海つながり、食つながり

b0141773_23582072.jpgb0141773_2358821.jpg











↑→写真右:『マリンダイビング』500号記念号 写真左:ツマグロモンガラ
ダイビング雑誌のパイオニア、
『マリンダイビング』500号記念号が届いた。
創刊は1969年、私がダイビングを始めたのは1964年。
この雑誌が出たときの喜びは大きかった。
ダイビングという、まだ少数派のレクリエーションが、
世間に認知されるきっかけの1つとなると思うと、うれしかった。
編集者として、この雑誌の編集には
期待するところが大きかった。
b0141773_005149.jpg
                          ↑写真:1974年38歳の大橋 

その直後、縁があって編集のお手伝いをすることになる。
水中写真家として、すでに著名であった館石 昭氏は、
ご自身が経営する水中造形センターから出すこの雑誌に
プロの編集者の力を借りたい、とおっしゃり、
「レジャー雑誌ではあるが、社会に出すには、
しっかりとした国語を使った、文化的に
恥ずかしくないものにしたい」とその理由をつけ加えた。
編集者にとっては、ぐさっとくる殺し文句である。


b0141773_051892.jpg
                      ↑500号記念号 創刊当時のエピソードページ

以後、25年あまり、この雑誌や、
そのあとに創刊された『海と島の旅』
『マリンフォト』などのプロデュースにかかわることになった。
おかげで、館石さんからは、
撮影テクニックの基本、写真評論など、多くを学んだ。

趣味としてのダイビングは、いまも続けているが、
出版プロデュースの仕事は、
海から健康、食へと移った。
『栄養と料理』の編集長時代は、
まだ海関係の出版にたずさわっていたため、
あるとき、『栄養と料理』の読者から、
こんな問い合わせがあった。
「編集長は、あのダイビング誌の大橋さんですか」

つまり、海と食とがここでつながった。
当時、創刊45年あまりをたっていた『栄養と料理』の読者と、
当時は創刊10年あまりの『マリンダイビング』の読者とが
クロスオーバーしたのである。
b0141773_072819.jpg
                          ↑『マリンダイビング』 108号 1982年
                           この号で第11回 水中写真コンテスト
                           グランプリ発表。大橋が受賞 

編集を仕事にする人にも、専門と非専門とがあり、
得意と不得意があるが、
基本的には、どんな情報でも扱うし、扱わなければらない。

私は、「編集とは情報を収集や再構成などによって、
新たな情報体を創造すること」と、定義している。
録画画像からコマーシャル部分を除く、
1日のできごとを3行の日記に書く、
自分の仕事にネーミングし、名刺などを作る……
これらには、大きな割合で編集作業が伴う。

私が「編集は社会人としての基本スキルだ」というのは、
このことをいう。
そして、情報の受け手は、おおむね「人」である。
そして、人の仕事は、直接・間接的に人を対象にしている。
人を知ることが、けっきょくは編集の原点である。
ヘルスプロモーションはもちろんのこと、
食事相談にも食育にも、「編集」が伴い、
いずれも人のモチベーションを洞察する仕事ではないか。
[PR]

# by rocky-road | 2008-10-03 00:09  

健康支援者には、それなりの文章論

b0141773_212559.jpg

ロッコム文章・編集塾
(大橋予暇研究所併設。大橋禄郎主宰)の
遠距離クラスが、きょう、スタートした。
遠方から、毎月通っていただくのはたいへんなので、
3か月に1回、いわば集中講義形式で、
終日、文章トレーニングをやろう、というものである。
影山 なお子さんのご提案と下準備に支えられて
19名の方々に初回のお話をさせていただいた。
b0141773_11504185.jpg

会場に、横浜の大佛次郎記念会館をとっていただいた。
大佛次郎(おさらぎ じろう)といえば、
昭和を代表する大作家(1897~1973年 横浜生まれ)、
『鞍馬天狗』のような大衆小説から始まり、
『パリ燃ゆ』といった社会性のある純文学に至る、
多様性のある作家である。
私は、なじむことはなかったが、
晩年の知的な文章は何度か読んだことがある。
そういう作家の記念館で、
私ごときが文章を語るのは畏れ多い。
「次郎さんに、にらまれないように」と
少し気合を入れて講じた。
b0141773_11515121.jpg

