マリア・アリストテレス様

マリア・アリストテレス様_b0141773_20164547.jpg

先日、引き出しの中をかき回して探し物をしていたら、
目当てのものとは違う資料が出てきた。
もう10年以上も探し続け、もはや無くなったものと諦めていたので、
この失せ物発見はうれしかった。

それは『文藝春秋』の記事のコピーで、昭和53年1月号と書き込んである。
つまり1978年だから、33年前の雑誌記事である。
タイトルは「哲学の文章について」 
筆者は当時、京都大学哲学教授であった田中美知太郎氏。(1885年没)
文末には「本稿は日本文化会議月例懇談会 第百回の記念講演
速記に加筆されたのです (編集部)」と入っている。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20315724.jpg

なぜ、この記事が私にとって大事に思えたかというと、
哲学というものは、元来、文章によって説かれるものではなく、
対面での話し合いや討議によって説かれるものだった、という話を
この記事によって教えられたと考えていたからである。

ひょっとして、田中氏の著書に、同じようなことが載っていないかと思って、
著書の1冊を取り寄せてみたが、それには見あたらなかった。

その当時の記憶では、
哲学的な思考は、いろいろのシチュエーションの中で
是非や賛否を論ずるものであって、一般論にはしにくいところがある、
という趣旨の話である。
そうだとすれば、それは今日のカウンセリングに似ていて、
個別対応にこそ意味があり、そこに思考法や論法のスキルがある。
マリア・アリストテレス様_b0141773_203237100.jpg

Aさんの問題はAさんの問題であって、Bさんには当てはまらない。
ゆえに「標準体重の維持」は大事なことではあったとしても、
「標準体重よりスリムになりたい」というCさんに、
「ムリなダイエットはやめなさい」と注意することが
最適なアドバイスなのかどうかはわからない。
個人対応の思考になっていないからである……。

そんな話を健康支援者の方々に話したことがあったので、
その根拠の1つとなる資料を手元に置きたいと思っていたのである。
しかし、見つかった資料は、30年後に見ると、かすれかすれになっていて、
目を10センチまで近づけないと判読できないほどに変質していた。
当時のコピーは、そんなものだったようだ。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20283025.jpg

改めてこの記事を読むと、その内容はこんな大意だった。

思想や哲学的な考えは、口伝えで継承されてきたもので、
哲学の祖といわれるソクラテス(紀元前469~前399年。注・大橋)は、
哲学の文章を残してはいない。(弟子のプラトンが対話集を残す。同・大橋)
やがて、いろいろの哲学的思想などは、
対話形式の文章や、詩や、書簡体の文章や、
散文によって固定されるようになった。

この伝統は、西欧ではかなり受け継がれているが、
日本では散文が中心になり、問答形式はもちろん、
詩や書簡体は発展せず、哲学にしろ文学にしろ、
文章表現の幅が狭く、窮屈になった面がある、云々。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20335194.jpg

これ以上の説明は省くが、驚いたのは、哲学は対話によって語られた、
という記述はどこにもないことだった。
しかし、私としては自分の記憶違いを認めるつもりはない。
当時、田中氏は、『文藝春秋』の常連筆者として、
巻頭のエッセイ欄に登場していたので、その中のどれかの記事で読んだ内容と、
今度見つかったコピー記事との内容がまぜこぜになったものと思う。

いずれにしても、哲学的な思考は口伝えに、または問答形式などによって
受け継がれたという、そのことは再認識することができた。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20352284.jpg

現在の日本の俗世間には哲学者はなきに等しい。
大学の一般教養科目の「哲学」講義で、学生をシピレさせてくれる教師は少なく、
ラジオでもテレビでも、哲学者の見事な論述を放送することはないし、
新聞や雑誌、書籍でも、名文や明快な文章には出会いにくい。
だから、アメリカのマイケル・サンデル教授に、哲学のおもしろさを
ごっそり持っていかれてしまうのである。

以上の認識によって、私としては
「栄養士は食の窓から人の人生に侵入する哲学者」と
定義したくもなるのである。
健康を支え、生きがいを支えるとは、まさしく健康哲学によって
人の人生を支えることにほかならない。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20303678.jpg

田中美知太郎氏は、プラトンは、ずいぶん著作があるのに、
作品がすべてではなく、哲学は書けるものではない、と言っている、
というエピソードを語り、
その弟子のアリストテレスも師に倣って問答集を残しているが、
あとは私的なノートとか講義録とかを残すにとどまる。
しかし、他者による注釈入りのその文章が、
のちに哲学を散文で書く原型になった、と書いている。

また、こうも書いている。
「アリストテレスを読むとお分かりになるように、面白くなく、
読みにくいところがたくさんあります。大たい、学校の講義というものは、
面白くないものですが(笑)、(中略)
下手な文章、下手な講義でも学生は我慢して聞いています」

さて、現代の哲学者である(?)健康支援者のあなた、
食事相談の名人で、しかし文章ベタの、アリストテレス的職能を維持するか、
後世の人に笑われないような、そこそこいける文章力も磨くか、
少し立ち止まって考えてもいい。
幸い現代は、いろいろの選択肢のある環境が用意されている。
マリア・アリストテレス様_b0141773_20254185.jpg

ロクデル「少なくとも健康支援者は、あなた自身が考えているほどつまらない職業ではない」
マリア「私は、自分の職業が、つまらない職業だなんて、夢の中でさえ、思ったことなんて、
     1回だってありませんよ」
ロクデル「そうだろうね。その自信は、あなたの表情、笑顔、髪型、お化粧、姿勢、歩き方、
     話し方、見事な問いかけ、ていねいな話しぶり、肯定的な思考などから、
     充分に感じているけれどね。自分の職業をつまらないとか地味だとか言う人、
     あるわけないものね」  (『健康支援者×ロクデル対話集』から)

by rocky-road | 2011-05-22 20:41  

<< 一筆したためし候 健康支援者さま、あなたはユッケ... >>