸ができない。
沖で数時間揺られたのち、結局東京へ舞い戻った。
そのまま家に帰るのも悔しいと、その足で伊豆への旅に切り替えた。
タフな時代であった。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0193252.jpg

こんな辛い船旅でも、得をする人はいるもので、
船内のレストランで働くウエイトレスが、
食器もテーブルも左右に吹っ飛んでゆく大揺れの中で、
にこやかに働く姿を見て、同行の仲間が恋心を寄せた。
後日、コンタクトして、2人はデートをするところまでいった。
(ハッピーエンドではないので、後日談は省く)
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0195965.jpg

伊豆七島との往復を「クルージング」と呼んでいいのなら、
わがダイビング史は、同時にクルージング史でもある。
建設中のベイブリッジ(横浜)、レインボーブリッジ(東京、台場)を
下から撮った写真もどこかに残っているはずである。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_043850.jpg

今回の横浜湾内クルーズでは、
場所柄なのだろうが、中華街に住む人と同じ席になった。
初老のその男性によると、15年ほど前から、
中華街の客層が変わったという。
ある人が中華まんじゅうを売り始めたら、
多くの人がそれを立ち食いして、腹を満たすようになった。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_052338.jpg

ファストフードで腹を満たしてしまうので、
店に入ってしっかり食事をする人が少なくなった。
それは若者を増やすことにもなっている。
客単価の低落はいまに至っているという。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_055835.jpg

いかにもにぎわって見える、中華まんじゅう立ち食い風景には、
まったく別の意味があることを知った。
クルージングよって見えてきた横浜中華街の風景である。
海から見えた中華街の風景。_b0141773_0125385.jpg

by rocky-road | 2013-02-28 00:10  

<< バッグは「生きざま」を運ぶ? 来年の予定があるから、肉もほど... >>