一筆したためし候

一筆したためし候_b0141773_23101434.jpg

一筆したためし候_b0141773_2314534.jpg
過日の奈良への旅では、視界に入る筆文字に目を向けることが多かった。
たまたま見かけたのれんや看板の書体に、誠実さや力強さを感じたからである。
そのたくましさは、東大寺の金剛力士像など、
木彫作品の表情やポーズに通じるものがある。
一筆したためし候_b0141773_23143545.jpg

最近、若い書家がテレビにも登場するようになり、
作品を見ることが多くなったが、ヘンな癖があって好きにはなれない。
書の専門的な見方はわからないが、
若手書家の書は、個性を出そうと力み過ぎるのか、
品格や誠実さが感じられず、もちろん力強さなど微塵も感じられない。
一筆したためし候_b0141773_23145418.jpg

なぜそういう意地悪な見方をしてしまうのか、と考えてみると、
榊 莫山(さかき ばくざん)さんの書に親しんできたために、
それが自分のスタンダードになっているのかもしれない。
(2010年10月没 84歳)
一筆したためし候_b0141773_23151525.jpg

莫山さんの書は、広告や商品ロゴにもなっていてよく知られている。
とくに書画が好きで、絵と書のバランスに魅了された。
漢字とカタカナという組み合わせもおもしろかった。
何回か、それをなぞって練習したことがある。
筆の端を持って、筆圧をかけずに書く手法はなかなか真似ができず、
お手本とするにはレベルが高すぎることを悟った。
一筆したためし候_b0141773_23155095.jpg

ところで、私のまわりにも、書に挑戦する人がぼちぼち出てきている。
専門家の指導を受けているという話は聞かないが、
世の中にはお手本はいくらでもあるから、
そういうものを参考にして自己流でしばらくやってみればよい。
一筆したためし候_b0141773_23162125.jpg

デジタルコミュニケーション一本槍になって、
文字への美意識が弱くなっている人が多い時代には、
むしろ新鮮なコミュニケーションスキルとなる。
一筆したためし候_b0141773_2317255.jpg

書は、字がうまくなるとか、アピール度が増すとかといった
表現力強化にプラスに働くということにとどまらず、
美意識や洞察力を育み、結果として
世の中や人生を見る目を肥やすことになる。
一筆したためし候_b0141773_23221971.jpg

いまは、筆ペンが普及したおかげで、
硯(すずり)で墨を擦ったり、筆を洗ったりという手間はいらなくなった。
本格派からは邪道といわれるだろうが、複数系統の発展があってもよいと思う。
エンピツもシャープも、万年筆もボールペンも水性ペンも筆ペンもある筆記具文化に
決定的な不都合はないように思う。
一筆したためし候_b0141773_23224320.jpg

シンプルを選ぶよりも多様性を選ぶほうが、
生物としての適応力を高めることになるだろう。

by rocky-road | 2011-06-01 23:19  

<< 「栄養士サークル運営論」のすすめ マリア・アリストテレス様 >>