公共放送の日本語力。

b0141773_21450904.jpg
1110日の「祝賀御礼の儀」を

NHKテレビの実況放送で見ていたら、

原稿のない、フリートークをするときの

アナウンサーの日本語力の弱さを

改めて実感した。

両陛下を沿道でお迎えする人たちは、

事前に手荷物検査を受けて

沿道の歓迎スペースに入ることになるのだが、

これを実況する女子アナは、

「ここをくぐり抜けた人だけが中に入れるのです」

というような説明をしていた。

b0141773_21455077.jpg

「くぐり抜ける」とはなんだ?

『広辞苑』では、「①くぐって通り抜ける。

②危険や困難な事情をうまく処理して

生き延びる」としている。

沿道に小さなトンネルなどないから、

ここでは②の意味。

b0141773_21474626.jpg

手荷物検査をくぐり抜けるという場合、

今日の意味では、

物騒な目的を持った者(たとえばテロリスト)

警察のチェックを巧妙に突破する……

などということになるだろう。

祝賀パレードを祝う人たちに対して

なんと場違いな表現をするのだろう。

b0141773_21484309.jpg

このレポートに続いて、女子アナは

沿道の人たちの声を拾うのだが、

このときには、

「〇〇県から来たという40代の女性は……」

「〇○県から来たという家族は……」

と紹介する。

「来た」は、いかにも粗雑。

なぜ「……いらした」というコトバが

さっと出てこないのだろうか。

b0141773_21492984.jpg

その前日、夕方の天気予報では、

女性の予報士が「あしたパレードを

見に行く人もいると思いますが、

あしたは絶好のパレード日和です」と。

気象予報士に限らず、アナウンサーも

しばしば視聴者に対して

「……する人もいると思う」と表現する。

せめて「人」を「方」に、

「いる」を「いらっしゃる」のように、

ていねい表現ができないものか。

b0141773_21500273.jpg

さて、パレードが通り過ぎたあと、

沿道の人たちから感動の声を求めるのだが、

ここでもマイクを向ける女子アナは、

「お2人の表情を見ることができましたか」と

「見る」を連発する。

せめて「ご覧になれましたか」と言えないのか。

b0141773_21513027.jpg

むしろ沿道の人のほうが

整ったていねい表現をしていた。

「お姿を拝見して、来てよかったと思います」

「お2人のお姿をしっかり拝見できました」

小学生さえ「お姿をこの目に焼きつけました」と。

b0141773_21504855.jpg

沿道と二元中継をする

スタジオでの男性アナウンサーのほうは、

(皇后さまは)「左右の沿道にいる人たちに

手を振られて……」と、伝える。

「沿道にいる」はないだろう。

「いらっしゃる」が使いにくいのなら、

いっそ「いる」を省いて、

「沿道でお祝いする方々(または「人たち」)に……」

「手」は「お手」が柔らかい。

b0141773_21514531.jpg

こういうイベントは、

しばしばあることではないから、

放送関係者のほとんどが初体験だろうが、

この種のイベントについては、

こういう認識をしていただきたい。

すなわち、沿道に集う人たちは、

祝賀行事に自由意思で参加した、いわばゲスト。

事件や事故に集まった野次馬とは意味が違う。

NHKが主催したイベントではなく、

宮内省が行なう行事である。

とすれば、

そこに集う人たちは他者が招いたゲスト。

となれば、一定の敬意が求められる。

b0141773_21530275.jpg

なおかつ、その多くは、

NHKから情報を有料で買っているお得意さんである。

だから、それなりの配慮をもって語りかけるべきだが、

エリート意識の強いNHK職員には、

そういうセンスはない。

今回の放送を聞いていてわかったのは、

皇族に対する敬語は、

動詞に「れる・られる」をつけるパターンに

統一しているらしいこと。

「れる・られる」は、

ていねい表現として、敬意の低いカタチ。

「笑われる」「乗られる」(手を)「振られる」

これを「お笑いになる」「お乗りになる」

(手を)「お振りになる」とすると

ずっと敬意も親しみも増す。

b0141773_21531455.jpg

NHKの感覚では、

動詞に「お」をつけて「なる」で結ぶカタチは、

敬意過剰と感じるのかもしれない。

(お話になる)

あるいは、現場のアナウンサーに

いろいろの敬意表現を指導しにくいので、

マニュアル的に

とりあえず「れる・られる」をつけろ、となったのか。

しかし、言語表現は、

時と場合で臨機応変に対応しないと

窮屈で単調、心の通わないものになる。

NHKは、

かつての「賢くも天皇陛下にあらせられましては……」

のような表現に近づくのを恐れるあまり、

幅が狭くて抑揚のない、非個性的な表現を、

有料で日本中に広めている、

というのが現状であろう。

b0141773_21532811.jpg

ふだん、人を心から敬う生活に不慣れな人が

過半数を占めるであろう公共放送局のこと、

そのことによる悪しき環境づくりに

自分が加担していることなど、

思いもよらないことであろう。

天皇であれ、総理大臣であれ、

外国からの来賓であれ、

そして、あしたの天気を気にしている視聴者であれ、

人に対する敬意表現を狭めることは、

国民の情緒を低下させ、

品位や民度を下げることにつながる。

その可能性を認識させる職員教育や

局内の環境づくりの策はあるのか。

このケースも

「NHKから国民を守る」テーマになる。

公共放送局の品位は

内部からは改善される可能性は少ない。

とすれば、

受信者のアピールは、

なにかにつけて必要となる。

ちなみに、新聞のテレビ、ラジオ欄には、

各局の窓口となる電話番号が載っている。


# by rocky-road | 2019-11-16 21:55 | 日本語力  

お好きな外食店を3つあげるとしたら?

b0141773_23263364.jpg

1週間の沖縄旅行から帰った翌日に

下記の「食ジム」があり、

その1週間後には「絵手紙講座」と

「輪読会」(昭和史を振り返る視点)と続いた。

だいぶタイミングを逸したが、

「食ジム」に関する記録はしておきたいので、

以下に記す。

b0141773_23283908.jpg

20191027()

「食ジム」第82回にアドバイザーとして参加した。

テーマは、

「クライアントに外食・中食の

効用をどう説けばよいか。」

(横浜技能文化会館、1030分~1730)

