あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。

あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_104386.jpg

わがロッコム文章・編集塾が開塾してから6年がたった。
5年間通っていただいた方から、感謝の記念品をいただいた。
彼女の現在の仕事(編集者)や人生に、
ほんのちょっぴり貢献できたと聞いて、深い感慨を覚えている。

当塾の指導方針の1つ、「人は文章で考える」については、
しばらく通った塾生はおおむね理解し、論理的思考を高めつつある。
細かい決まり事、原稿用紙の綴じ方、
「である」調の文体の安定度(ですますの混用がない)、
タイトルのつけ方、句読点の使い方などについては、
大きな失敗が少なくなった。
あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_1204864.jpg

しかし、なかなかマスターできないのは用字用語である。
「更に」と書くか「さらに」と書くか、「早速」と書くか「さっそく」と書くか、
「好きな所」と書くか「好きなところ」と書くか、
「あの時」と書くか「あのとき」と書くか、
「鯵」と書くか「アジ」と書くか「あじ」と書くか……
そういう点では指導効果がなかなか現われず、困惑している。

その理由は、正書法というべきスターンダートがなく、
なにを基準に書いたらよいかがわからないからである。
多くは新聞を頼りにするが、
新聞は自由民権運動の伝統を引きずる硬派のメディアだから、
「だれにもわかりやすく、親しみやすい用字用語をしよう」という発想が育ちにくい。
あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_127196.jpg

そのうえ、たいていの人に実践の場が多いとはいえない。
自分の文章が、自分の組織、
自分の作る商品の存続や売れ行きを左右する、
というようなせっぱ詰まった立場にはないから仕方がないのだが。
いや、そういう立場にいながら、気づいていない可能性もある。

さて、用字用語の不統一は、表音文字を使う欧米の文章表現にもあるが、
漢字とひらがなとカタカナと、さらにはアルファベットを併用する日本語は、
よけいに用字用語の不統一が生じやすい。
いま、上に書いた「カタカナ」だって、
人により、時と場合によって「かたかな」または「片仮名」と書く。
あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_122274.jpg

そういう事情は百も承知しているが、
それでも、自分なりの、そして読み手に負担をかけない用字用語を
わがものにしてほしいと思う。
それもまた、社会進出の足がかりの1つだからである。

自分の小さな世界だけで文章を書いているうちは、
用字用語など、気にはならない。
そんなことよりも、文章の論理性やオリジナリティに留意するのが先、
と思うなかかれ。
あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_1224946.jpg

人物ができていれば服装などどうでもよい、ということにはならないように、
「てにをは」(助詞、助動詞などの使い方や話のつじつま)や
句読点、用字用語などが不適切であっても、
論点さえしっかりしていれば、それでよい……、
そうはいえないのである。

栄養士をはじめ、健康支援者に限らず、だれに対しても、
文章における用字用語のあり方を説く意味は十二分にある。
健康支援者についていえば、ヘルスプロモーション、
いわば「健康の社会教育」のためにいろいろの文章を書くだろう。
そのとき、どんな用字用語をするかまでを考えることは、
その文章のアピール度を高めることにつながる。
あなたは「あなた」ですか「貴女」ですか。_b0141773_1232377.jpg

相手に合わせた表現をすることくらい、対話のときには子どもでもできる。
なのに、文章となると、とたんに紋切り型(ステレオタイプ、画一的)になる。
たぶん、これは世界中の人にいえることである。
文化財としての文章は、ひどく後発のものなので、
そう簡単には身につかない、ということだろう。

私が編集者であったころ、コレステロールは「コレステリン」といい、
食事療法を「食餌療法」といった。
コトバは変わる。コトバが変わるということは、感性や知性も変わることでもある。

源氏物語から1000年たっても、
文章はまだ万人が使いこなすところにはいっていない。
しかしその事実は、絶望にはつながらない。
むしろ、多くの人にチャンスがあることを意味している。
用字用語を改善するだけでも、その人の社会進出のチャンスは広がる。

世界広しといえども、
自分の文章の用字用語を見直そうと考えている健康支援者は、
多く見積もっても100人はいないだろう。
さあ、どうする、あたなはその100人に入りたい?
な~んも感じない?
あっそう。

by rocky-road | 2009-08-17 01:04  

<< 講習会プログラムと雑誌の関係  問いかけ鏡を持つ人 >>