昔は、文章論を作家がよく書いた。
谷崎潤一郎や三島由紀夫の文章論には
お世話になった。
が、いまは、というより、私の文章理論からいえば、
文章論は、作家の専科では、まったくない。
そもそも「文章」と、ひとくくりにするには、
文章のジャンルは多すぎる。
作家は、実用文や事務文書を得意としないし、
言語学者や国語学者は、行動科学や精神医学、
健康論やヘルスプロモーション論を得手とはしない。
専門が分化してきた結果である。
b0141773_1153443.jpg

              ↑研修終了後は、元町のチャーミングセールへ。
このクラスでは、まずは、文章はかならずしも対人コミュニケーションを前提としない、
自分とのコミュニケーションという段階も見落としてはいけない、
という、私の持論から始めた。

3か月に1回というペースが妥当かどうか、
実験的な楽しみがある。
「私は文章をこのように活用したい」という
宿題の文章を全員に読みあげていただいたが、
時間をかけて構想を練り、
さらに、しっかりと推敲(すいこう)した文章には、
明らかな勢いと安定とが共存していた。
さわやかな読み応え(聞き応え)であった。
講義の頻度は、けっしてマイナスにはならないことを実感し、
今後への期待がふくらんだ。
[PR]

# by rocky-road | 2008-09-29 02:19  

美しいと寿命が延びる

b0141773_18115388.jpg

この20日に開かれた
「栄養士のための ファッションショー」では、
歴史的な場面に居合わせた、と実感しながら、
最後まで楽しむことができた。
人生には見出しはないから、
歴史感覚のようなものを磨いておかないと、
いま、どんな章が始まろうとしているのかに気づかず、
無為に体験を重ねることも少なくない。
b0141773_22491424.jpg
が、「日本初」と謳っている以上、
それが事実であれば、健康支援者のファッションショーは、
日本の歴史の中でエポックメイキングとなるだろう。
ひょっとしたら、世界的にも……と想像を広げたくなるが、
別にオリンピックをやるわけではないから、
無用なイメージ遊びはやめよう。

ショー(ワークショップ)の経過は、
影山 なお子さんのブログで紹介されているので、
http://palmarosa.exblog.jp/
そちらに譲るとして、もう1つ、私が注目したのは、
発表者の話しぶりの美しさ、チャーミングさであった。

b0141773_1823740.jpg
自分の職場の衣服事情、それに伴う体験などを
5分程度で語るのだが、会場中にメッセージを伝えるという
表情、姿勢、視線、マイクに向けての声のボリューム、テンポ、
そしてなによりも、話の内容。
自分の職場での白衣や制服、私服、アクセサリーなどの位置づけ、
自分の服装に対する同僚の反応などを、
的確に話してくれて、
それぞれの職場環境が実見するように理解できた。
b0141773_18145343.jpg
「栄養士のためのファッションショー」は、
栄養士・健康支援者が、さらに社会進出するための
手段の1つである衣服や装飾品を見直すことにあったが、
それに加えて、言語能力という面においても、
少なくともパルマローザの発表者たちは、
充分にスタンバイ状態にあることを示してくれた。
身だしなみ、話し方、文章、食コーチングなど、
いろいろのことを学んだ集積というものであろう。
b0141773_0334555.jpg

このワークショップの中で、
私は、髪型や着るものがレベルアップすると、
言動が変わってくる、ということを強調した。
そのことが目と耳とで確認できた。
b0141773_2254654.jpg

ある大学教授が昔、雑誌にこんなことを書いていた。
「きれいな軍服を着ている軍隊は、
きれいでない軍服を着ている軍隊に負ける」
それが法則だといっていたが、
きれいな軍服を着ることができる財力のある国が
最終的に敗戦する例は、そんなには多くない。
「勝ち・負け」の定義にもよるが、
アメリカ軍と北朝鮮軍、アメリカ軍とベトナム軍の勝敗は
軍事力や戦闘力の差というよりも、
国内世論の自由度の差と考えるほうがよさそうだ。
遠征したアメリカ軍は自国内の反戦論に負けたといえる。

それはともかく、現代の平和な世界において、
自分のもっとも身近な環境を向上させることは、
言動が積極的、意欲的、肯定的になる重要な要素である。
それならば、ファッションモデルは、みんな、社会で成功するのか。
そう、そのモデルが、自分で考え、自分で選び、
自分でメンテナンスしているとすれば、
社会的に成功する確率はもちろん高い。

健康支援をする人たちが、
専門スキルを磨いたうえに、魅力的に話し、
ファッショナブルであったなら、
回り回って、日本人の寿命はさらに延びるのではないか。
そう思う1日であった。
[PR]

