赤羽ツアーもエキサイティング

赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_23261135.jpg
11月3日に開催された「健康支援者のための身だしなみツアー ショッピング編」に
ガイド兼講師役で参加させていただいた。
当初は「十条ツアー」を予定していたが、
対象店の質と量を考えて「赤羽ツアー」に変更した。
いずれにしても、下町で衣服を調達するツアーである。

「時代の最先端を行きたいと思っているレディに
東京北端の下町で身だしなみツアーはないだろう!」と思う人があるかもしれないが、
それは素人の浅はかさというものである。
もちろん、銀座や原宿、横浜などとは仕入れ先も仕入れ値段も違うから、
デザイン性、品質も、売り値も大違い……と考えがちだが、
それでは時代を見ていることにはならない。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_23284982.jpg

よくも悪くも、横並びニッポン、世界中の一流店のデザイン服は
その類似品、バージョンアップ品が数か月のうちに
下町のブティックにも陳列される、
そういうシステムが日本中にできあがっている。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_22544962.jpg

「安物」に違いないが、高級と非高級との違いは、
思っているほと大きなものではない。
よりひどいデザイン、破れやすい素材、切れやすい糸を
意図的に作るメーカーはない。
とくに繊維(とりわけ化学繊維)については、
その高品質素材の生産力において、
日本は、おそらく世界一の座を占めているだろう。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2255311.jpg

こうした市場性を知っている買い手の楽しみは、
玉石混淆(ぎょくせきこんこう)、いや、「石」は少ないから、
「大玉小玉混交」(だいぎょく しょうぎょくこんこう)の中から、
自分の審美眼に従って良品を見直す楽しみは、
よい仲間、よい仕事、よい書物、よい人生を選択するのと同じくらい、
危険もはらんでいて、それゆえにエキサイティングである。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_22554658.jpg

よりよいものを、より安く、より正確に求めようと思うときのドキドキ感は、
ブランドを愛好する人のそれと大差はない。
仮に、1着30万円のモノにするか、
50万円のモノにするかで迷うときのドキドキ感が、
1着3,000円のモノにするか、
5,000円のモノにするかで迷う人の100倍だったとしたら、
ブランド愛好家はみんな短命になってしまう。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_22563389.jpg

さてこのツアーでは、
女性服の店数軒、スポーツ用品・ウエア店1軒を予定していたが、
1店に2時間以上かかったので、2店でタイムオーバーになった。
お1人さまのお買いあげ点数は、2店合計で平均10点を超えただろうか。
講師の役割といえば、これといったアドバイスをするでもなく(できはしないし)、
多少は顔が知られている店の中で、
「支払いは全部私が……」という顔で立っているだけ、という役回りである。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_22584133.jpg

なにしろ7人が数十点の試着をするので、
2~3箇所の試着室は、パルマローザチームにほぼ占領された。
「どこかの生徒さんですか」「きょうは、パーティかなにかがあるのですか」
「ブティック関係の人ですか」などと、いろいろの声かけを受けた。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2330068.jpg

私のファッションライフは、必要なものを買い足していくパターンだが、
ショッピングツアーでは、よいデザインのものが見つければ「お買いあげ」という順序。
見ているたけけでも気持ちがよい。
今回に限らず、男1人、おおぜいの女性の衣類選びに5時間もつき合って、
少しも飽きないどころか、充分に楽しいと感じてしまうわが身について
「なにか病気の前兆かな?」と自己診断をしたことさえないのは、
人のモチベーションを強化し、
人生の一部を支えているという自負と充足があるからである。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_230128.jpg

行動療法では、人のモチベーションを強化する因子を
①「物質的強化子」 ②「金銭的強化子」
③「心理的強化子」 ④「社会的強化子」などと分類する。
これに従うと、衣服は、「物質的強化子」「心理的強化子」「社会的強化子」として
個人のモチベーションを内外から強化することになる。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2304687.jpg

私は、「衣服とは自分でコントロールできる社会環境である」とする。
その環境は、自分にとっての環境であり、周囲の人にとっての環境である。
その環境は、自分を変え、人を変え、それがまた自分を変える。
合わせ鏡のような反射を繰り返す環境である。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2324416.jpg

従って、ショッピングツアーとは、
その環境(それは健康的環境でもあるのだが)を
構築するためのエネルギッシュなアクションである。
だから楽しい、飽きない、エキサイティング。
みなさんの表情が高揚してくる、それにまたシビれる。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2332815.jpg

地方の人は、適当な店が地元にはないという。
それは大玉、小玉の中から、自分の環境を見いだす経験と努力とが
たまたまない、というだけの話である。
奥尻島であれ小豆島であれ、石だらけということはまずなく、
かならず大玉、中玉、小玉を見つけられるはずである。
赤羽ツアーもエキサイティング_b0141773_2334348.jpg

遠からず、現地密着型の身だしなみツアーの要請が
影山 なお子さんにありそうな気がする。
それは、その地域の人に限らず、日本人の環境を若く、
アクティブに、そして、よりヘルシーに改変する
楽しい環境問題だと思う。

by rocky-road | 2010-11-04 23:04  

<< 「シラ~ッ人」の存在理由 秋を撮る。 >>