座長/みなきまゆみさん

アドバイザー/影山なお子さん 大橋禄郎

b0141773_23270709.jpg
プログラムは、

1.これはおススメ、外食メニュー、中食メニュー、

  独断と偏見で選ぶ最近のメニューランキング。

2.この1年間の「外食。中食体験」――

  ちょっといい話、ちょっと気になった話。

3.私は見た!! 外食・中食に対する

  健康支援者の偏見・認識不足のあれや、これや。

4.外食・中食の「いいところ」「よくないところ」を

  思いっきりあげてみる。

5.外食・中食をすすめる栄養士に求められる知識とセンス。

b0141773_23304069.jpg

食コーチング研修を受けた人や、

パルマローザの研修会に参加している人にとって、

このテーマは、
「なにを、いまさら」と感じるくらいに

結論がわかっていることだろう。

b0141773_23313003.jpg

しかし、あえて論じ合うことで認識が深まり、

クライアントに対しても、

外食や中食のあり方について

より適切なアドバイスができるようになるだろう。

b0141773_23315290.jpg

外食や中食が「よいか、悪いか」を論じることは、

「日本人は、よい人か、悪い人か」を論ずるのと同様、

基準のない議論となって、ナンセンスの見本。

日本人の人柄について

「世界貢献への意識」とか「おもてなしの心」とかを

基準にするとしても、

では、どこの国の人と比較するのかなど、

まずは前提条件を掲げなければ議論にはならない。

b0141773_23282299.jpg

同様に外食や中食については、

個々の家庭の食事メニューの把握もなく、

そして、どんな外食や中食と比較するのかさえ

前提条件を示さぬまま、

「外食はなるべく控えましょう」

「外食は味が濃いから……」

「中食は材料がわからないのでコワい」

などと、数十年にわたって伝えてきたのが

少なからずの栄養士、健康支援者である。

b0141773_23323798.jpg

なぜそうなるか。

言うまでもなく食事の良し悪しの基準を

持っていないからである。

「栄養のバランスが大事」と言いながら、

その基準がないか、活用していないから、

内食(家庭の食事)と外食、中食との優劣の判定ができない。

b0141773_23341032.jpg

七大生活習慣病と区分される心疾患、脳血管疾患、

糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全などは、

外食や中食利用者に多いわけではなく、

日本の伝統的な「おふくろの味」から生まれたものである。

b0141773_23372389.jpg

食事を栄養価や味だけで評価するなら、

だれが作ったか、

どこで食べるかは大きな問題とはならない。

肝心なのは、1回の食事、1日の食事、

1週間の食事の内容である。

それを見極める能力、味わう能力を

一般の人たちにつけてもらうことが

栄養士の仕事の大事な部分である。

b0141773_23374383.jpg

そういう基本的なことを無視して、

「外食に注意」を訴え続けるようになったのは

次のような社会背景があったと思われる。

まずは、1950年代ころから

ファストフード店の普及が顕著になる。

b0141773_23354309.jpg

あるとき、ファストフード店が

都会で活発に開店し始めたのは、

社会の都市化が顕著になった結果である。

都市化とは、

地方の若者が都会へと移動することであり、

女性が勤めに出て、家庭外で働くようになることである。

そこから核家族化が始まるのである。

b0141773_23361222.jpg

このことは、従来の家庭生活に変化をもたらした。

「家庭破壊」などとも言われた。

主婦は半調理品から始まって中食を利用するようになり、

自ら「手抜き」など言ってちょっぴり恥じた。

b0141773_23383060.jpg

しかし、外食や中食が家庭破壊を招いたわけではなく、

日本国の都市化が外食や中食を必要としたのである。

都市化が先で、外食・中食利用はその結果。

しかし、原因と結果を見間違えた人、

たとえば栄養士や健康支援者は、

他人事として「外食はほどほどに」になどと

涼しい顔で言い放った。

b0141773_23392046.jpg

「ジャンクフード」なんていうコトバを

アメリカから仕込んできて使ったりしたのも、

栄養士や健康支援者(おもに医師)である。

b0141773_23402907.jpg

それから60年あまり。

外食・中食はすっかり日本人の生活に定着し、

激しいシェア争いによって鍛えられ、

バラエティにおいて、

充足度において、

コストにおいて、

内食と互角か、それを上回るくらいに実力をつけた。

b0141773_23400222.jpg

「食ジム」参加者は、

「おススメ、外食メニュー、中食メニュー」を

1人もパスすることなくあげた。

コンビニのおにぎりとおでんの組み合わせ、

ねぎトロ太巻き、

500円のコンビニ弁当、

チェーン店の野菜たんめんとギョウザ、

1群から第3群までトッピングができる

うどんのチェーン店のメニュー、

季節限定の冷やし刀削麺、

沖縄のステーキハウスなどなど。

b0141773_23423380.jpg

栄養士の集まりで、

「突然ですが、おススメ、外食メニュー、

おススメ中食メニューは?」と聞いたら、

即答できる人が半分もいるだろうか。

b0141773_23412265.jpg

「食ジム」のプログラム後半で、

外食・中食の「いいところ」「よくないところ」を

みんなであげた。

時間が足りなくなってあげきれなかったが、

おもなものをあげておこう。

b0141773_23435835.jpg

b0141773_23444335.jpg

≪いいところ≫

(外食)圧倒的なメニューの多さ。

*時代を反映したメニューの数々。

*調理時間をほかのことに使える。

*比較的低コスト(光熱費、人件費などを含めて)

*店選び、移動、店内の様子などによる脳の活性化。

*引きこもり抑止。

(中食、冷食)手間暇がかからない。

*家族そろって食卓につける。

(冷食)常時ストックしておくことができる。

(外食・中食とも)メニュー、商品を通じての情報量。

b0141773_23450741.jpg

b0141773_23460708.jpg

≪よくないところ≫

(外食)適量を把握しにくく、多めになる可能性。

b0141773_23480330.jpg

*地域によっては店がなくて利用不可能。
b0141773_23463128.jpg

*近くに店が少ないとバリエーションが狭まる。

b0141773_23464972.jpg

*天候に左右されやすい。

b0141773_23475389.jpg

*衛生管理が気になる店がある。
*場所や時間帯によって混雑、待ち時間がある。

*女性や子どもが入りにくい店がある。

b0141773_23501959.jpg

(中食)容器の廃棄量が多い、かさばる。

*献立の風景がシンプルになりやすい。

(外食、中食とも)

 利用し過ぎると調理能力を低下させる。

b0141773_23503960.jpg

さて、あしたは、どこで、何を食べようかな?