# by rocky-road | 2008-09-22 18:30  

ファッションショー ふたたび

b0141773_2217547.jpg
スノーケリングのクラブを作ったのが1964年、
あれから44年が過ぎた。
発足してから数年後、自分も含めダイバーのウエアが
あまりにもダサイのに失望した。
アメ横で買った米軍払い下げの実戦服、
それに軍用バッグ、登山靴、
うっかりすると、
朝鮮戦争がまた勃発したかと思うような格好だった。

伊豆七島のどこかの島からの帰り、
ようやくメジャーになってきたサーファーたちが
ドカドカと乗船してきた。
その海っぽいファッションを見て、
「こりゃ、いかん、いかぬ!!」と思った。

が、いわゆる「マリンルック」は、ヨットマンのファッション。
あやつ等の軍門には下りたくない。
で、トレーナーにジーンズ、
運動靴(まだそう呼んでいたカジュアルシューズ)かスニーカー。
そこらあたりに落ち着いた。
なんでそこで落ち着くの? 
どこが「マリン」だね、なにがダイビングだね、
そういわれたって、ゲップ1つ出るもんじゃない。
それが実力の限界というもんだから……。
b0141773_2244620.jpg

でも、例会の日に、日本初の
「ダイビングファッションショー」というのをやった。
ダイビング雑誌にも、ちょっぴり記事が載った。
そろいのTシャツやトレーナーも作ったが、
海への旅にユニフォームは似合わない。
ダイビングは「マリンスポーツ」ではなく、
地の果てから始まるもう1つの旅なのである。

ユニフォームは、チームの団結には有効だが、
仲間の結束は、一方で外部を威圧する排他性を伴う。
「ファッシヨン」と「ファッショ」とは同根のコトバである。

かくして、いまのダイバールックがある。
いや、それらしいファッションがあるとはいえない。
旅は自由だ。それでいいじゃないか。
b0141773_22181374.jpg

その日から30数年、いま栄養士がファッションショーを
開くという(2008年9月20日。詳しくは、パルマローザHP
スケジュール欄をhttp://www.palmarosa.jp/circle/event/index.html)。

こういうめぐり合わせの幸運を強く感じる。
栄養士の世界、健康支援者のファッション事情は、
あの日、あのころの東京潜泳会(私が所属したスノーケリングクラブ)に
ほんの少し近いかもしれない。

が、そこから歴史が始まる。
私が海行き衣装にこだわるのは(ええ、それなりにィ)、
海とは、地の果てと水中ステージとで、
魚たちと競演するファッションショーそのものである。

魚たちに通じるファッションが、
メタボリックシンドロームを気にするおじさんや、
減量とか健康とかを願う人たちに
通じないはずはないではないか。

魚たち同様、もっと自分を信じ、
ディスプレーしてみようじゃないか。
それが生きるってこと、
そして人を活かすっていうこと、かな?
[PR]

# by rocky-road | 2008-09-16 22:25  

師になりたくない先輩たち

b0141773_8141457.jpg
前回書いた「師弟」の話を、もう少し続けてみたい。
先生と生徒との関係は、1対複数だが、
1教室全員が「弟」かというと、そういうものでもないし、
先生にしたって、師と仰がれたくはないと、心底思っているらしい人もいる。
だから、先生と生徒、先輩と後輩は、
機械的に師弟関係にあるとはいえないわけである。

「もし、キリストが2人いて、2人で1つの仕事をするとしたら、
どちらかがリーダーとなり、もう1人がサブに回らなければならない」
そんなたとえ話をして、
スノーケリングにおけるバディシステムを説明した時期がある。
バディシステムとは、2人1組のチーム、
ダイビングの前、最中、終了後、互いに相手を支えるシステムである。

スノーケリング中、1人が浮上してくるときは、
「1人は水面で待っていて、アイコンタクトで笑顔を表わせ」と、
そこまで伝えて、互いの心身の安全性を高めた。
しかし、いざ1つの決定をするときには、メインリーダーに従え!!
2人のキリストは、ここにつながる。
b0141773_815764.jpg

家庭における夫婦も同様。
「理論的に正しいから」と、2人のキリストが主張を始めると、
事態は泥沼化する。
バディシステムには、それを抑止する機能がある

さて、栄養士の世界にどのくらいの師弟関係があるかは知らない。
一時期、栄養士のことを「ダメだダメだ」と叱咤激励する
〝おっさん師〟が存在して、いつの間にか栄養士のほうも、
「私をぶって!!!」状態になっていた。

