私だけが知っていること。

b0141773_1835177.jpg

わがロッコム文章・編集塾の6月の授業では
「非言語記号のリテラシー」を取り上げた。

急に風が出てきたから夕立を予想して洗濯物を取り込む、
同僚の不機嫌な顔を見て相手の内面の不満を感じる、
リンゴが木から落ちるのを見て引力の法則を知る……、
それが「非言語記号のリテラシー(読み解き能力)」である。
b0141773_18353715.jpg

この授業のあと、さっそく実践してもらおうと、
「いま、私だけが気がついていること」
という課題で宿題を出したが、
提出された文章の成績はきわめて悪い。

かつてないほど不出来の人が多いのである。
ある人は「夫がいつからか結婚指輪を外したことに
気がついている」と書いた。
ほほえましいが、いや危機かもしれないが、
課題の答えとしては「ブー」である。
b0141773_18361487.jpg

妻が美容院を変えたらしいとか、
おじいちゃんが行きつけの飲み屋で
牛乳ハイを飲むようになったとか、
そういうローカルな話題ではなくて、
もっとスケールの大きなことに気がついてほしい。

写真は、みんなが見ている風景から、
自分の発見を切り取る技術である。
俳句は、それを五七五の17音で切り取る。
これに対して散文の宿題では、
600字も与えられるのだから、
発見に加えて、いろいろの考察ができる。
コトバは写真と違って心の中まで描写できる。
b0141773_18363751.jpg

小沢一郎のインタビューを受けるときの口調が、
ここ数日、急にていねいになったが、それはなぜかとか、
なぜ道の接合地点を「ジャンクション」と
英語準拠の名称を使うのか、その理由は……とか、
そういう社会性のある発見や考察を書いてほしいと思う。
これは、オピニオンリーダーになるための
避けては通れない道だと思うからである。
b0141773_1840366.jpg

休日の銀座を歩いていたら、
一か所に人だかりが……。
見ると、「みゆき通り」という道路標識の上に、
首にリボンを巻いたネコがうずくまっている。
b0141773_18373361.jpg

いまは「一億総取材カメラマン時代」だから、
それを〝取材〟している人たちのふくらみだった。
「なぜ、そんなところにネコがいるのか」
そのことに首をかしげている余裕はない。
前後を考えず、とにかくケイタイカメラで取材モードに。
b0141773_18381693.jpg

その即応性は、カメラマンとして合格である。
理屈じゃない、とにかく「いい絵を撮れ!」である。
が、書き手の取材者としては失格である。
「なぜ、そんなところにネコがいるのか」
その自問自答に答えを出さなければならない。
b0141773_1839999.jpg

足場もない、そん高いところに、
ネコといえども、よじ上れるはずがない。
それよりもなによりも、そんなところに上る動機がない。
とすれば、だれかが乗せたのだろうか。
しかし、それにしてもネコはじっとし過ぎている。
華の都の、銀座のど真ん中で
うたた寝をするネコとは、こりゃいったいナンダ。
b0141773_18392772.jpg

ここから取材を始めるべきだろう。
周囲を見渡すが、飼い主と思われる人物はいない。
どこかにいるはずなのに、姿は見えない。
それはそうだ、本人は、そこにネコを置いて、
自分は思い切りフェードアウトするのである。
b0141773_18465110.jpg
b0141773_18412929.jpg

「パフォーマンス」とは自己アピールを表わすコトバだが、
「他己アピール」ということもある。
自分の置いたネコに人々が群がる様子を見て、
ある種の快感を得る、人間の心理の深い一面である。
彼は心の中でコトバでないコトバで
「私だけが知っている」と、
つぶやいているはすである。
b0141773_184261.jpg

「自分はいないのに、居る」
この境地は、フルへフェイスのサンバイザーをかぶって
街をゆく女性の心理にも通じるものがあるかもしれない。
相手からは見えない自分の目の動き、
その目で、周囲の視線を見据える快感(!!??)、
b0141773_18422647.jpg

さらに、そのフルフェースレディの心理を
あれこれ考察する楽しさも、
夏の楽しみの1つにはなる。
考える快感を得る対象物は、街のあちこちにある。

何匹もの犬を連れて歩く人、
人の集まる場所にペットを連れて行ってご披露する人、
花火をあげる人、歴史に残る建造物の建設にかかわる人、
ヒット商品を企画する人……
いくつものクションを置いて自分をアピールする心理。
これもまた、人類の文化、文明を発展させる
強い強い動機の1つということだろう。
b0141773_18425129.jpg

ところで、銀座のみゆき通りのネコ、
同じ人と思われる初老の男性が、
数年前に、原宿の人通りでも、
「他己パフォーマンス」をやっていた。
銀座で、その人にインタビューをするつもりで粘ったが、
ついに直撃できなかった。
b0141773_20235977.jpg
b0141773_20241019.jpg

少なくとも彼は、私のターゲットとして、
しばらくは狙われ続けることになる。
b0141773_184372.jpg

by rocky-road | 2012-07-02 18:43  

<< 編集力をどう鍛えるか。 東京ラプソディ >>