b0141773_23491195.jpg



# by rocky-road | 2019-11-05 23:50 | 「食ジム」  

その服、似合っているか。

b0141773_17541214.jpg

さる9月16日(月/祝)に行なわれた

「栄養士・健康支援者のための

 ≪身だしなみセミナー≫in 銀座」に

今回も参加させていただいた。

b0141773_17501237.jpg


女性服の一流店内(ジュン・アシダ)で

女性服について語るキャリアも心臓もないので、

衣服の記号性について

短いコメントをさせていただいた。

要点を文字にしておくほうがよいと思うので、

少し補足して以下のようにまとめてみた。

b0141773_18013392.jpg
ポイントは2つ。

1つは「衣服という環境の意味」

もう1つは「衣服が似合うとはどういうことか」

b0141773_17524650.jpg

衣服の記号性については、

昔から、多くの論者によって指摘されている。
記号性とは、

意味を内包するメディア(媒体)でもある、ということ。

b0141773_18114864.jpg
b0141773_18134621.jpg

衣服の本来的な目的は、

素肌を寒暖や日射、風雨、

他者の視線から守るためにある、

と考えたいところだが、

発達順序からすると、

それが一番の理由ではなさそうである。

b0141773_17555087.jpg
b0141773_18113370.jpg
b0141773_18052410.jpg

その証拠に、

現在でも裸で生活する人が

地球上に少なからず存在する。

彼らは、この世に衣服というものがあることを

とうの昔から知っているが、

それでも裸の生活を続けている。

都市暮らしのわれわれが考えるほど、

外界から自分のからだを守る必然性はないらしい。

b0141773_18074457.jpg

確かに寒冷地に住む人には、

衣服は欠かせないものだが、

ヒトは、当初はそういう地域には住まなかった。

衣服で自然環境から身体を守る必要がないところに住んで、

裸でいられる生活を選んだ。
少々の寒さなら、

多くの哺乳動物や鳥類のように

体毛によって防ぐことができた。

b0141773_18063956.jpg
b0141773_18072985.jpg

裸身で暮らすことができた地域のヒトにとって、

もっと大事なことは、

自分の特徴をアピールすることだっただろう。

衣服をつけない人たちでも、

古くから、

からだにペインティングを施したり

骨だの貝殻だの金属だのをつけて装飾したりするして、

「自分らしさ」をアピールしてきた。

b0141773_18174532.jpg

b0141773_18124157.jpg

ときに「男らしさ」「女らしさ」を表わし、

ときに、自分の属するグループを表わし、

ときに、地位や年代を表わし、

ときに喜びや悲しみを表わし、

ときに儀式の装束として、

ますます社会性のある記号性を強めていった。

b0141773_18203707.jpg

こういう点は、

動植物が生まれながらにして

ユニークな色やデザインを受け継ぎ、

環境に適応していった進化史と

なんら変わるところがない。

b0141773_18212085.jpg

こういう経過を表面から見ると、

人との関係において、つまり社会的記号として

装飾を使ってきたかのように思えるが、

今日の心理学や精神医学の知識によって見直せば、

無意識的にせよ、

彼らは、自分の装飾を誇り、

そのことでアイデンティティを感じていたはずである。

b0141773_18234953.jpg

衣服の記号論では、

とかく他者とのコミュニケーションのほうを

重視しがちだが、

少なくとも現代人においては、

衣服が自身の意識やモチベーションを高め、

健康度さえも左右する点に

もっと注意をはらっていいだろう。

b0141773_18231067.jpg

要するに「衣環境」は、

個々人に、もっとも身近な環境であり、

その環境は自分のライフスタイルの一部となり、

自分の方向性に関係してくる。

人生観や生活信条などと同じように、

衣環境も、

あしたからの人生のカタチをつくってゆく。

b0141773_18195481.jpg

さて、その衣服が自分に似合うか似合わないかを

どう判断すればよいのか。

自分を含め、ある服が似合うか似合わないかは、

その人の、きのうまでのライフスタイルを

知っている人が、

その延長線上で評価するのが普通である。

b0141773_17525574.jpg

しかし、それらは絶対的なものではなく、

「慣れ」の問題でもある。

今では外国人が和服を着て歩く姿は

珍しくはなくなった。

専門家の目で見ると問題はあろうが、

全体としては「似合って」きている。

b0141773_18261416.jpg

b0141773_18274796.jpg

わが理論では、

どんな服でも、ジャストサイズであれば、

1週間か1か月か、着続ければ似合ってくる。

「似合う」とは、

言い換えれば自他ともに「慣れてくる」こと。

b0141773_18272735.jpg

b0141773_18271308.jpg

「慣れ」または「似合う」は、

一面においてマンネリの始まりでもある。

とすれば、自分の中では

日々、環境改善に挑戦したいところである。

b0141773_18291778.jpg

肌着の色を変える、素材を変える、

コーディネートを変える……、

日々の多忙な生活の中で、

そういうことをきちんと考える、

それは忙殺されない生活、

人生の主導権を少しでも自分がもつ生活、

それは、個々人が

たったいまからできる環境対策である。

b0141773_18294695.jpg

きょう着る衣服は

きょう1日の設計図でもある。

その設計図は、もちろんあしたに通じる。

b0141773_18285813.jpg

旧来の「身だしなみ」や「おしゃれ」というコトバは、

仕事、勉強、お堅い社会活動と

対立する概念ととられがちだが、

それを「衣環境論」と位置づければ、

むしろ、それらと一体化するものであろう。

b0141773_18324070.jpg

放射能汚染物の除去作業に

ジーパンで参加する無防備者はいないように、

どんな活動にも、

最適な衣環境がある。

そこまで思考範囲を広げることは、

思考力を分散させるどころか、

モノを広い視野で見る洞察力を強化する。

b0141773_18283200.jpg

「あした、どんな靴下で勤めに出るかなんて、

考えているヒマなんてあるわけないでしょ。

そんなことを考えていたら仕事に身が入らないよ」

なんていう者の頭脳は、

すでに錆び始めているから、

「身を入れている」はずの仕事とて、

たいしたものではない。

b0141773_17552694.jpg

人間の頭脳をナメてはあかんゼヨ!!

好奇心旺盛な脳は、

もっともっと多様な、

もっともっと刺激的な酷使(?)を求めている。

b0141773_17523795.jpg

さあ、考えてみよう。

あしたは、どんな靴下で……

いやいや、その前に、

肌着から行こう。

いやその前に、

あしたのメインの仕事を考えよう、

だれと会うのか、

その人と、どんな話をするのか……、

でも靴下は……。


# by rocky-road | 2019-09-24 18:34 | 身だしなみセミナー  

コトバは乱れるものなのか。

b0141773_00420615.jpg


食ジム≫第80回で「日本語力の強化」について

話し合ったり

 (「栄養士・健康支援者は『日本語力』を

 どう強化すればよいか」 

 2019年8月25日 横浜・関内ホール)、

ロッコム文章・編集塾の毎月クラスでも、

言語センスをどう磨けばよいか。」

授業した余韻もあって、

いつもよりは日本語の現状について

敏感にならざるを得ない。

b0141773_00412331.jpg


そういう神経過敏状態にあると、

たとえば「ネグレクト」というカタカナ語が

棘のように、わが言語神経に刺さる。

「無視すること。放置すること。怠ること」

あるいは「育児放棄」「児童虐待」

などの意味があるらしいが、

これをカタカナ語によって話題にする理由がわからない。

b0141773_00413069.jpg


「児童相談所」--これを「ジソウ」と略す、

このセンスもわからない。

どうやらこの分野は、

日本語をわかりにくくすることで、

深刻な問題から目を逸らそうという

深層心理が働いているように思える。

b0141773_00422544.jpg

そして、ここで働く人は、

ほかの職場では使いモノにならない、

ややトロいタイプなのか、

いや、そうではなく、

この職場に来ることで神経が鈍くなるのか、

精神医学的な解析をしてみたい。

b0141773_00451429.jpg

所長クラスの人間が、毎度毎度、

「やることをやっていたけれどこうなった」と

無表情に言うのを見ていると、

フツーの神経ではやってはいけないほど

日々、難題に直面するのかもしれない。

b0141773_00423821.jpg

踏切内でトラックに電車が激突した事故、

電車に乗っていた人へのインタビューが

テレビで放送されていたが、

「ドカンという音がして、みんなが倒れたというか、

もうパニックですよ」

「なんていうのか、あわてて後ろから線路に降りました」


九死に一生を得た人の感想が「倒れたと言うか」

「なんていうのか」だと?

倒れたんでしょ? 