そんないじめられっ子を救うのは同性の師や先輩であるはずだが、
どうも栄養士の師や先輩たちは、
弟子に限らず、年下の人に対するコトバづかいが悪い。
横柄(おうへい)、身内とよそ者との態度が大きく違う、公私混同……など、
好ましくない先輩が持っている好ましからざる要素をすっかり
持ち合わせている人も少なくない。
引っ越しの手伝いをさせる、自分の子の面倒を見させる……。
b0141773_8153343.jpg

栄養士の社会進出を阻んでいるのは、
同性の師や先輩である可能性が考えられる。
「ヘルスサポーターの師や先輩のためのお行儀セミナー」を
何回か続けると、若い栄養士の視界はパッと開けるだろう。
優先順位からいったら、
「特定保健指導セミナー」なんかよりも
ずっと上位にある問題ではあるまいか。
[PR]

# by rocky-road | 2008-09-07 08:15  

あなたの師弟関係は?

b0141773_11392287.jpg
愛読誌『文藝春秋』の9月号で、
「日本の師弟89人」という大特集をやっているので
少しずつ読み始めている。
「師弟」からは、古くさいイメージを描く人も多かろう。
それは、このコトバが単に師匠と弟子
(または生徒)のことを指すだけではなく、
師が弟子に期待し、弟子が師を尊敬し、
それを互いに誇りに思う関係をいう場合が多いからであろう。
菊田一夫と森光子、松下幸之助と中村邦夫(現松下電器産業会長)
などの関係は、確かに従来型の師弟関係に近いかもしれない。
b0141773_1140124.jpg

しかし、これでも師弟関係といえるのかな、と
首をかしげたくなる関係もある。
自分の処女作というべき本の書評を書いてくれたことに感謝し、
以後、師の主催するシンポジウムに参加しているうちに、
「敬慕」する気持ちになったという。
が、師と「出会ったのは」という書き出しで始まる文章
(「お目にかかった」でしょ?)は、
師を「さん」づけで呼び、いわば世話になった人への
いくらか深い感謝という程度の文体で書かかれている。
つまり、よくいえば親しげ、悪くいえば馴れ馴れしい。
b0141773_11405150.jpg

古いイメージの「師弟関係」を好まない人は、
こういう薄くてドライな師弟風の「イマドキ関係」もあると、
少しは安心するがよい。
こんなのに「師」と呼ばれたくない、と
読んでいて思えてくるが、
師も師で、そのことにあまり迷惑を感じていないらしい。
b0141773_1142025.jpg

話は少し変わるが、
わがスノーケリングピープルは、満30年記念のツアーとして
伊豆の中木というところへ行ってきた。
スノーケリングクラブには「師」はおらず、
「師弟関係」はありえないが、
30年、あちこちの海に旅をし、
イベントを続けてくると、互いに学び合って、
専門知識や技術を共有する関係ができあがる。
怪しげな師弟関係よりもずっと実のある
フレンドリーなシステムが持続する。

パルマローザも、現在、そういうシステムづくり、
ネットワークづくりへの道を歩き続けている。
30周年記念の日には、どんなイベントが企画されるのだろうか。

栄養士の世界には、
これまで育成型の師弟関係はあまりなかった。
そうだとすると、パルマローザは、
サークルという点ではスノーケリングピープル型だが、
勉強会やセミナーも実施しているので、
大学での研究室機能に近いのか。
さらにセンスアップと勉強、
そして社会進出志向……その目標はとても大きい。

これは大学に見られる師弟関係どころではなく、
1911年に平塚らいてふが結成し、野上弥生子、
岡本かの子らが参加した「青鞜社」(せいとうしゃ)ではないか。
もしそうであれば、
人材の宝庫になるのは10年、20年先か。
ケチな師弟関係とは大きく違う、
「同志」の結束を誇る、価値ある存在になるだろう。
[PR]

# by rocky-road | 2008-09-01 10:16  

マニュアル アニマル

b0141773_23284100.jpg
私の「文章・編集塾」では、毎月宿題を出しているが、
7月に出した宿題「好きなコトバ 嫌いなコトバ」が、
この8月、各クラスごとに提出されつつある。
その中に、こんなエピソードが紹介されていた。

病院で順番待ちの番号カードを渡されたお年寄りが、
「4番という番号は縁起が悪いから嫌いだ」と、駄々をこねた。
それに対応した保健師が「ヨン様の4でしょ」と一言。
これでそのお年寄りは収まったとか。

