自分づくりのネットワーク

b0141773_13343993.jpg
9月18~20日の日程で行なわれた「合宿」に参加した。
正式名称は「もっと輝きたい 健康支援者のための これからの ネットワークづくり合宿」という。
影山 なお子さんのブログ
http://palmarosa.exblog.jp/ にもあるように、
遠方であったり、いろいろの事情でイベントに参加できなかったりする人向けに
1回でもネットワーク体験をすることで、自分の生活を見直してもらおう、
というのが企画意図である。
b0141773_1433429.jpg

生物は外界からの刺激に反応して生きているが、
慣れ親しみ過ぎた環境からは刺激を受けなくなる。
「慣れ現象」といって、連続的なストレス因をシャットアウトするシステムの1つともなっている。
しかし、脳内のプログラムが固定化して、変化への反応が鈍くなるというマイナス面もある。
b0141773_13352913.jpg

人間でいえば、「私の人生はこんなものか」と、その段階で人生のサイズを決めてしまう。
そのほうが落ち着くという利点をとるか、
能力や充実の可能性を封印してしまうというピンチをとるのか、
その評価もまた自分自身だから、それはそれでよい、ということになる。
ちなみに、「ピンチ」はストレスの一種だから、それを緩和しようというモチベーションが生まれる。
私の基本的な考え方だが、
ストレスとモチベーションとは、生物にとってワンセットの行動原理である。
b0141773_1444372.jpg

しかし、リーダーシップというのは、基本的には他者を支えることだから、
「小さくまとまりかかっている人生の地図を、もう少し広げてみてはいかが?」と
声をかけたくなる。それが今度の合宿だろう。
b0141773_1336157.jpg

ミニ講話と、夜通しトークのコメンテーターとして、この合宿に参加した。
いつものクセで、「ネットワークとはなにか」について定義を求めた。
辞書で「ネットワーク」を見ると、コンピューターシステムの連携的なシステムであったり、
ラジオやテレビの番組供給網であったり、動物の神経網や脳内の情報網であったり、
要は「いくつかの部分が連携している仕組みまたはシステム」ということである。
b0141773_1445951.jpg

合宿で強調したかったのは、自分の生活圏の中にシステムをつくることの意義と、
その利点についてである。生活圏とは、私生活から仕事、化粧の手順、
食事の時刻や、朝昼夕の献立内容、人との話題の展開法、歯磨きの手順などなど
システムとして、つまり連続的な行動パターンとしてとらえ、弱点や非効率部分を修正する。
b0141773_13364319.jpg

仕事にやりにくいところがあったら、システムとして改善する。
一般に、仕事から楽しさを抱えきれないほど受け取れる人は少ないが、
だったら、より楽しくなるようなシステムをつくればよい。
システムは、自分が無きあとも、その職場に残る。
人生に足跡を残すとは、そういうことにほかならない。
左足で踏み出したら、次は右足を出す……それが二足歩行のシステムである。
b0141773_1453493.jpg

日々に楽しさがイマイチ不足しているのであれば、
楽しみを生み出すシステムをつくればよい。
日記をつける、ライフスタイルノート(テーマ別)をつける、
ラブレター、ラブコール、ラブメールの発信曜日や時刻を決めておく、
図書館の書棚にある自分仕様の書名を記録しておくノートを作る、
などもシステムの1つである。
b0141773_13372910.jpg

中小企業の社長の中には、「きのう(日曜日なのに)会社に出て、
半日しごとをしたよ」と、部下にしばしば口にする人がいる。
休日出勤の気楽さ、楽しさを誇らしげに語るが、
こういうシステムは、部下にとってはメリットの少ない、
要するに迷惑なシステムである。

人的ネットワークがあったほうがよい例をいくつか。
職場や同業、同地域の人との私的な集まり習慣、
勉強や趣味で定期的に集まる仲間、
美しい風景や感動的な映画を観る仲間、
おいしい食体験を重ねる、継続的な仲間、
「きれいだね」「髪型がステキ」と言い合える仲間などなど。
b0141773_13385415.jpg

「愛してる」「好きよ」を言い合える相手をネットワーク化するのはまずいが、
幸福感を持続するシステムではあるから、
「愛の表現法のネットワーク」ということにしてもよかろう。
つまり、いろいろの愛情表現を次々に開発し、実行し、
ステップアップしていく脳内のシステムである。
ここまでくると、「ネットワーク」の辞書の定義からは逸脱するが、
自分とあの人との小さなネットワークにとどめておくのなら、
どこからも文句は出ないはずである。

かといって、小さな脳内の地図を100%支持するものではない。
1対1の密度の濃いシステムは、ていねいな人間関係を形づくっていくという意味で、
人的ネットワークの基本的な単位といってよいだろう。
b0141773_1339914.jpg

by rocky-road | 2010-09-27 13:39  

<< 真剣な遊びゴコロ 自分の村を守れない人々 >>