「あわてた」というコトバが

さっと出てこないの?

b0141773_00445159.jpg

これは、

インタビューを受けた人が若いから、

言語能力がまだ未完成だから、

と思いたいが、

ラジオでは、

経済関係の専門家らしきゲストが、

「なんて言うのか」を1分間に5回も続けた。

昔、レコード針がレコードの溝にハマったとき、

こんな状態になった。

b0141773_00443997.jpg

そんな話を綴っていたら、

けさ(9月10)の『読売新聞』に

言葉が運ぶ あなたの物語」と題する、

日本語検定 受検者100万人記念対談」の記事。

梶田叡一/日本語検定委員会理事長と、

シンガーソングライターの松任谷由実との対談なのだが、

なんとも抽象的でポイントのない内容。

b0141773_00463660.jpg

梶田「長い間に、日本語は変わってきています。

 乱れと言わざるを得ないのは、

 例えば、若い世代の間のみで通じて、

 ほかの世代には全然通じない言葉遣いでしょうね。

 誤解を生むことになれば、

 変化と言うよりは乱れといった方がいいのかな。」

b0141773_00475472.jpg

松任谷「むしろ積極的に仲間内だけで通じる言葉を

 作っているところがありますね。」

b0141773_00503994.jpg

梶田「例えば『やばい』。昔は『危ない』という意味でした。

 今は感動しても『やばい』、

 非常に注意しなければならない状況も『やばい』で

 多義的になっています。

 仲間内で通じいると思っていても、

 実は誤解を生み出すもとになるのであれば、

 考えものでしょう。」

b0141773_00495309.jpg

松任谷「どういう不快さかを言語化できないと、

 大人になって社会で壁にぶち当たる。子どもの頃は

 『ヤバ』や『キモ』、『ウザ』だけで表現してきたことも、

 そこには複雑な要素がある。自分の中で感情などを

 細かく丁寧に言語化することは、豊かな時間を

 大人になって過ごすための大事な修練だと思います。」

b0141773_00490872.jpg

日本語検定の最高責任者が、

この程度の常識的な見解しか示せないのかと

案じられる。

日本語に限らず、コトバは年月を経て変わるものである。

人間の思考だって、骨格だって、表情だって、

変わるのが当たり前。それが適応である。

b0141773_00484737.jpg

「コトバの乱れ」とはなにか。

若者のコトバと、そうではない者のコトバは昔から違う。

ユーミンが言うように、

「むしろ積極的に仲間内だけで通じる言葉を

 作っている」のである。

人がアイデンティティを獲得する過程では、

仲間意識の確認が必要。

そのようにして、

「違いのわかる人間」に育ってゆくのである。

b0141773_01174740.jpg

「ヤバい」の意味が変わるのを「ことばの乱れ」

などと言っていたら、

われわれはいまも大和時代、奈良時代のコトバを

使い続けねばならない。

「言う」を「言ふ」と書き、

「チョウチョウ」を「てふてふ」と書かねばならない。

いや、それ以前に、

文章は万葉仮名で綴らなければならない。

b0141773_01191684.jpg

ヒトはコトバを「乱す」ことによって

コトバの使い勝手をよくしてきた。

「乱す」動機の多くは「最適化」(カスタマイズ)である。

虹を「きれい」「美しい」としか形容できなかった人が、

あるとき「ヤバい」と言ったとき、

本人にとって、虹の美しさは、

より深く認識されたことになる。

b0141773_01203938.jpg

コトバの「乱れ」とは、

多様性への試行であり挑戦である。

新しい概念を認識し、新しい感性や知性を磨いてきた。

日本語検定に深くかかわる者に求められるのは、

「コトバの乱れ」とは何かを、まず定義することである。

b0141773_01323055.jpg

笑えるのは、こんな発言をしているところ。

梶田そういう意味で、

   言葉にセンシティブでなければいけない

そこでカタカナ語を使う必要ある

敏感であってほしい」「美意識をもってほしい

などと言うほうが伝わりやすくない

b0141773_01245537.jpg

対談の中で「仲間内で通じると思っていても、

実は誤解を生み出すもとになる」と

発言しているではないですか。

「センシティブ」って、一般的日本語?

このコトバ、読者に伝わるのかしら

コトバ、乱していない


つけ加えれば、

この対談は、企画の失敗。

「受検者100万人記念」なのであれば、

記者か、コトバの専門家が

日本語検定委員会理事長にインタビューすればよかった。

b0141773_00550164.jpg

「……とすると、『ヤバい』は本来の意味で使うべき、

ということですか」

「今後、『ヤバい』はどう変わっていくと思いますか」

「日本語のセンスをよくするには、

 どのような勉強をすればよいのでしようか」

などと問いかける。

b0141773_00464932.jpg

あるいは、
ユーミンに、だれかがインタビューをする。

コトバのプロのユーミンと、

名誉職にある心理学者とでは

互いにエラ過ぎてミスマッチ。

「相殺」(そうさい)という日本語、

こういうときに使うのだろうか。

b0141773_00562877.jpg

さてさて、
前述の「……というか」や「なんて言うか」
という流行りコトバの話に戻ろう。
この表現形式、つまりは一発で決めない、
余韻を残しておいて話を引っ張る。
電車が線路上で止まっているトラックに激突したら、
「倒れたというか」なんていう程度の衝撃ではなく、
「吹っ飛びました」でしかなかろう。

b0141773_01324396.jpg

社会環境として見れば、
この国全体が弛緩状態。
平和ボケが言語表現にも現われている、
ということだろう。

b0141773_01325726.jpg

しかし、平和にもストレスはあって、
家庭内暴力とか、いじめとか、あおり運転とか、
身近な弱い者への攻撃とかと、
成果のない、
内部へと向かうモチベーションばかりが高まる。

b0141773_01325012.jpg

精神医学的には、
リスやネズミのように
つねに退路を考えていて、おどおどしている。
1つのことを言うのにコトバを2パターン用意しておいて、
相手によるコトバの適切度チェックから逃れようとする。

b0141773_00425842.jpg

タコやイカのスミのことを
昔は煙幕と言ったが、
海で観察していると、
スミは煙のように広がらず、
むしろ黒いカタマリになって漂う。
そこにだれかがいるように見える。

b0141773_01211701.jpg

それに相手が気を取られているうちに、
自分は姿をくらます。
「……というか」も同様。
2つコトバを並べて、相手の注意力を分散させる。


もう1つの見方は、
モノには多様性があるから、
1つのコトバでは表現しきれないところがある。
科学や深い思考の結果を表わすとき、
「その点は演繹的思考とも言えるし、
帰納法的論法とも言える」
なんという表現をする場合がある。

b0141773_01251034.jpg

「って言うか」のルーツには、このカタチがあるかもしれない。
知ったかぶり、偉そうぶりのことを
「衒学的」(げんがくてき=ひけらかし野郎)

