このブログ、「注目を集め」てはいません。

このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16101017.jpg
「注目を集める」
「先行き不透明」
「立件を視野に捜査を進めている」
という表現が耳障りだということは、
以前、このページに書いたことがある。

「注目」はわざわざ「集め」なくても、「注目される」ですむし、
「先行き不透明」は不適切かつ卑怯。
「先行き」は心眼または洞察で見るものだから、
「不透明」といって、問題から逃げてはいけない。
人間は、不透明な壁の裏側は見通せないが、
未来なら、ある程度見通すことができるはず。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16105317.jpg

「立件を視野に捜査を……」は、「視野に入れて」というべきで、
「入れて」を省くのは横着である。

これらの表現がNHKニュースに突出して多いので、
NHKの方言なのだろう。
なんとも気になるので、NHKの放送文化研究所に尋ねたら、
ていねいな返信があった。
「誤りとはいえないまでも、常套表現が問題」とのこと。
職員研修のときなどに、意見を参考にさせてもらう、ということだった。

このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16111379.jpg
ヒマがあったらテレビやラジオ番組で、
「注目を集める」という表現がいかに多いか、頻度を確かめてみるといい。
1日に軽く10回は超えるはずである。
民放にも感染中だから、全部を合わせたら、相当の数になるだろう。

話題をもう1つ。
冠婚葬祭のご案内ハガキの文章に句読点を打たない習慣が
いつの間にか定着した、とここに書いたが、
あるホテルの担当者がこの記事にたどりつき、
自分のブログにこんな趣旨のことを書いてくれた。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16132965.jpg

(この種の案内状では)
句読点を省くのが常識と思っていたが、
「浅墓な常識をぶっ壊すようなブログをみつけた」と。
http://www.iwaki-wh.com/weddings/staffblog/2010/08/post-13.html

1人でも、それに気づく人があったのは幸運である。
ただし、それによって改善される可能性は少ない。
周囲の関係者が、例によって例のごとく、
句読点を打つと「縁が切れる」「つながりを裁つ」などという屁理屈を並べ、
彼の新しい(いや、昔からの)常識をブロックするに決まっている。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_1614980.jpg

なにしろ、当塾に5年も通い、句読法を学び、
明治維新以来、「国語」を確立するために
関係者がいかに努力してきたかを知っている人でも、
自分が結婚式の案内状を作る段になると、
結婚式場のアマチュア型「句読点無用論」に押し切られ、
後退を余儀なくされてしまったのだから。

グレシャムの法則に「悪貨は良貨を駆逐する」というのがあるが、
コトバにも表現にも似たようなところがある。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16151065.jpg

ただし、グレシャムの法則と違うのは、
よいコトバや表現が、悪いコトバや表現を駆逐することもある。
「すばらしい」「最高」という意味の「ヤバイ」も、
また古巣に押し戻されて、悪人の専門用語に帰結する可能性はある。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_161551100.jpg

コトバの「よい」も「悪い」も、適切も不適切も、多数決で決まるが、
1人の造語や使用語が一瞬に広まることもある。
だから自分の表現法を信念で支える意味はある。
そのためにも、つねに脇差し(刀のこと)か、すりこぎ棒か、水鉄砲かを
携えておく必要がある。(「脇差し」は銃刀法違反)

それが武士道であり、大和魂であり、文化人である。
このブログ、「注目を集め」てはいません。_b0141773_16161313.jpg

by rocky-road | 2010-08-31 16:16  

<< 世界や自分の仕分け方 歌える歌、歌いたくない歌。 >>