心貧しい人の貧乏ゆすり

心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_0542310.jpg

タイミングというのはおもしろいもので、
パルマローザブラッシュアップセミナーで
「栄養記事・健康記事の正しい読み方」という
タイトルで、健康支援者に向けてお話をした翌日、
文例の1つにあげた書物の広告が新聞に載った。

それに加えて、正午に始まる「笑っていいとも」にも
著者が登場し、書物には書かれてはいない、
いっそうおバカな発言をしてくれた。
書物に書いたことは背伸びした理論などではなく、
天下御免の素地。無知・浅学であることを自らが証明してくれた。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_0534199.jpg

人さまの無知や無教養を責めるのは
あまり品のよいことではないが、
相手は国家資格を持つ医師であることを考えると、
そして、被害者が出る可能性を考えると、
配慮や遠慮は無用のように思う。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_112821.jpg

テレビでの、その医師の発言に従うと、
スポーツをしなくても、貧乏ゆすりをすれば
同等の効果が得られるといい、
食事は1日1食の食事を続けることで
20歳若く見えるようになるといい、
動物性食品は丸ごと食べることで
栄養効果が高くなるといい、
牛や豚の部位だけをとることは
サプリメントと同じだという。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_115736.jpg

本人は56歳だそうだが、テレビで見る限り年相応、
とても56歳-20歳=36歳には見えない。
それ以前の問題として、なぜか健康的な表情ではない。
この弱々しさで、というより病弱さを思わせる風貌で、
よくも「若く見える」ことを売りにするものだと思う。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_121839.jpg

テレビでは、
私がテキストにした本(空腹が人を健康にする)に
載っていなかった1日1食のメニューが
ほかの自著からの引用ということで映し出された。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_13762.jpg

ご飯は小さな茶わん1杯、目刺しが3尾、
ふろふき大根1切れ、ほかに副菜2皿。
修行僧の献立のようにも見えるその1食のエネルギーは、
先日のセミナーでも、栄養士さんが推定したように、
多めに見積もっても800~600Kcal、
これで1日をまかなえという。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_141032.jpg
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_143371.jpg

食後はすぐ寝るのがいいというが、
朝・昼食を食べず、夕食でようやく800kcal以下の
食事にありつくのだから、
爬虫類のように、じっとしているしかないだろう。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_144573.jpg

6月4日の新聞広告には、
読者からの「感動・感謝のお便り」が紹介されている。
「食べないとダメという固定観念が吹っ飛んだ」
「今の私に合うダイエットだと思いました。
本気で、食の大切さなどが勉強になり、
自分の体と向き合う機会にさせる本だと思います」
「出会えてよかった! よくぞ出版してくれた!」
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_152034.jpg

早くも被害が出始めているように読める。
広告には「55万部突破」とあるから、
それなりの存在意義はあるのだろう。
800kcalの食事のリバウンドが起こるのは
もう少し先だろうから、当分のあいだは
肯定的な話題にはなるだろう。

医師による多くの健康本に共通しているのは、
栄養学への著しい理解不足である。
それは「栄養計算は面倒」と言い切る姿勢によく出ている。
病院での重篤な患者への治療食ならともかく、
日々のウエートコントローを心がける人が、
毎日「栄養計算」なんかしているだろうか。
そんなことをしなくても、
食事の質と量とをコントロールする方法はある。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_15452.jpg

そういう実際を知らず、27年前に旧厚生省が提唱し、
2000年に撤回した「1日30食品」という指標を持ち出して、
栄養的なコントロールがむずかしいとか、
栄養計算が面倒だとかいう。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_181517.jpg

1日1食主義の医師は、
かつては身長160センチ台(目測)で体重80キロにまで
太ったと告白している。そして強度の便秘、それに伴う不整脈。
そういう身体コントロール歴を聞くと、
この人物は、もともと自分のからだを見つめる眼力が弱いと思える。

ようやく目覚めて、いまはセルフコントロールを
10年間ほど続けているとのこと。
自分の治療食を普遍的な食事法として人にすすめているらしい。
「栄養計算は面倒」を強調している「栄養学オンチ」だから、
性別・年齢別栄養所要量の存在など眼中にはない。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_184568.jpg

遠からず、リバウンド障害を起こす人が多発するだろうが、
それ以前に、栄養失調、エネルギー不足も
一定の比率で起こるはず。
こうなると、医師としての責任が問われることになるだろう。

とはいえ、こういう珍説医師、暴言学者は、
何年に数人という頻度で現れることを、
健康支援者としては想定しておいたほうがいい。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_19970.jpg

もう50年も前になるが、
「日本人は白米を食べているとバカになる」と
自著で主張した大脳生理学者がいたし、
ある著名な栄養学者は、赤軍派がいろいろの破壊活動ののち、
警察に追われ、その途中で仲間内のリンチ殺人が起こったとき、
「カルシウム不足が原因の1つ」などといった。
さらに、環境汚染が進む日本を嘆き、
「41歳寿命説」を唱えた食生態学者がいた。

かれらはれっきとした知識人として活躍した人たちだが、
かれらの説は、その後の現実によって否定された。
素人の常識のほうが正しかったことになる。
(白米食をやめた人はいなかったし?
日本人の寿命は延び続けた)
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_194132.jpg

なぜ、こういうおかしな言論が現われるのか。
いくつかの推測ができる。

1.自分の専門性に対する過信。
この道では自分こそ第一人者との自負が、
論理的な地盤固めに手抜きを起こさせる。

2.持って生まれた軽薄タイプ、早とちり、目立ちたがりタイプ。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_110779.jpg

3.人間知らず。
動物学的、心理学的、精神医学的、
  社会学的な考察ができず、
結果としてスッピン状態の自説を人に押しつける。
そこには自戒や自制、警戒心もない。
浅学菲才、無知とは、そういう人をいう。
(1日1食説についていえば、
1日800kcal程度で普通の生活ができる人が
どれくらいいるのか、考えた形跡がない)

4.医師は、問診ではなく、
薬中心で治療するようになり、
製薬会社にオンブにダッコ状態。
自発的なモチベーションが低下気味で、
治療よりも、予防に熱意を感じるようになった。
アンチエージングは、その典型。
珍妙な学会が次々に生まれることだろう。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_1102450.jpg

この部分で栄養士と一部がバッティングすることになるが、
栄養学に目覚めた医師は、
かつての栄養士がそうであったように、
栄養素過信のフードファディズムに感染中。

免疫がないうえに、健康についても第一人者という、
根拠のない自尊心を土台にして、
二流以上の栄養士には恥ずかしくて書けないような
論述を繰り返している、ということだろう。
心貧しい人の貧乏ゆすり_b0141773_1122634.jpg

心ある栄養士よ、
あなたがサービスすべきクライアントには、
医師も含まれるようになったことをお忘れなく。

それは下剋上ではなく、自分の専門を大事にするための
アクションにほかならない。
栄養士は、栄養素士からとっくの昔に進化して、
ライフスタイル、ライフデザインをもサポートする
プロフェッショナルになっていることを、
医師に直接話をするか、
しっかりとした本を書くかして、
教えてあげることはできないだろうか。

by rocky-road | 2012-06-07 01:12  

<< あなたのシャツの素材はなに? 40年前の本、40年後の本 >>