と言うが、「いわゆる」と同様、
「国民総衒学化」現象とでも言ったらよいのか。


しかし、ヒラの「日本語非検定協会」会員は、
これをも「コトバの乱れ」とは言わない。
あえていうなら「コトバの揺れ」かな?
揺れは、しばらくすると収まるものである。

b0141773_01263983.jpg
しかし、コトバには品位がある。
短パンにサンダルをつっかけて
飛行機に乗り込んでくる人間の服装に品位がないように、
「社長、それってヤバくないすか」や
「なんて言ったらいいのか、コトバって言うか、
言語っていうか、ボキャブラリーっていうか、
そのあたりに人間の品格って、出る的に考えます」
には品位はない。

b0141773_01333407.jpg

日本語検定には、
もちろん品位度チェックの審査は

入っているのでしようね。



# by rocky-road | 2019-09-11 01:01 | 日本語力  

「表記・表示学」のすすめ。

b0141773_20121830.jpg
わが地元の路線バスの行先表示に

いきなり新顔の行先が現われた。

「HPSC」と。

日本の停留所に突然、

アルファベット表記が現われたのにはびっくり。

b0141773_20113877.jpg

「どういう意味ですか」

乗客としては当然、運転手に尋ねた。

運転士さんは「わかりません」

「えっ?」である。

自分が巡回する停留所の意味がわからないという。

次の機会にも、

別の運転手に聞いたが、やはり「?」

b0141773_20135094.jpg
昔なら、バス会社の案内所に行って

「社員教育はどうなっているんだ?」と

ねじ込むところだが、

「仏の大橋」となったいまは、

家に帰ってパソコンで検索した。

「ハイ パフォーマンス スポーツ センター」

High Performance Sports Center

の略だという。

b0141773_20132744.jpg

国立スポーツ科学センターの

関連施設が名称変更をしたらしい。

東京のはずれの北区にも、

国際的()な地名(施設名)

いつのまにか生まれたようである。

もっとも、ゲート付近を探索したが

それらしい表示はない。

1施設が、または1バス会社が

地元のコンセンサスもなく

いきなり地名を主張していいものか。

すべてオリンピックのため。

「笑って許して」か。

b0141773_20130210.jpg
話は変わるが、

過日、空港内の書店に寄ったとき、

雑誌の誌名の表記の変化に気がついた。

これも、関係者からすれば

「いまさら」のことかもしれないが、

誌名を、表紙モデルなどによって

いとも簡単にさえぎる流行が真っ盛りなのである。

b0141773_20153305.jpg

わが現役時代には考えられない方式である。

全面に写真を使って、

書名を上にかぶせる(「ヌキ」とか「ノセ」とかという)

方法もあるが、

写真の絵柄と文字とが重なって読みにくくなる。

b0141773_20161239.jpg
b0141773_20190276.jpg
b0141773_20172113.jpg
b0141773_20212976.jpg
b0141773_20215202.jpg
そこで写真を切り抜いて(
角版または額縁という)

誌名部分とロゴの部分とを分けて示した。

それでも、「ノセ」のケースにも耐えられるように、

「栄養と料理」のロゴの輪郭線を太くして、

絵柄に埋没しないようにくふうした。

b0141773_20230082.jpg

b0141773_20181872.jpg

そういうことに、

こまごまと気をつかった者からすると、

誌名のロゴをモデルさんの顔で覆うなどは

考えられないことである。

読者は誌名で選ぶだろうに。

流行というのは、理屈ではないと、つくづく思う。

b0141773_20175464.jpg

さらに話を進めて、

先日、稲盛和夫氏の著書、

『心。』に関心を示した塾生が少なくなかった。

かねてから、句点の意味について論じているので、

こういう表記に目が行ったようだ。

世界の栄養士のうち、

書名に打たれた「。」の意味について

考察する人はどれくらいいるだろうか。

b0141773_20245594.jpg

などという問題を研究する

「表記学」または「表記・表示学」を

創設してもよい時期かもしれない。

b0141773_20255644.jpg

b0141773_20262464.jpg

ちなみに、

来たる825日に行なう、

80回「食ジム」では、

そういう話題も含めて、

「栄養士・健康支援者は

『日本語力』をどう強化すればよいか。」

というテーマで、終日、語り合うことになっている。

(http://www.palmarosa.jp/palmarosa/goaisatsu/index.html)

b0141773_20265120.jpg


# by rocky-road | 2019-08-13 20:26 | 「食ジム」  

絵手紙には心の弾みを描く。

b0141773_22550162.jpg

絵手紙をいつ始めたのか、

記憶は定かでではないが、

1964年にダイビングを始めて

何年か後には、

海から絵ハガキを出すようになった。

朝食前に「ハガキタイム」などと称して

みんなでハガキを書いたりした。

のちにプロのイラストレーターが仲間になった。

b0141773_22563396.jpg
そのうち、

海への旅にはハガキ用紙を持って行って

海で見た魚の絵などを描いて出すようになった。

この習慣は1960年代後半くらいから始まった。

わが「絵手紙元年」はそのあたりか。

b0141773_22571554.jpg
ダイビング雑誌での連載や、

自分の著書にも、

挿絵を描く機会があった。

画家やイラストレーターを志望したことはないが、

絵を描くことは小学生以来、

途切れることなく、今日まで続いている。

b0141773_22560030.jpg

いわゆる「絵手紙」がブームになるのは

1900年代の終わりころからだろうか。

「ヘタでいい、ヘタがいい」のキャッチフレーズが

受けたことと、

筆を上端で持って書くことをすすめ、

ハンドリングを不自由にして、

筆先をよろけさせること、

これが「絵は苦手」とする人にウケたようだ。

b0141773_22583764.jpg

b0141773_22590195.jpg

線をよろけさせれば、

だいたいヘタに書けるから

「ウマい、ヘタ」という感覚を忘れさせる。

この流儀が普及したおかげで、

みんなが、共にヘタという世界になる。

これが「絵手紙ブーム」のポイントだろう。

b0141773_22581669.jpg

アマチュアの絵を見て「ヘタだね」というのは野暮だから、

「ヘタがいい」が世間相場となる。

しかし、この流派の作品展を見に行って驚いた。

1000点以上の作品が展示されていたが、

1人が描いたのではないかと思わせるほど似ている。

これでは、少なくとも私信としてはあまりにも没個性。

b0141773_23000488.jpg

さらに言えば、

文章で絵を説明し過ぎておもしろくない。

「絵手紙」の大橋流解釈は、

「絵に文章をつけるのではなく、

文章に絵を添えるのでもなく、

絵と書、そして余白までをも一体とした作品」

ということになる。

b0141773_22595259.jpg

したがって、

文章は時候のごあいさつや絵の説明ではなく、

額装して飾っても耐えられるものにする。

俳句や短歌、詩を書くのも一案だが、

私は、多少はリズムのある散文、

標語でもないし、キャッチフレーズでもない。

b0141773_23025807.jpg
b0141773_23032333.jpg
b0141773_23013634.jpg

キザに言えば「哲学を書く」だが、

そんなことは思ったとしても

絶対に人には言えないから、

平凡にはなるが、

「心の弾みを描く」とでもしておこうか。

b0141773_23035454.jpg
b0141773_23010877.jpg
b0141773_23050859.jpg

境地は俳句や短歌、詩と同じだが、

表現に形式はない。

ワンフレーズでパチッとキメる。

b0141773_23054746.jpg

通信文は切手面に書く。

言うまでもないが、

ハガキを横にして描いた絵ならば

切手面の宛名もメッセージも横書きにする

これがわかっていない人が、

なんと多いことか。

(既製品の場合も同じ)

b0141773_23060338.jpg
b0141773_22552514.jpg

書画としては、

榊 莫山(さかき ばくざん)さんからは

学ぶことが多い。

b0141773_23075676.jpg

絵と文字のバランス、

つまりはデザイン。

そして字のタッチ。

b0141773_23005558.jpg

莫山さんも筆の端を持つが、

熟練のワザでフラフラしない。

あえてカタカナを使うところが特徴。

b0141773_23092225.jpg

畏れ多くも絵手紙講座を始めたが、

もちろん第一目的は

神羅万象から情報を読み解き、

さらにそれを

絵と文字、文章で自身と、人に伝えること。

b0141773_23094133.jpg

b0141773_23101191.jpg
b0141773_23104713.jpg

それはコミュニケーション環境を

さらに活性化するはずだし、

人生をより豊かにする。

b0141773_23111843.jpg

そして、

旅がますます好きになること。

旅先から絵手紙を書く楽しさを

持続的に味わっていただくこと。

b0141773_23131154.jpg

講座を受けた人からは、

きっと絵手紙が〝殺到〟するだろうから、

こちらも、

ますます絵手紙の発信頻度が増すことになる。

b0141773_23121617.jpg

b0141773_23115770.jpg


# by rocky-road | 2019-07-31 23:15 | 絵手紙  

話し合って、はいジャンプ!!