この対応法は、たぶん日本中で採用されるだろう。
世界のナベアツではないが、
4のつく数字のときには「ヨン様」が登場する。
かくして「死に番回避マニュアル」ができあがる。
b0141773_2334295.jpg
               ↑アニマル大橋が手がけたマニュアルの一部

何を隠そう、私は天下のマニュアルアニマルである。
人に何かを教えるとき、行動や手順を定型化したがる。
箇条書きを多用し、その序列を重視する。
長年手がけてきた料理書や雑誌のレシピは、
正真正銘のマニュアルである。
フライパンに、にんじんを先に入れるか、
卵を先に入れるかは重要な問題である。

よい人間関係の保ち方、UFOの信じ方、
破局が近い恋の修復法まで、
世にマニュアル化できないことはないと思っている。
影山 なお子さんの『食コーチング』
(食事相談が変わるコミュニケーションスキル)
(医歯薬出版(株)刊)も、
もちろん食事相談のマニュアルである。
b0141773_23364084.jpg
               ↑『ニコノスⅤフルガイド』の中の大橋担当ページ

しかし、どんなにすぐれたマニュアルでも、
活用する人の熱意と創意工夫の余地は残している。
楽器の教則本をいくら読んでも、
ピアノやウクレレは弾けるようにはならない。
「3の倍数のときアホな顔をし、5の倍数のとき人を探す」と、
ナベアツさんがいうとき、
そのマニュアルに従う人は、
独創的なアホ顔ができなければならないし、
人を探す振りをリアルに演じられなければならない。

すべてはマニュアルどおりにはいかない。
それは百も承知、
だからこそ、マニュアルアニマルの生存動機は
永遠に尽きないのだ。
[PR]

# by rocky-road | 2008-08-20 23:31  

生き物から食品へ

b0141773_992890.jpg
珍しく、魚屋にタカベが出ていた。
日本列島の太平洋側では、夏から秋にかけて、
どこの海でも見られる魚だが、
漁獲量が少ないせいか、最近、東京ではあまり見かけない。

海の中で見ると、背から尾にかけて黄色いスジが走っていて
観賞魚といいたいほど美しい。
海の中をタカベが泳ぐのを見て「おいしそう!」と
叫んだ女性がいる。1度ならず2度までも。
偶然か必然か、2人ともミセスであった。

生きている魚を食品と見る、そのオバサン感覚が許せない。
「動物園でウシを見ておいしそういうのか!!」と、
憤然と詰問した。
b0141773_994780.jpg

日本列島では、生物としての魚が、
食品となる瞬間が日常風景として見られる。
すし屋でいきなり手振りの鐘が鳴り出して、
「いま、アジをおろしています。ご注文をどうぞ!」
と、板さんが叫ぶ。
水槽に泳いでいる魚をとり出して、
その場で調理をする。

が、半分生きている魚をうまいと思うのは、
自分の舌に忠実でない人の言である。
本当のうまさを知っているのかね?
b0141773_910571.jpg

石毛直道氏は、英語の「cook」というコトバは
火熱(ママ)を含むので、日本料理を代表する刺身は、
cookのカテゴリーに含まれない、
と不満げに書いている(『食卓文明論』中公叢書)。

刺身のうま味を知っている日本人は、
まだ身が生きていて、コリコリした歯ごたえのものを
「うまい」なんぞと、それをいっちゃぁ、おしまいよ。

生き物が食品に変わる瞬間を見ないのが
人間の品格であり、食物連鎖の一端を担う
生物たちへの思いやりである。
ウシやブタが食品に変わる瞬間を
見たいという人は少なかろう。

遊びとしての魚のつかみ獲り、
活き作り、躍り食い、ハンティング……、
そういうことは密室でやってほしいと思うのだが、
いかがなものだろう。

1.写真はタカサゴというサンゴ礁の魚。
  タカベはデジタル化していないためご紹介できず、失礼。
2.撮影中の大橋
3.ミナミイスズミとスノーケラー
[PR]

# by rocky-road | 2008-08-17 09:10  

いざ、鎌倉!!

b0141773_21465294.jpg

けさ、ゆうパックで新刊本が届いた。
『野菜の達人 レシピ』
日本文芸社編、B5変型のハンディな料理書。
構成はフレンチ、イタリアン、
中国、日本、ベトナムの料理人が
担当する30ページ、
後半の90ページは高橋幸乃さんが
受け持っている。

