夫や妻、父親や母親の減量ができますか。

夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8372533.jpg
『読売新聞』の「人生案内」は
長期にわたって掲載が続く看板企画である。
この欄に、50歳代後半の男性から「妻にやせてほしい」という相談が載った。
妻も同世代で、身長150㌢、体重60㌔以上、血圧が少し高く、薬を飲んでいる、とのこと。
20年以上、やせるように話し、健康器具も買ったりしたが、
最近は腹が立って「やせよう」と口にするのも嫌になった、とか。

おもしろい質問なので、わがロッコム文章・編集塾の塾生にも
「あなたならどう答えるか」という宿題を出した。
40人近い塾生が宿題としての回答をしてくれだが、
その多くが「栄養指導」や「ダイエットアドバイス」をしていた。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_838213.jpg

20年も「やせてほしい」と言い続けてきた夫に、
ウエートコントロールの方法を説いても意味がないどころか、
むしろ害がある。小うるさい夫は「援軍来たる」で、またまた妻に
「やせろコール」を繰り返す可能性がある。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8393174.jpg

回答のうち、多い失敗は、夫と妻とを同一視している点。
投書者である夫に、ウエートコントロールの理屈を伝えても、
それが妻に伝わるとは限らない。
それを伝えることで対立感情が生まれる可能性もある。
夫婦間の情報伝達は、伝言ゲームの1人目ように、
原文が比較的正確伝わるとは限らない。
省略されたり、歪曲されたり、つまり色がつく可能性がある。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8383037.jpg

新聞紙上の回答者(ライター)は、
「では、どうすれば妻に(ウエートコントロールの続行を)決断させられるのか。
身も蓋もないようですがそんな方法はありません、皆無です」と書いている。
しかし、回答の終わりで「シークレット・ダイエット計画」として、
登山や旅行に誘って、知らず知らずのうちにからだを動かすようにし向ける
ことを提案している。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8402941.jpg
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_1257404.jpg

私にいわせれば、これでもまだ楽天的で、
夫にそこまでして妻のウエートコントロールに協力する意志があるとは思えない。
夫は、妻の体重を非難することによって妻の上に君臨しようとしている、
そんな気配を感じるのである。

こういう微妙な話になると、栄養学や食事学で対処しきれない。
「栄養士は人間学を学ばなければならないかも」と言ったら、
「人間学はどこで学べるのか」とつっこまれた。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_84157100.jpg

「人間学」をビジネスにしている機関も多いが、
私がイメージしているのは、人間とはなにかを、生物学や文化人類学、
哲学、社会学などから迫る思考ルートだから(学問というには広すぎる)、
いくつかの本を読んで「そのあたり」を把握するしかない。
インターネットでもいくつかのことが学べる。

しかし、ポイントはそこではない。
つまり栄養士の守備範囲は、こんなふうに広がっていくだろう、ということである。
ある学者が「人間栄養学」を提唱しているが、この場合の「人間」が、
なにを指すのか、いくつかの著述を読んでもわからない。
「イヌの栄養学」や「ネコの栄養学」と区別する程度の「人間……」であって、
「人間学」とはほど遠い。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8451886.jpg

夫婦とはなにか、親子とはなにか……などは、栄養士が扱うテーマではないが、
上記の人生案内に答えたり、食育論を展開したりしようと思ったら、
そのあたりにも目を向けないと、机上の空論ばかりを展開する
「メルヘンチック職業人」で終わってしまう。

スポーツ栄養や産業栄養学がうまくいかないのは、
軸足を栄養学に置きすぎて、コンパスが広がらないからである。
「現場を知れ!」とはよくいわれるが、そうではない、「人間を知れ!!」である。
おおざっぱに言えば、理系の栄養士が文系的思考法を身につけると、
「生涯現役」の実現性は飛躍的に高くなるように思う。
夫や妻、父親や母親の減量ができますか。_b0141773_8424576.jpg

by rocky-road | 2011-06-25 08:42  

<< コトバは、健康支援者をもダメにする。 「栄養士サークル運営論」のすすめ >>