b0141773_01212495.jpg

b0141773_01222001.jpg
b0141773_01215007.jpg
b0141773_01230605.jpg
b0141773_01235764.jpg
「≪コミ研 ひろしま≫ in
 福山 20197

と題するセミナーが終わった。

広島の栄養士の有志が始めた

コミュニケーション研究会も

この721日で5年目・第5クールの、

その4回目の講義が終わった。

b0141773_01243944.jpg

今回は、福山城のすぐ下にある

福山福寿会館。

b0141773_17383462.jpg

こういう由緒のある会場で講義ができる

わが身の幸福を感じる。

当日、和室広間では、

「日韓トップ囲碁対局・鞆(とも)」なるものが
行なわれていた。

b0141773_01394223.jpg

b0141773_01262668.jpg

私の講義は

複数の人との話し合いに強くなるには……」
である。

b0141773_01271970.jpg

日本人の会議下手は、

たぶん世界でもワーストランキングに入るだろう

(アジアの国々は同じようなものだろうが)。

民族性だの歴史的なものだのと言って

逃げに入らないで、

ここはトレーニング不足と認識し、

いまから50年以上はかけるつもりで

改革してゆく必要がある。

b0141773_01280984.jpg

会議に入る前の段階として、

3人以上での話し合いがきちんとできるか、

という問題提起をした。

私的な、自然発生的な話し合いが
ちゃんとできるか。

b0141773_01292399.jpg

井戸端会議であれ、
ランチタイムのおしゃべりであれ、

今度行く旅行の相談であれ、

方向性のない、
ただの時間つぶしの話し合いではなく、

そのときどきで、

「見えないテーマ」
「見えないプログラム」を見つけて、

ゆる~く、
その話題を転がしてゆくことができるか。

b0141773_01283483.jpg

司会や座長はいない、

しかし、3人が3人、

そこでの「見えないプロクラム」に従って、

それをふくらませてゆく。

タイトルやプログラムがなくても、

バラケルことなく、

話を進めていけるか。

b0141773_01300049.jpg

近所のだれかが、

バナナの皮を踏んで転んだとか、

息子がスマホ依存症状態だとか、

参院選の投票率が50%を割ったとか、

そういう話の11つを着地させて

(芸人ふうに言えばオチを、

ある程度はつけて)

次へと進んでいけるのか。

b0141773_01305831.jpg

日本人だって、

昔から「話、変わるけどさ……」と言って

テーマ変更を告知する会話術を持ってはいる。

が、全体としてはまとまりが悪い。

b0141773_01302776.jpg

日常的に会話トレーニングをしていないから、

会議ともなると、ますます苦手意識が強くなる。

発言者がいつも決まってしまうのは、

発言者が悪いわけではなく、

発言をしない人が多過ぎるからだし、

そもそも議長や司会が未熟だから、

参加者の発言の整理や撹拌ができない。

b0141773_01304384.jpg

杜氏が飯に酵母を混ぜるように、

話し合いも、話題をじょうずに撹拌しないと

それが全体に行きわたらなかったり

ダマになって固まってしまったりする。

b0141773_01335732.jpg

今回、複数(3人以上)による話し合いの

たいせつさを説いたのは、

言語技術の向上のためという問題以上に、

話し合いは、
高度の思考のプロセスであるとともに、

創造のスキルであることを

認識していただきたいからである。

(3人寄れば文殊の知恵)

b0141773_01324047.jpg

今回、時間がなくて

お話しできなかったが、

以下の話を書いておこう。

b0141773_01345261.jpg

もう5年前になるが、

NHKテレビで、

ディズニー映画『ベイマックス』の

制作裏話を放送した。

b0141773_01352726.jpg

このとき、

映画製作のスタッフが

合議(セッション)をするシーンが

いくつか出てきたが、

3050人が集まっているのに
司会らしき人がおらず、

それでいながら、主人公の心理描写の仕方とか、

すでに出来上がっているシーンのチェックとか、

かなりデリケートな話を

みなが楽しそうに論じ合っていた。

b0141773_01355257.jpg

これが、
会議慣れをしている人たちの話し合いなのかと、

強い印象を受けた。

こういう話し合いができるから、

人類で最初に
月に人を送ることができたのだろうし、

100年以上も世界のリーダーでいられるのだろうと思った。

b0141773_01362492.jpg

以上が、

今回のセミナーに関する補足的な話である。

もう1つの話題は、

発表された宿題の回答を聞いていて、

みなさんの中には公的視点というものが

あまり定まっていないと感じられた、

ということである。

b0141773_01363551.jpg

前回の3月に出題した宿題は、

「おしゃれの私的・公的意義について

できる限り簡潔を心がけて書いてください」

というもの。

これを全員に発表していただいた。

b0141773_01371733.jpg

「おしゃれの公的意義」について、

こんな回答が多かった。

「仲間意識を持つことができる」

「おしゃれはマナーの一端である」

「ユニフォームを着ることで仕事モードに切り替える」

「社会参加意欲を維持する」などは、

まったく見当違いではないが、

個人が社会活動をするに当たっての意義の範囲であって、

社会側からの視点にはなっていない。

軸足が自分であり過ぎる。

b0141773_01374794.jpg

「おしゃれの公的意義」という立場で書くならば、

こんなふうな表現になるだろう。

 

b0141773_01385978.jpg



1.警察官や医師、看護師、客室乗務員、配達業の場合では
  職種を明らかにするとともに、組織や同僚間の規律や秩序を保ったり、

  利用者からの信頼や親近感を得たりするのに有効。

2.職場では整った服装によって
  組織の品位を保ったり、
  作業服などによって作業効率を高めたり、

  セクションや仕事内容を
  把握しやすくしたりする。

3.冠婚葬祭の服装では、

  儀式の厳粛さや華やかさの効果を高める。

4.街やコミュニティの景観や環境を
  美化することによって

  人々の社会に対するケジメ感や愛着を強め、

  それらによって心身の健康度をあげる。

b0141773_01404334.jpg

なお、今回は前日の20日に福山に入り、

城周辺を下見したりした。

福山城は終戦直前に空襲で被災したため、

再建されたという。

その分、城としては真新しく、

燦然と輝いて見えた。

大いに楽しい小旅行であった。

b0141773_01413505.jpg


# by rocky-road | 2019-07-23 01:41 | 大橋禄郎 文章教室  

よい話し合いにはシナリオがある。

b0141773_23134321.jpg
食ジム」第79回は

健康支援者の『話力』をどう磨くか。」であった。

201977日、横浜市技能文化会館)

