『半漁人伝』に想うこと。

『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_22535271.jpg

出版社から1冊の本が送られてきた。
『半魚人伝』 藤崎童士著  三五館刊
知人の水中写真家、中村征夫さんの伝記で、400㌻を超える大作である。
著者は未知の人だが、ダイビング業界を経たのち、写真業界に入り、
いまは劇作家として活躍中という。1968年生まれ。

「半魚人」は異星人みたいなネーミングで、
ダイバー以外の人のセンスのように思える。が、くわしくは知らない。
普通、ダイバーは、自分自身を「半魚人」なんて形容しない。
しかし、文章自体は骨太の、しっかりした文体である。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_22544034.jpg

ダイバーの伝記が書かれたという点で、
また、ダイバーでもある著者がこういう大作を書いたという点で
注目すべき出来事である。

昔、偏屈なダイビング仲間がいて、「ダイバーはバカばかりだ」としきりにいう。
そこで、ダイビングがバカを引き寄せるのか、
ダイビングをするとバカになるのかと、こちらもしばしば問いただした。
彼によると、「その両方だ」という。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_2259372.jpg

バカがダイビングを好む医学的根拠はない。
バカでは、海の中を歩く技術を身につけられない。
クストー(水中呼吸方式の発明者)や、石原慎太郎氏や、
その他、おおぜいの知識人や有能な人たちにもダイバーは少なくないから、
偏屈人の説は当たらない。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_2301621.jpg

もっとも、なんでも夢中になると「バカみたい」になるから、
少しは当たっているが、それはダイビングに限ったことではない。
ともあれ、ダイバー作家が、ダイバーのことを
かくも格調高く書けるではないか、例の偏屈人に伝えてやりたい。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_22574337.jpg

伝記作家は日本人には多くない。
欧米には「伝記もの」が多く、キュリー夫人、エジソン、チャップリなどなど
おなじみのものをあげたらキリがないし、歴史上の人物ばかりではなく、
現役の人も対象になる。

日本に同国人の伝記ものが多くないのは
日本人の悲観主義、適正な評価が苦手な性向と関係があるかもしれない。
中村征夫氏も現役パリパリ、その人の伝記を400㌻も使って書いたところがスゴイ。
版元の三五館は、不肖わたくしの『「予暇」で自分を組みかえる』を出してくれた会社。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_2314962.jpg

伝記には、対象となる人にやや距離を置いて書くことが求められる。
業績をあげた人が、ライターを雇って書かせる伝記は、
ベタベタと対象者にくっつき過ぎるために、読むに耐えないものになってしまう。
『半魚人伝』は、もちろん、作家自身に「書きたい」という動機がある。
その熱意が、この緊張感のある文章を生み出しているのだろう。

少し話を広げるが、
自分の仕事、人の仕事を適切な表現で説明する必要に迫られることは多い。
これがクリアできない人は、二流、三流で人生を終わる。
ダイバーについていえば、「ダイビングってなんですか」と聞かれたとき、
「水族館の世界を見ることです」などと答える者は四流。
脇差しかピストルを手渡して、「これで自分を始末せよ!」と言ってやってもいい。
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_2323427.jpg

「竜宮城へ行くことです」や「半漁人になることです」が三流くらい。
これらは、町内引き回しくらいで許してやってはどうか。

「地の果てから始めるもう1つの旅です」
「野生動物と非言語コミュニケーションをすることです」
くらいになると、一流にランクアップする。
(こういうフレーズは、文京、板橋、赤羽くらいに居住した者に、稀に浮かぶことがある)
『半漁人伝』に想うこと。_b0141773_232569.jpg

「健康支援者ってどういう人?」
「栄養士の仕事の魅力ってなんですか」
「あなたの病院のカラーって、何色?」
「あなたのお料理教室の特徴は?」
「あなたに講演をお願いしたら、どんなテーマでやってくれる?」
玄関を出たら7人の敵がいると思え、だそうである。
一流を目指すあなたのこと、半魚人・デンキウナギのように、
私をシビレさせてくれるだろう。

by rocky-road | 2010-11-26 23:05  

<< ダイビングは何のため? 健康は... 現代の哲学者は栄養士か……?!?!? >>