テンで話にならない。

b0141773_0104222.jpg
近く結婚する人から、結婚披露宴へのご招待状の表記法について尋ねられた。
きわめて基本的なことで、ご案内書状の文章に
「句読点を打つべきかどうか」ということである。
以前、このブログで、
喪中を知らせるハガキの文章から句読点が消えた、という話を書いた。
それを読んだのだが、では披露宴の案内状はどうするか、という問題である。

答えは簡単で、日本の正書法では、ほとんどの場合、句読点は打つ。
例外は固有名詞、新聞や雑誌のタイトル、小見出し、慣用的な語句、詩歌などである。
それでも、「モーニング娘。」「句読点、記号・符合活用辞典。」のように
固有名詞や書名に句読点を打つ場合も珍しくなくなった。句読点を打つ俳句もあると聞く。
句読点の打ち方のルールのことを「句読法」という。
b0141773_0114062.jpg

しかし、民間の案内状などでは、〝一部〟に句読点を使わない習慣がある。
いや、一部だったものが、いつのまにか、主流になった。
なぜなのか。

明治以降、国語教育は、文学、名文主義で、
著名な著述家の文章を鑑賞することが勉強の中心だった。
ここから「文才」という無意味なコトバが生まれた。
国語教育は、国民としての心を教える側面もあるから、
文学、名文主義は日本に限ったことではない。
b0141773_012627.jpg

一方、のちに「実用文」と呼ばれる諸案内状などは、
街の印刷屋さんに任されることになった。
名文中心の教育では当然そうなるが、
実用文や仕事文は、やや格の低いもの、として扱われるようになった。

結果として、街の印刷屋さんが、案内状の形式や表記の主導権をとるようになる。
ここから日本特有の「前例主義」「無難主義」が一人歩きするようになる。
知ったかぶりの知識を振り回し、
「句読点は教養のない人が打った」「途中で切れたり止まったりするのは縁起が悪い」
などという俗説が伝承されるようになる。
b0141773_0132930.jpg

いまはその知識が結婚式場に受け継がれ、ますますもっともらしい言いようになった。
新婚さんが「文章・編集塾で、句読点は打ったほうがいいと学んだ」と提案でもしようものなら、
専門家ぶった式場担当者から「前例がありません」「こういうのは縁起物ですから」と
釘をさされて、ビビってしまうのはやむを得ない。

ここにも最近目に余る、三流レストランのシェフやウエーターと同じ「しゃしゃり出」が見られる。
個人が書く文章の表記法にまで口を出すとは、どういう了見だ。何が言論の自由か。
かの進駐軍でさえ、私文書の開封、検閲まではしたが、
書き直しまでは命令しなかったのである。
それがいまは、新婚さんの文章を、文章に素人の結婚式場が添削するのである。
b0141773_0135847.jpg

ではどう対処すべきか。
「無難」が好きな日本人なら、迷わず「郷に入れば郷に従え」、
長いのものには巻かれるのがよろしい。

国語のあり方を考え、自分の教養と見識を信ずる人は、
式場側に宣言すればよい。
「これは表現の自由であり、国語の正当性を守る戦いである。
お主がどうしても拙者の文章を直すというのであれば、
この際、決闘をもって決着をばつけたい。
本日午後6時、すりこぎ棒を持って中庭に
おいでいただけまいか」と。
b0141773_0143379.jpg

そう、国語の尊厳を守るには命をかけるのは当然である。
親戚縁者から四の五のいわれても、
君にはデンと構えている根性があるか。
君は、草食系で生きていくのか、それとも……。
b0141773_015231.jpg

by rocky-road | 2010-06-18 00:15  

<< ?!なんで・なんで・なんで、ど... わが、ハッピーバースデー >>