「話力」というコトバは、

日常的に使われるわけではないし、

辞書にも載っていないだろうから、

座長(高藤法子さん)には、

「定義をしておいたほうがよいのでは?」と

すすめた。

b0141773_23141613.jpg

座長さんは、こう定義した。

 「話力とは、発話の目的を左右する能力、場の状況、

 雰囲気にそった話をする技術。

 話題を提供する能力。その話し方」

b0141773_23144533.jpg

念のために、

私もこういう定義を用意しておいた。

 「発話行動において、その目的(*)、対象者、

 時と場合に応じて、より高い効果を得るための言語表現能力。

 『会話力』はその一部。

  (*)発話行動の目的とは、対話、説得、依頼、求愛、

    座談、スピーチ、会議、討論、司会、講話、講演、

    などがその一例。」

b0141773_23132623.jpg


ここでいう「発話」は、

『広辞苑』にも載ってはいるが、一般的とは言えない用語。

言語学やコミュニケーション論などの専門書などでは

普通に使われる。要するにしゃべること。

b0141773_23181575.jpg

さて、「話力」というコトバは、

身長やエネルギーと同じで、尺度を示すコトバ。

身長170㎝、カレーライス750Kcalなどと

数値が入って初めて判断基準となる。

b0141773_23190762.jpg

「話力」も同様で、
高いか低いを示すことで評価基準となる。

「セールストークは見事だが(話力はあるが)、

スピーチの話力は低い」

などということになる。

b0141773_23185455.jpg

話力の高低は、

シチュエーションによって左右される。

とりとめのないおしゃべりの話力、体力ともにあるが、

旅行や観劇後の感想(報告の話力)を伝えるのは下手、

議論には強いが、世間話は苦手、

などということになる。

b0141773_23174312.jpg

どんなシチュエーションにおいても

高い話力を発揮するという人というのは

ありえない。

声が小さい、ユーモア不足、

問いかけベタ、すぐにカッとなる、

表情がペタッとしていて盛りあがらない、など、

だれにも弱点はある。

b0141773_23200885.jpg

健康支援者、栄養士の場合、

健康相談や食事相談の場での話力が高い人は多くはなく、

(ダメ出し型とか栄養学の押しつけとか)

その底上げが求められる。

養成校でも、

まだ健康相談や食事相談の進め方を

講義にとり入れているところはないか、

きわめて少ないらしいので、

現役の人たちが、

自発的にスキルアップを図りたい、

ということから今回の食ジムのテーマとなった。

b0141773_23204900.jpg

話力強化のために

特効薬のように効くトレーニング法はないが、

その基本は、

手書きで文章を書く機会をふやすこと。

それはスポーツ選手のランニング、

またはストレッチに当たる。

b0141773_23241568.jpg

声が小さい人、表情が硬い人、

口癖がある人については、

詩の音読が有効だろう。

b0141773_23193001.jpg

そして、当たり前だが、

人と話し合う機会をふやすこと。

などと簡単に言うが、

話し合いにもいろいろの流儀があることを

忘れている人が多い。

b0141773_23224202.jpg

表情で表現する、

1人でしゃべり過ぎない、

人の発言を正確に聞く、

相づちを打つ、

問いかけ、確認を忘れないなどは、

どこかできっと学んでいるはずである。

話し合いには、

その現場ごとに生まれる(生み出す)シナリオがある。

その演出力こそが話力名人としての基礎体力。

b0141773_23211371.jpg

来たる721日(日)に、

コミュニケーション研究会≪ひろしま≫

定例のセミナーで、

「複数の人との話し合いに強くなるには……。」

(ミーティングから会議まで)

を講義することになっていて、

いま、テキスト作りの真っ最中。

b0141773_23204064.jpg

3人以上の人と、
スムースに語り合う習慣は、

単に「話力」の強化にとどまるものではなく、

つまるところ、論理性や思考力を強化することになる、

--そういう話になりそうである。

b0141773_23222428.jpg



# by rocky-road | 2019-07-15 23:25 | 「食ジム」  

「お・も・て・な・し」を偲ぶ金沢の旅。

b0141773_23151714.jpg
20182月に急逝された

谷口佳津子さんを偲ぶ、金沢の旅をしてきた。

b0141773_23160242.jpg

石川県七尾市在住の谷口さんは、

当地で「あじさい会」という栄養士の勉強会を主宰され、

その縁で、

わがロッコム文章・編集塾・能登教室を

2013年3月16日を第1回として始めていただいた。

b0141773_23122047.jpg

当初は、空路で能登入りしていたが、

北陸新幹線ができてからは、

陸路で金沢経由し、半日観光をしてから

車で能登に入るのが定番となった。

b0141773_23172337.jpg

「お・も・て・な・し」の心が豊かで、

事前に私の意向を確かめ、

それを基にスケジュールを作って

事前に送ってくださった。

b0141773_23153871.jpg

3日間のうち、真ん中の1日が講義、

最初の1日は金沢(初期のころは能登)、

セミナー終了後は能登見物。

b0141773_23280960.jpg

観光コースには、もちろん「食」と

撮影スポットとが入っていた。

b0141773_23245884.jpg
b0141773_23323189.jpg
そうした日々がしばらくは続いたが、

2017年に、能登教室は終了し、

翌年の2月に谷口さんは他界された。

b0141773_23580243.jpg

彼女やその仲間と歩いたコースをたどって、

彼女を偲びたいという思いがずっとあった。

b0141773_23584965.jpg
b0141773_23583164.jpg

能登は、遠くなってしまったが、

金沢なら、

ご一緒していただいた笹川真澄さんがおられるので、

彼女にお願いして、

2日間、金沢の街を散策することもできる。

b0141773_23313298.jpg

笹川さんは、いままで歩いたコースをしっかり記録していて、

いつ、だれと、どういうコースを歩いたか、

ときには絵入りで残している。

思い出をたどる旅をご案内いただくのに

これほど適任の方はいない。

b0141773_23295408.jpg

おそらく、わが人生で最後になる

金沢歩きを深く記憶に残すことができた。

金沢の地形が少しは頭に入った。

以後、地図の上でも金沢の旅ができるだろう。

b0141773_23164077.jpg

以下は、今回の旅で撮った写真のあれこれ。

b0141773_23142465.jpg

b0141773_23335723.jpg
b0141773_23342863.jpg
b0141773_23130461.jpg
b0141773_23380744.jpg
b0141773_23260739.jpg
b0141773_23015464.jpg
b0141773_23402765.jpg

b0141773_23405943.jpg
b0141773_23421038.jpg
b0141773_23131900.jpg
b0141773_23134139.jpg
b0141773_23361706.jpg
b0141773_23424128.jpg
b0141773_23311806.jpg


