流行語大傷

b0141773_02159.jpg

毎年行なわれている「流行語大賞」の選定と授賞は、
国民の言語感覚を磨くうえで、大きな貢献をしている。
同時に、流行の流行たるゆえん(一過性)を再認識させることでも
貢献するところが大きい。

が、現実には、流行語らしくない流行語というものもある。
NHKが大好きな「立件を視野に捜査を進めている」
「注目を集めている」「成り行き不透明」、
「警察官が駆けつける」なども、
やや長めの流行表現である。
観察していたら、すぐに民放にも伝染して、
最近は民放の取材記者たちも頻発するようになった。
b0141773_0224680.jpg

マスメディアが自作の流行語を使う場合、
一見、正当な表現のように見えるから、
潜伏的に蔓延することが多い。
かつては、「言ってみれば」が大流行したし、
もっと遡ると、「突然の事故に近所の人は目をこすりこすり」というのがあった。
さらに遡れば、「紅蓮(ぐれん)の炎はあたり一体をなめ尽くし……」という、
火事の記事の定番があった。

記者は、短い時間に記事を書かなければならないから、
つい、だれかの使い古しに飛びつく。一種の思考停止状態である。
「立件を視野に」とまで言ったのなら「(視野に)入れて」を省くな。
「注目」はわざわざ集めなくたって、「注目されている」で充分。
「成り行き不透明」って、別に壁があるわけではなし、
未来を見通せなくて、それでもプロか。
未来は視覚で見るものではなく、知恵で見るものと、昔から相場が決まっている。
予測能力が及ばないときは、視覚(不透明)のせいにしないで、
素直に「予測しにくい」「予測不能」と言いなさい。
ちなみに、ひと昔前には「予断を許さない」がはやった。
b0141773_0241033.jpg

それにしても、警察官が〝駆けつける〟姿とか、
夜中に近所で事件があったとき、
〝目をこすりこす〟家から出てくる人を見かける確率は、どの程度のものだろう。
少なくとも、記者は絶対に見てはいないはずである。
以前、北海道だったか、お巡りさんが太っていては容疑者をつかまえられないと、
ウエートコントロール命令が出た、との新聞記事を読んだが……。

健康支援の世界にも、ちゃんと流行語はあって、
このブログでも、それとなく話題にした。
それはつまり、
「食の欧米化」「生活習慣病の急増」「自給率が世界でもまれなほど低い」
「粗食のすすめ」「食の安心・安全」などである。
流行語のご他聞にもれず、これらの表現の真偽のほどは定かでない。

気になるのは、健康支援界の流行語は、
はやりの期間が長すぎるということ。
「食の欧米化」なんて、もう30年も流行している。
30年もはやっていて、流行語っていえるか。

それはたぶん、この世界の時間が
ゆったりと流れているからだろう。
それはネズミの時間ではなく、ゾウかクジラの時間なのかもしれない。
無風状態は、進歩が遅いアカシなのかもしれない。

by rocky-road | 2009-02-14 00:24  

<< キミは神風となって、国民の健康... 集合写真、最近撮りましたか。 >>