この春、わがロッコム文章・編集塾の塾生の1人、
高橋さんから「書籍の料理制作の依頼があったけれど、
どう対処しようか迷っている」と相談を受けた。
フードコーディネーターで、
ネットで食関係の情報提供の仕事をしている人だから、
この程度のことに対応できないはずはない。
「なにも迷うことはない。イージス艦に乗ったつもりで
やりなさい。いくらでも応援するから」と励ました。

b0141773_2149379.jpg

出版プロデュースとは、
企画からプロジェクトチームの編成までを請け負う仕事だが、
今回のケースは、後方からの援護射撃にとどまる。
とはいえ、いつ援軍出撃の命が下るかわからない。
が、案ずることもなく、
彼女は仲間の援助を得て、2か月足らずで
128ページ本をさらりとやり遂げた。
突貫作業で銭ハゲができたといっていたが、
申し分のないできばえである。

b0141773_222208.jpg実用書専門の出版社だけあって、
社内にしっかりした編集者がいるらしく、
初登場の料理研究家をうまいこと使いこなした。
著者名が出ないのは残念だが、
実績には違いない。

自分で売り込まないかぎり、
めったなことでは本の依頼などない。
一生に2度とないチャンスを逃す手はない。
少なからずの慎重派の彼女だが、
どうやらそれは、世をはばかる仮の姿らしく、
なんということもなく100点ほどのレシピから
料理づくりまでを受け持った。
見返しにサインを頼んでおいたら、
何回か練習をしたのち、「恵存」と毛筆の書を書き込んで、
ようやく送ってくれたのである。

こうしたケースは、だれにもあるとはいえない。
それならば、自分で企画して売り込めばいい。
版元には優秀なプランナーがいると思うのは錯覚である。
近年、編集者教育が不十分で、
どこの版元にも、そうそう優秀なプランナーなどいない。
未来の著作者には、「専門分野は自分こそ最高のプランナー」
という自負が必要。
よい企画は、自分で売り込まないと、向こうからはやっては来ない。

いずれにしろ、「いざ鎌倉!!」(わかるかな?)に備えて、
適応力やファイトという「槍」(やり)を
いつも枕元に置いておきたい。
[PR]

# by rocky-road | 2008-08-13 21:51  

耳で見る、倉敷

b0141773_805048.jpgb0141773_82656.jpg









岡山での講演後、少し時間をつくって、
地元の人に案内をしていただき、
市内で行なわれていた「うらじゃ踊り」と、
倉敷見物をしてきた。

「うらじゃ」とは、「鬼だぁ!」という意味の方言とのこと。
各地の夏祭りのつきものとなりつつある、
よさこい型の踊りである。
アップテンポの民謡(?)とチームごとの衣装が特徴。
そして踊り手は若者から少年・少女まで。

夜中まで踊り続ける、エキサイティングな祭だが、
踊り手が進行方向ではなく、
見物人のほうに向いて踊る、
という方式に温かさを感じた。
観客も音楽に合わせて手拍子を打つ。
ローカルな風景というべきか、
祭の先進的なスタイルというべきか、
教えられることが多かった。
b0141773_842850.jpgb0141773_852169.jpg









倉敷では、
たまたま写真を撮らせてもらった男性の話術に、
無抵抗に引きづられた。
町並み研究所のようなものを
考えているという人なのだが、
「あのお店は何屋さんかご存じですか」
「伊豆の松崎は知っていますか」と、
まずは問いかける。

ザルや熊手を売っている店なので、
「荒物屋さんでしょ?」と答えると、
「そう。それを知っている人は少ない。
若い人は雑貨屋さん、さらに若い人は
ホームセンターといいます」

問いかけコミュニケーションの威力を
再認識させられるガイドぶりであった。
けっしてガイドを頼んだわけではなく、
むしろ急いで写真を撮って、
帰りの新幹線に間に合う見込みだった。
が、この「行きづりガイド」から離れられなくなり、
2筋分の道を一緒に歩くことになった。

その土地の知識だけではなく、
各地の古い街並みについての知識、
倉敷を訪れる人の県民性など、
矢継ぎ早に話題が続く。
それはそれは、ただ者ではない見識なのだが、
適度に問いかけてくるので、会話が成立し、
けっして知識を押しつけられているとは感じない。

コミュニケーションの達人は、
どこにでもいるものである。
私の倉敷初体験は、
「問いかけコミュニケーションの街」と
いう印象を残しそうだ
[PR]

# by rocky-road | 2008-08-08 08:06