# by rocky-road | 2019-06-23 23:43 | 大橋禄郎  

栄養士は、認知症予防にどう貢献するか。

b0141773_22314790.jpg

1月と6月の開催が恒例となっている、

パルマローザの

ブラッシュアップセミナー、

6月季の、大橋担当セミナーが終わった

2019年6月9日)。

タイトルは

「人生100年時代だから、

食生活・健康支援、15のシフトポイント。」

b0141773_22322156.jpg

3大生活習慣病」といわれる

がん、心臓病、脳血管障害(現在は肺炎が3位)を、

ある程度は克服することができて、

平均寿命も健康寿命も延び続けている。

b0141773_22371608.jpg

延び続けるのはうれしいが、

次に待っていたのが認知症である。

認知症は栄養障害ではないから(異説もあるが)、

栄養士の出番は少なくなるのか。

b0141773_22422370.jpg

いやいや、

それどころか、

むしろ栄養士の存在理由は高くなる。

b0141773_22374760.jpg

野球は9人のプレイヤーでするものだから、

右打ちバッターが出てきたら、

外野手3人で右側にシフトしなければならない。

かつての「王シフト」である。

b0141773_22381759.jpg

日常茶飯事を通じて、

人々の認知機能を高めたり

認知機能の低下を遅らせたりするのは、

現状では、栄養士ほどの適任者はいない。

ここで求められるのが

栄養士による「認知症シフト」である。

「私はレフトが定位置だから……」

などとは言ってはいられない。

b0141773_22384505.jpg

ところで、

「人生100年時代」とは言っても

現在、百寿者は約7万人というから、

平均寿命が100歳になる日がくるとしても、

10年や20年後というわけにはいかない。

b0141773_22455294.jpg

ちなみに、私が生まれた

1936年(昭和11年)ごろの平均寿命は

46.92歳、女49.63歳とあるから、

80余年で平均寿命が約1.8倍も伸びたことになる。

「人生50年時代」には、

平均寿命がそんなに延びることを

どれくらいの人が予想しただろう?

b0141773_22464287.jpg

とすれば、今後の50年で、

平均寿命が100歳になる可能性を

否定し過ぎないほうがいいかもしれない。

もっとも、人生100年時代は

認知症の人が多い時代であることを意味する。

b0141773_22470782.jpg

厚生労働省の計算によると、

2020年には、認知症の人が700万人になるそうで、

65歳以上の5人に1人が認知症になると見込んでいる。

栄養士に限らず、

健康支援者はこのことを念頭に置いて

今後、仕事をしていかなければならない。

b0141773_22492892.jpg

今回のセミナーでは、

人生100年時代を迎えるに当たって、

栄養士や健康支援者が、

対象者とどう接し、どう支援すればよいか、

ということにポイントを置いてお話しした。

栄養状態をよくするのは当然として、

さらには認知機能を高めるところまで、

守備範囲を広げるときがきていることを強調した。

b0141773_22481702.jpg

ここまでの日本人の平均寿命の延びは、

個々人の意識や努力以上に、

国や自治体、医療機関、地域・民間施設による

ヘルスプロモーション(健康促進活動)に

よるところが大きい。

もちろん、

それを可能にした地政学的な事情もあった。

b0141773_22483977.jpg

いわゆる「平和ボケ」が許される戦後の日本社会では、

少なからずの国民は

「平和」を信仰の対象とし、

つまり願えば叶えられるものと信じ、

(本当の理由をあえて考えず)

「企業戦士」となって働き、

余ったエネルギーを「健康」に傾注することになった。

無責任なライターからは「健康ブームを問う」とか、

無責任な作家からは「健康という病」とかと

遠くのほうから冷笑されてもいる。

b0141773_22513785.jpg

なんと言われようが、

健康長寿は、人からうしろ指を指されるような

やましい思想や行為ではない。

そのことを確認したうえで、

では、今後、健康支援者は

どういうスタンスで

食生活支援や健康支援をしてゆけばいいのか、

そのことについて

15のシフトポイントとして示した。

b0141773_22503756.jpg

1.高齢長寿の意味を正しく理解する。

2.むしろ栄養士の守備範囲を正しく理解する

3.「利他行動」の意味を正しく理解すること。

など、以下、省く。

b0141773_22521330.jpg

要約的に述べれば、

少なくとも健康支援者においては、

「健康」を思想として深め、

それとなく健康についての考え方を人に伝えてゆくこと。

その原則は、

(仕事以外のところでも)

積極的に、より長い間

社会参加することである。

b0141773_22531794.jpg

家族、子や孫にとどまらず、

アカの他人と交わり続けて、

モチベーションを持続すること。

子や孫は20年もすれば自立してゆく。

おじいちゃん、おばあちゃんの認知症は

兆候が出ているかもしれない。

b0141773_22533302.jpg
社会活動へのモチベーションは、

もちろん自発的であることが前提。

つまりは、

以前からの生きがい、

先週から始めた余暇活動に感じる生きがいなど、

あれやこれやの生きがいを持つことである。

b0141773_00003688.jpg

そういう活動には、

創作性や協調性、貢献意欲が伴い、

社会的に有用な人材となる。

個人的には、

モチベーションの更新システムとなり、

健康を支える城となる。

b0141773_22571309.jpg

自分の労力的、時間的、金銭的ロスを受け入れつつも

アカの他人を支える「利他行動」は、

生物学用語になる以前に

仏教用語「利他」として

関係者には使われており、

日本人は格言として

「情けは人のためならず」を知っている。

b0141773_22550892.jpg

「思想としての健康」とは何かと言えば、

「情けは人のためならず」に尽きる。

b0141773_22552446.jpg

健康は、

多様な人と交わることで強化されるものだから、

ヒトとしてのコミュニケーション力と、

人間としてのコミュニケーション力を

同時進行的に備え、強化していきたい。

b0141773_22582516.jpg

「ヒト」としてのコミュニケーション力は

姿勢であり、表情であり、眼力であり、

フェロモンなどなどである。

肯定的な身体コミュニケーション力は、

それ自体が健康環境となって人類に資する。

寝ていても、クシャミの瞬間でも、

建設的な表情を保ってこそ

健康支援者のプロと言える。

b0141773_22390273.jpg

「人間」としてのコミュニケーション力とは、

対面、非対面に適応した

記号・言語コミュニケーション力である。

対面、ミーティング、講話、講演、電話、

サイン、手話、手ぶり、Eメール、ハガキ、手紙など。

b0141773_22554925.jpg

健康は、正確なコトバ、

温かいコトバ、伝わりやすいコトバで語りたい。

コミュニケーション嫌いは健康支援者としてはシンドイ。

b0141773_22595293.jpg

いずれにしても、

栄養士による人生100年時代の健康支援は、

軸足を食と栄養に起きながらも、

コンパスを大きく開いて、

人々のモチベーションを高めること、

自身が生きた見本になることを

このセミナーで強調した。

b0141773_23002531.jpg
b0141773_23035861.jpg

たんぱく質やビタミン、

献立や外食について

有用なアドバイスをしてくれる栄養士が

旅行の収穫やゴルフの成績、

介護ボランティアでの出来事などを

問いかけることが多くなることは、

認知症の発症年齢を遅らせることになるだろう。

b0141773_23042030.jpg

2020年を待つことなく、

栄養士は、からだの栄養補給と

心の栄養補給を促進するプロとして

活躍してゆくはずである。

b0141773_23090349.jpg


# by rocky-road | 2019-06-12 23:09 | パルマローザセミナー