高い塔と、低い発想。

高い塔と、低い発想。_b0141773_2238315.jpg

先日、東京に雪が降った。
すぐに頭に浮かんだのは、
雪の日の東京スカイツリーや、
その周辺を撮ることだった。

その日の仕事の優先順序を変えて、
地下鉄で「押上駅」(おしあげ)へ向かった。
写真歴60年、シャッターチャンスに向かって動き出す、
そういう習性ができあがったようである。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2239225.jpg

しかし、着いてみると、
雪はみぞれへ、さらには雨へと変わっていた。
予想はしていたが、ツリーの上半分はモヤの中。
思ったようには撮れなかった。
しかし、ツリーを中心に、時計回りに半周くらいは歩き、
街の様子を観察した。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22404494.jpg

新しいもの好きではあるが、
スカイツリーに特段の興味があるわけではなく、
街が観光地へと変貌していく様子のほうに関心がある。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2242136.jpg

空襲下の東京、米兵がジープで走る東京、
復興して近代化していく東京などを見てきた。
墨田区押上の人には悪いが、
あのあたりは終戦直後の東京が残っていて、
それと634メートルという、「世界一」電波塔との
ミスマッチに大いに興味がそそられる。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2242235.jpg

ひと息つくためにファミリーレストランに入ったら、
『日刊スポーツ』紙の号外がテーブルに置かれていた。
「東京スカイツリー完成!!」を告げるものである。
それには新名所となる施設や店が紹介してあった。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2365484.jpg

それを見ていて、信じたくないことが、現実であることを知った。
プラネタリウムはいいとして、水族館もできるという。
この話は、前にもちらっと耳にしたが、
信じたくないので、確かめなかった。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22432349.jpg

世界一の電波塔と水族館というミスマッチはいけない。
「すみだ水族館」という名称になるらしい。
記事には「魚に人に環境に優しく」とのタイトルが冠してある。
魚にやさしくしたいのなら、
こんなところに水族館を作らないでほしい。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2244854.jpg

東京にはすでに4つの水族館がある。
品川には「エプソン品川アクアスタジアム」と
「品川水族館」の2つ、
池袋には「サンシャイン国際水族館」、
葛西には「葛西臨海水族園」がある。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22443953.jpg

都内にそんなに水族館を作ってどうするのか。
しかも、空に伸びていく塔と海とはなんとも不釣り合い。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22445770.jpg

ツリーは、ハードウエアの点では、
過日の大震災という強烈なストレステストに
合格したように見えるが、
ソフトウエアのほうは、なんとも貧弱な発想。
高い塔と、低い発想。_b0141773_2245211.jpg

チョウとか小鳥とかの展示施設なり、
3Dによって、スカイツリーから飛び立った空飛ぶ人が、
東京の名所を鳥瞰図で訪問するなり、
もっと空に接する要素を採り入れられたはず。
そのうえ、水族館の維持費よりもはるかに安くあがるはず。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22455175.jpg

つくづく、発想というものは、
空に向かってどんどん伸びていく、
というわけにはいかないことを改めて実感した。
高い塔と、低い発想。_b0141773_22465729.jpg

これは、どの世界にもある発想の委縮。
健康支援の世界にもある。
それについては、次回に書くことにしよう。

by rocky-road | 2012-03-05 22:46  

<< 「ぽっちゃり」が輝くだって?! 食育のゆくえ。 >>