あなたって、クレオパトラに似てる!!!!

あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_022396.jpg

前々回、このブログに
「責任と誇りのある文章を書こう」というタイトルで
一文を書いたところ、
知人から感想を伝える手紙をいただいた。

前々回の私のブログの内容とは、
ある栄養士のリーダーが、
二言目には栄養士の「専門性」を口にするが、
栄養士の専門性ってなんだろう、という趣旨のものである。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0232374.jpg

知人は、感想に加えて、
このブログと似ている文章を見つけたと、
食の専門誌に載っている記事のコピーを
同封してくれた。

「栄養士に問う」と題するその文章を読んで
あまりの内容の粗雑さに絶句した。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0244357.jpg

元大学教授という人のその文章は2ページ分。
内容は2つに分類できる。
前半は、「社会と文化が正常なら食育はいらない」と
ある講演会で話したという内容を補足するもの。
社会のほうを直さずに、食育という絆創膏を貼って
社会の乱れを繕おうとした似非(えせ)栄養学者が
乱立している……云々。

後半は、こんなふうに結んでいる。
「栄養学は食を通して社会の営みに関わる学問であり、
単なる生化学的知識の集合ではない。
食料の生産から摂取、排泄、汚物処理に関し、
人と社会との関わりを総括的に見るものである。
そう考えれば、栄養学を学んだ皆様には
現在の壊れかかった社会の立て直しに関与できる場面が
ごまんとある。自分にできることで良く、背伸びしてまで
やる必要はない。名誉を求めず自分らの社会を
少しでも良くしようと思うだけで、食育につながるのである」

この人は、社会がよほど壊れていると見ているらしいが、
この文章からは、どこがどう壊れているかがわからない。
壊れていない社会とは、いつ、どんな状態で存在したのか、
その例示もない、よくある嘆き節の論調。

さらにわからないのが、
社会の「壊れ」と、食育とがどうつながるのか、
一部の栄養学者は食育によって
社会を繕おうとした「似非(えせ)栄養学者が乱立している」
という話へと持っていく展開。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0292159.jpg

自分のイメージをコトバで説明できない。
なにか憤りのようなものが内在しているらしいが、
それをコトバで表現することができない。
自分の中では、食育、栄養学者、社会の乱れとが
つながっているらしいが、3つの関係の説明がない。

結びの文章はいよいよもう分裂的で、
栄養士には「壊れかかった社会」の立て直しに
関与できる場面があるといい、
しかし、背伸びまでしてやることはないといい、
社会を少しでもよくしようと思うだけで、
食育につながる、と。

酔っぱらいの文章みたいで、
ていねいに読もうとすると、かえってめまいが起こる。
ここで文章教室や文章心理学をやっているヒマはないから
話を先に進めたいが、それにしても伝統ある専門誌が
よくもこんなひどい文章を載せるものだと、
編集者の質の低下を嘆かずにはいられない。

私のブログの文章に似ていると思われたのは、
栄養士を指導する人へのクレームである、
というところなのだろうか。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0295790.jpg

さて、上記の文章を送っていただのと同じタイミングで、
こんなことがあった、と聞いた。

パルマローザの会員講師が「食育」に関する
セミナーを担当したところ、受講した1人から、
講師が論じた内容が、
『文藝春秋』の11月号に載っている
料理研究家の辰巳芳子さんの発言と
「ほとんど同じ」との感想を聞いたそうである。

さっそくその講師は、雑誌を買って読んでみたところ、
内容に重なる部分がほとんどなかった。
そこで講師は、感想を伝えてくれた人に質した。
「どの部分が同じなのですか」

いろいろのやりとりがあったが、
「食をたいせつにしたいという心が同じ」
というところに落ちついた。

「食をたいせつにしなくていい」という論調は皆無だから、
世の食事論は、全部似ている、ということになる。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0305331.jpg

似ていないのに、同じように感じられる、
これは少なからずの人に共通する感覚なのかもしれない。
講演会の講師を経験した人(おもに女性)は、
受講者から「先生のお話、私の考えていたことと同じなので
自分の考え方でいいのだ、と思いました」と
感想を述べられることがときどきあるという。

言われたほうは、気分が穏やかではない。
独創的な考え方やスキルを講じたのに、
それが自分の考えていたことと似ている
などといわれたら、
プライドがおおいに傷つく。

著述家にとって、人の論説を転用することは、
資格を問われるほどの大罪である。
雑誌や新聞記事にも、
人の記述を丸写ししたものがあり、
それが露見して、大きなトラブルになったことは何度もある。
大手の新聞社などは、剽窃をした者を即クビにする。
(ひょうせつ=人の文章や詩歌を
自分のものとして利用すること)

それが社会通念だから、
「似ている」とか「同じ」と言われたほうは、
緊張するし、まさか、とも思う。
そんな悩みを植えつけるほうは、
あっけらかんとしている。悪気はない。

その原因は、本人の「浅読み」、理解不足にあるが、
それでも本人にしてみれば、
接した文章や講話に共感した、
という好意的な表現のようである。
あなたって、クレオパトラに似てる!!!!_b0141773_0312024.jpg

だから著述家よ、
「似ている」「そっくり」と言われてもがまんをしよう、
彼らにとっては最高の賛辞のつもりなのだから……
というのが結論だとしたら、救いがなさすぎる。

やはり、面倒でも、
「どこが、どんなふうに似ているのですか、
私にはわからないので、説明していただけますか」と
問いかけることだろう。
詰問ではなく、穏やかに、穏やかに……。

もちろん、浅読み人間には説明はできないだろう。
それでも腹を立てずに、できる範囲の説明を聞こう。
コトバに窮して、自分の不用意な直感が、
相手を傷つけたことに気がつく可能性は低いが、
それでも、説明を求めることによって、
相手の読解力、話を正確に聞く能力、
説明する能力を、
数ミリにしろ前進させるほうに賭けてみようではないか。

by rocky-road | 2011-10-29 00:31  

<< 全国ユーモリスト健康支援者ランキング あなたにとっての人間学とは? >>