わが、ハッピーバースデー

b0141773_7593034.jpg
6月5日の誕生日を多くの方々に祝っていただいた。
リーダーシップゼミナールの前日というタイミングであったため、
このゼミに参加する方たちが各地から横浜入りしており、
このタイミングでバースデーパーティーを設定していただくとは、
第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦も顔負けの絶妙な作戦である。
連合軍総司令官、アイゼンハワー・なお子元帥に対したてまつり
感謝と、その作戦力に直立不動の最敬礼をせねばならない。
b0141773_22342488.jpg

5日には横浜元町のレストランで、16人の方々に祝っていただき、
翌6日には、リーダーシップゼミに出席した25人の方々に
メッセージカードをいただいたりした。
このほかにも、多くの方々にメッセージや写真を送っていただいた。
まずは、この場でお礼を申しあげたい。
b0141773_22112261.jpg

なかには、22年前にNHKテレビの「遊々専科」に出演したときの録画を
CDにダビングして送ってくださった方もおられる。
お陰で、52歳の自分に対面し、「がんばらねば」と改めて誓うことにもなった。
b0141773_2212484.jpg

たかが70代で、元気の秘訣を語る資格はないし、
そもそも「長生きの秘訣」「健康の秘訣」という設定は俗っぽく、
あまり使いたくないフレーズである。
「秘訣」というと、あたかも1、2の方法があるように思うが、
長生きや健康は総合的要因によってもたらされるものだから、
こういう問いかけや回答をしてはいけない。
b0141773_22182287.jpg

このブログを目にした方は、「長生きの秘訣」「健康の秘訣」などという
低俗なコトバを生涯使わないほうがよいと思う。
自分についていえば、毎年、こうして祝っていただける環境にいることは、
心の健康増進におおいに役立っていることは疑う余地がない。
b0141773_22185035.jpg

ところで、5日の宴席で、おもしろい社会現象に気がついた。
みなさんに祝辞をいただいている最中に、
レストランのウエーターが「お料理の説明をさせてほしい」と割って入ってくるのである。
会の流れを遮ってまで、料理の説明をする緊急性があるのか。
料理講習会ではないのだ、なんで料理が主役になろうとするのか。
b0141773_22192713.jpg

この現象をこう解釈した。
会食会が増えて、厨房の人やサービス側が、不遜にもしゃしゃり出てきたのである。
昔から、女性客が増えると老舗や高級店は堕落するといわれてきた。
修行中の新米板前までが、華やいだ女性のウケを狙って、
落ち着かなくなるからである。
目が手元ではなく、客の顔に向くようになる、口数が多くなる、
偉そうな口をきくようになる……。
b0141773_22141064.jpg

客は客で、「食材はどこどこの旬のもの」という程度の説明に
「わぁ、すごい!!!」なんて歓声をあげる。(なにがスゴイのか!!)
これの連続で、いい気になってしまうのである。
たいした情報もないくせに偉そうな物言いをするシェフ、板前、料理講師を見かけたら、
そこはミーちゃんハーちゃんの多い店と思って10中8、9、間違いない。
b0141773_22172551.jpg

こういう俗化を目の当たりできたことも、
バースデーパーティを開いていただいたお陰の収穫である。
いうまでもないが、これは、パーティを設定した人の責任ではない。
俗化のペースがあまりにも早いということの結果でしかない。
b0141773_22383099.jpg

しかし、ここから学習することはある。
パーティ、楽しい懇談を中心とする会食のときは、
出しゃばりすぎない店を選ぶか、「出しゃばったら殺すぞ!」と念を押しておくことである。
b0141773_22203023.jpg

祝ってくださった方々、ありがとうございます。
感謝をこめて、申しあげます。

by rocky-road | 2010-06-09 22:20  

<< テンで話にならない。 健康支援者のもう1つの方向性 >>